その必要性は?車にフロアマットやトランクマットを敷く理由

フロアマット

装備されているのが当たり前のフロントマット。ワゴン車が増加していることにより、トランクマット(ラゲッジマット)も一般的になりつつあります。これらのマットを使うことの必要性や選び方について考えてみました。

Chapter
フロアマットは、なぜ必要?
社外品の品質、フィット感も年々向上
フロアマット選びで大切なことは?

フロアマットは、なぜ必要?

自動車のフロアマットは、汚れ防止に役立ちます。車は外を歩いた靴で直接乗るもの(土禁の車は別ですが…)。泥や土、砂などを靴につけたまま乗ることもあるでしょう。

また、後部座席に子供が乗るような場合、お菓子の食べこぼしなんてこともあるでしょう。もしフロアマットが無かったら?フロア部分を水洗いはできないので、掃除がとても面倒。掃除するには、掃除機を掛けなければいけませんが、フロアマットがあれば、マットを外してゴミを払えばある程度きれいにすることが可能です。

トランクマットも同様で、トランクルームやラゲッジスペースの床部分に敷くマットです。

トランクルームに汚れたり濡れたりするようなものを載せることが多ければ、敷いたほうが良いでしょう。また車中泊の多い人には、厚めのフロアマットによる断熱効果も期待できます。

しかし、トランクマットの場合は、運転席よりもシビアな条件ではないので、形がぴったりフィットしていなくても良く、見た目を気にしないのであれば、レジャーシートや防水シート状で代用が可能です。

また、キズつき防止効果もあります。

ソールの柔らかいスニーカーやドライビングシューズであっても、長年車を乗っていれば距離に比例して、どうしてもカカト部分とフロアの摩擦による傷がついてきます。カカトをフロアにつけてペダル操作をするドライバーは、摩擦による傷付きが早まります。

フロアマットは、このようなフロアの傷を防止します。フロアマットによっては、カカトが当たる部分だけ分厚い仕様になっているものもあります。

また、トランクマットは頻繁に重たい荷物を出し入れする際など、こちらも摩擦による傷付防止の効果が期待できるでしょう。

社外品の品質、フィット感も年々向上

純正以外のフロアマットといえば、かつてはどんな車にも使えるような汎用品が主流でしたが、最近では社外品であっても個別の車種に対応するセミオーダー方式でのフロアマットが主流になっています。

とある国産マットブランドでは輸入車、日本車あわせて3,772の車種に対応しているといいます。

このように、純正と同様に型をとって製造される社外品メーカーも増えており、違和感もほぼゼロ。見た目のデザインも良く素材や機能も優れたものが多く、純正品より高価な社外品も少なくありません。

<次のページに続く>
次ページ
フロアマット選びで大切なことは?