スタートボタンを押しているのにエンジンがかからない原因は?

ブレーキペダルを踏んでいない

エンジンスタート

AT車は、ブレーキペダルを踏んだ状態でなければ、スタートボタンを押しても、スターターが回らずエンジンが始動できません。

これは、エンジンをかけたときにクルマが急発進することを防ぐためのセーフティ機構で、MT車であればクラッチペダルを踏み込んでおきます。

ATセレクターがPレンジになっていない

ATセレクターをDレンジに入れたままエンジンを切ってしまい、そのままかけようとするとセーフティ機能が作動して、エンジンがかからないようになっています。

かつてのATセレクターは、位置を確認することができたのですが、最近はATセレクターの形状や位置そのものが変わっており、なかにはメーターパネル内のインジケーターでしかセレクターの位置を確認できない車種も存在しています。

その一方で、DレンジやNレンジでエンジンを切っても、始動時には自動的にPレンジに入っている機構や、そもそもPレンジ自体がないというクルマも存在しています。

ガソリンが入っていない

ガソリン

ガソリンの残量が極端に少ない状態で傾斜地などに停車をすると、その後エンジンがかからない場合があります。

車体の傾き方にもよりますが、ざっくり説明すれば、ガソリンタンク内のフューエルポンプがガソリンを吸い上げることができなければ、それが起こります。こういった不測の事態を避けるためには、ガソリンの残量が少ないときは、なるべく傾斜のない場所にクルマを停めましょう。

カギを忘れている

スマートキーは、ポケットやカバンのなかに入れた状態でも、エンジンを始動することができます。それは、ガレージの机などにカギがあってもエンジンがかかり、出かけることができるということでもあります。その状態で出かければ、当然、出先ではイモビライザーが作動してエンジンはかかりません。

また最近では、同乗者がカギをポケットに入れたまま立ち去ってしまうというトラブルも発生しているようです。

次ページクルマ側に原因がある場合

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives