レクサスからもLEDライトが登場する今、HIDとLEDって結局どっちがいいの?

HIDライト

ディスチャージヘッドランプやキセノンヘッドランプとも言われるHIDライトは、これまでのハロゲンに代わる革新的なランプとして登場しました。
これまでのランプと違い、フィラメント(電球の絵で見られるようなぐるぐるっとした導線のことです)を使用せずに電極間の放電によって点灯します。

まぶしい白い光が特徴のHIDライト。メリットやデメリットには何があるのでしょうか?

HIDのメリット

・非常に明るい
・消費電力が少なくて済む
・持ちがいい
・色が豊富
・紫外線含有量が少なく、パーツの劣化が防げる

などのメリットがHIDにはあります。
先ほど説明したようにフィラメントを使用していないため、フィラメントの消耗ということがそもそもなくなり寿命はハロゲンに比べて伸びます。
また、明るさはアップしているにも関わらず消費電力が低いおかげで熱くなりにくいというメリットもあります。

HIDのデメリットは?

それではHIDのデメリットは何でしょうか?
これには

・純正でないものは対向車にとって危険
・ライトと別に安定期が必要
・安定した明るさになるまでに時間がかかる

などがあります。

非常に明るいというメリットは当然、眩しすぎるというデメリットにも繋がります。
純正のものは大丈夫ですが、独力で改造したものの中にはきちんと光軸調整が行われていないものもあり、これは対向車や歩行者にとって非常に危険な眩しさです。
また、ライトを点灯させてから安定するまでに30秒程度時間がかかってしまうというデメリットもあります。

LEDライト

HIDに代わる新たなヘッドランプとして注目を集めているLEDライト。クールな見た目が近未来を感じさせます。

そんな次世代ライトのLEDですが、もちろんLEDライトにも注意点はあります。

購入の前に知っておきたいメリット・デメリットは?

次ページLEDライトの意外なメリット・デメリットは?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事