エンジンルームはどこ!? 軽トラのエンジンルームの開け方

軽トラのエンジンルームはシートか荷台の下

スズキ キャリイ KX

軽トラの車体のサイズは、長さ3.4m以下、幅1.48m以下に制限されています。そのうえで、広い荷台と乗員のための空間を確保するには、特別な改造車でない限り、エンジンは荷室、もしくは運転席シートの下の、どちらかに置くというのが一般的です。

そのため、エンジンカバーの開け方にひとクセある車種が多くなっています。

座席の下にあるエンジンルームの開け方

ダイハツ ハイゼット ジャンボ 運転席

スズキ キャリイやダイハツ ハイゼットは、いわゆるキャブオーバーという構造で、エンジンは運転席のシート下にあります。座席の下にエンジンがある車種の開け方は、おおむね以下の手順です。

①シートを一番後ろまでスライドさせます。
②座面と背もたれが接するあたりにあるレバーを引いて、背もたれを前に倒します。
③シートの前側に下部にあるキャッチを解除して、座面を持ち上げます。
④座面と背もたれを固定用ベルトで固定すると、運転席と助手席、両方のシートの下が開きますので、エンジンルームが見えるようになります。
※(車種によっては)肘掛の後ろのあたりにあるネジを外してシートを前にずらすと、ひじ掛けから先の方までのコンソールが外れます。

作業の際には、エンジンの熱が冷めていることを確認してから作業をするようにしましょう。

荷台の下にあるエンジンルームの開け方

■荷台の中央部にある場合
ホンダのアクティは、荷台のほぼ中央の下にエンジンルームがあります。荷台にカバーがネジ止めしてあるため、ネジを外して持ち上げれば、エンジンが姿を現します。

■荷台の後方部の下にある場合
2012年に生産終了してしまいましたが、スバルのサンバーのエンジンルームは、車の後方部の荷台の下にありました。荷台の底部についているカバーは、ネジを外して、持ち上げることで開きます。また、車体の後方部分からも開けられるようになっています。

その際はリアバンパーを外し、鍵穴のようなスリッドがあるので、コインなどを使って回します。そして、リアバンパーを引っ張ることで外れるようになります。

「いますぐ軽トラのエンジンを見なきゃいけない」といった状況に置かれることは少ないかもしれませんが、 もし機会があれば、興味をもって見てみると面白いのではないでしょうか。

キャリイ、ハイゼット、アクティ。似ているようで違う、軽トラック3車種
スバル6代目サンバーといえば「農道のポルシェ」なぜここまで人気になったのか?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives