メルセデス・ベンツはSクラス、BMWは7シリーズ…輸入フラッグシップモデルは?

①メルセデス・ベンツ Sクラス

メルセデス Sクラス セダン

ドイツの自動車メーカー、ダイムラーが展開するメルセデス・ベンツブランドのフラッグシップモデルは、いわずもがなの「Sクラス」です。

2018年8月現在のSクラスは6代目のW222型で、2013年に発売されました。多くの自動車メーカーがベンチマークとするSクラスは、隙のない造り込みと最新技術満載の高級セダンです。

2017年以降のマイナーチェンジモデルでは、当初設定されていたプラグインハイブリッドや、ディーゼルハイブリッドが廃止された代わりにISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)という、発電機やスターターの機能も備えたモーターと、電動スーパーチャージャーを備えた3.0L 直6ターボが追加されています。

メルセデス・ミー・コネクト

また、自動車が通信する先進的なテレマティクス・サービスである「メルセデス・ミー・コネクト」は、事故や走行不能になった際にボタンを押すだけで専用のコールセンターにつながるほか、万が一ドライバーが意識を失って反応できなくなった場合にも、自動でコールセンターにつながる機能が搭載されています。

さらに車外から、スマートフォンで車両状態の確認や駐車操作、遠隔でのドア操作ができるなど、まるで映画の世界のような新技術が搭載されています。

マイチェンした新型Sクラス…どこが進化した?
新型メルセデス Sクラスと新型レクサス LS…どちらが買い?

②BMW 7シリーズ

BMW 7シリーズ 2015

ドイツの自動車メーカー、BMWのフラッグシップモデルは「7シリーズ」です。2015年に発表された第6世代が最新モデルとなります。

エンジンのバリエーションが多く、2.0L 直4DOHCターボにモーターを組み合わせたプラグインハイブリッド、3.0L 直6DOHCターボ、4.4L
 V8 DOHCツインターボ、6.6L V12 DOHCツインターボがあります。

エクステリアはワイド&ローを基調としたBMWらしいフォルムに、クロームを多用したパーツを組み合わせ、エレガントな雰囲気。メルセデス・ベンツと同様、安全装備に関する最先端技術を投入し、高級車としての存在感は十分です。

衝突回避ブレーキや全方位カメラはもちろんのこと、指のジェスチャーだけで多くの機能の操作が可能になる「BMWジェスチャー・コントロール」は、運転者の姿勢や視線移動を少なくすることで、安全運転を助けてくれます。

また、車外からディスプレイ付きのキーを操作するだけで、狭い場所に自動で駐車したり、出庫の際にクルマを後退させてくれる機能もあります。

7シリーズ 画像ギャラリー

③ジャガー XJ

ジャガー XJ ラグジュアリー

イギリスの自動車メーカー、ジャガーのフラッグシップモデルは「XJ」です。4代目にあたる現在のモデルは、2010年に販売が開始されました。

ジャガー XJは世界各国のセレブ、王室、政治家に選ばれ続けてきたモデルです。外観は比較的あっさりしているものの、全面をレザーで覆ったダッシュボードや、ウッドパネル、クロームをふんだんに使用したインテリアデザインなど、フラッグシップモデルにふさわしい雰囲気が十分に出ています。

ボディの骨格の99%がアルミ合金で、溶接を使わず接着とリベットのみで組み立てる構造としたことで、同クラスのライバルより150kgほど軽量となりました。これにより軽快なハンドリングとフットワークを実現しています。

XJ 画像ギャラリー

次ページアウディのフラッグシップモデルは?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives