新車購入者の9割が装着!? 純正フロアマットを選ぶメリットとは?

純正フロアマットを選ぶ理由

フロアマット

現在、新車購入者の9割がオプションで純正フロアマットを装着しています。

その理由の一つに、以前は標準装備されていたため、フロアマットは必需品というイメージの定着から、いまでも多くの方が新車購入の際に迷わず購入しているということがあるようです。

また、新車という高額の買い物をする方にとって、フロアマットの数万円という出費はそれほど気にならず、ディーラーの営業マンに勧められるがまま断れずに購入するというのも理由に挙げられます。

その必要性は?車にフロアマットやトランクマットを敷く理由

純正フロアマットのメリットとは?

フロアマット

そんな純正フロアマットには、メリットが数多くあります。

まずはなんといっても、車種専用のデザインとなっているので車両の形状にぴったりフィットすること。車種によっては、固定できる構造になっており、浮いたりズレたりする心配もありません。

デザインも布マットであれば、車名のプレートや刺繍が施されていて高級感がありますし、ラバーマットでもインテリアに馴染むように設計がされています。 さらに高級車ともなれば、フロアからの振動を吸収する毛足の長い素材を使い、走行中の静粛性向上にも役立っています。

その他、消臭機能付きのマットでは、タバコや汗、ペットなどの匂いの軽減にも効果が期待できます。また、各メーカーとも3年間6万キロの保証対象という高い耐久性と信頼性もメリットです。

純正品の模倣による逮捕の事例

純正フロアマットは、各メーカーで意匠登録されており、各車種のシートパターンに合わせたデザインを許可無く模倣することができないことになっています。

ところが、2012年にホンダアクセスが意匠登録したフィット用純正フロアマットの模倣品が、インターネット上で安く無断販売されるという事例が発生。ホンダアクセスによる複数回の警告にも応じなかった販売会社社長は、知的財産権を侵害したとして意匠法違反の疑いで逮捕されました。

最初にも説明したように、フロアマットはオプション品であり、必ず購入しなければいけないというものではありません。

社外品は、価格が安く、さまざまな機能やデザインがあり、純正品とは違った楽しみがあります。どちらを選ぶかは自由ですが、純正品は、車種ごとに仕様が変わっているなどの特別感と、室内の統一感という点では、社外品よりも一段上にあると言って良いでしょう。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives