精神的ショックは甚大…倒木で大破したトヨタ2000GT

言わずと知れたトヨタの名車”2000GT”

トヨタ 2000GT

トヨタ2000GTは40年以上前に生産されたトヨタとヤマハの2社共同で開発されたクルマです!生産台数はわずか337台と言われています。

価格は当時の価格で238万円ということなので、現在の価格だと概ね2,000万円程度でしょうか。デザインが人気なのとその希少性も相まって非常に高価なクルマです。

オークションでは日本史上最高値で落札!?

2013年にRM auctions社主催で行われたオークションにて67年式の2000GTが登場し話題を呼びました。なんと、アメリカのテキサス在住のカーコレクターが所有していたその2000GTが約1億1800万円で落札!日本車史上最高の落札額をたたき出したのです。

ちなみにその2年前の2011年に行われた際に出展された同モデルは6,600万円で落札されたとのこと。カーコレクターが高値をつけて落札する非常に価値のあるクルマです。

その名車が大破?!

2014年6月8日、南砺市五箇山にある「菅沼合掌造り集落」の近くで幻の名車”トヨタ 2000GT”が大破した状況で発見されました。道路脇の巨大ブナが折れかかっていたらしく、そのブナに乗用車が直撃したとのこと。乗車していた男性は幸い軽傷とのことで大事には至りませんでした。

と言えど、クルマは大惨事です。クルマのフロントからリヤにかけて全体的に押しつぶされてしまっています。完全なる全損ですね…。修復は可能なのでしょうか。

USTREAMの番組「ノスタルジックカーTV2&4」が掲載した動画によると、この大木に押しつぶされたクルマの修復のために”匠”が結集したとのこと。壊れた2000GTの輝きを取り戻すために修復作業に入ります。

以下、修理へと向かう2000GTの動画を掲載します。”匠”が立ち上がったことで復活への期待が膨らみますが、大破から9ヶ月が経過した現在でも続報はありません。

気になる賠償金額は?

巨木が倒れてクルマが大破。これって賠償金、保険金は支払われるんでしょうか。

今回のケースだと倒れた木の管理者が誰なのかという問題が浮上しましが、その周辺は森林地帯で入り組んでいるため管理者を特定するにはしっかりとした精査が必要とのこと。車両保険では償却期間が終わった後では最大でも新車価格の1割しか支払われないという決まりになっています。

トヨタ2000GTは相当貴重なクラシックカーですが、新車販売価格の一割が上限ですね。それ以上は裁判で頑張るしかないのでしょうか?

世界一高額な自動車事故も日本で発生…

2011年、中国自動車道にて14台を巻き込んだ世界一高額な自動車事故が発生。先頭を走るフェラーリの運転手の操作ミスからフェラーリ8台、ベンツ3台、ランボルギーニ1台、スカイライン1台、プリウス1台が大破する大事故へと発展しました。

この事故は世界で一番高額な自動車事故として世界的に注目を集め、事故による損失額は推定2億〜3億円に上ったと報道されました。

世界最高額の事故はフェラーリの28億円…

中国自動車道での事故は世界一高額な自動車事故として世界的に報道されtましたが、実際の世界最高額はフェラーリ 250 GTOの約30億円…ちなみに2、3位はフェラーリ 250 GT スパイダーの約10億円、1959 フェラーリ 250 GT TDFの約1億7千万円となっています。

2000GTの件、ドライバーの方が軽傷だったのが不幸中の幸いですが、クルマが全損した精神的ショックが大きそうです。2000GTはできれば乗ってみたいクルマですが、高級車に乗ると保険の設定など大変なことが多そうですね。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事