ギリシャ神話の名前が付いたクルマ5選

ギリシャ神話とは?

ギリシャ神話とは、古代ギリシャ民族が生み出した神話・伝説のことで、多くの神々が登場し、人間のように愛憎劇を繰り広げる物語です。当時の市民の教養であり、古代地中海世界の共通知識でもありました。

この神話は古代ギリシャの哲学や思想、宗教や世界観に影響を与え、その後の中世においても伝承され続け、ルネサンス期、近世、近代の思想や芸術など、その影響は多岐にわたって見られます。

非常に有名な物語であり、登場する神々や英雄の名前はよく知られています。皆さんもギリシャ神話のそれと知らなくても「あ、それ聞いたことある」というものが多くあるかと思います。そのなかで、ギリシャ神話にちなんだ名前が付けられた国産車を見てみましょう。

①日産 シルビア

日産 シルビア S13

ギリシャ神話の「シルヴィア」は、狩りと貞節を司るギリシャの女神ディアナに仕えるニンフ(下級女神)の名前です。その語源はラテン語で「森」を意味します。

1965年に発売された日産 シルビアの車名の由来となりました。初代シルビアは、日産として初採用のフロントディスクブレーキ、4速フルシンクロのトランスミッション、”クリスプカット”と呼ばれる美しいデザインを採用する意欲作としてデビューしました。

3代目や5代目は当時のデートカーとしてヒットしましたが、スポーツカーの販売不振や排ガス規制の影響により、2002年に生産終了となりました。

②トヨタ ガイア

「ガイア」はギリシャ神話に登場する女神で、大地の象徴と言われています。ギリシャ神話に登場する神々の多くは、ガイアの血筋に連なっているとされ、ギリシャ各地で崇拝されていました。トヨタがかつて販売していたミニバン「ガイア」の車名はここから付けられました。

ガイアは初代イプサムの姉妹車であり、ホンダ オデッセイの対抗馬として、イプサムの全長を伸ばしたボディが与えられていました。5ナンバーサイズで取り回しも良く、イプサムより質感の高いインテリアが特徴です。1998年から2004年にかけて販売されました。

③フォルクスワーゲン フェートン

VW フェートン

フェートンとは、ギリシャ神話の太陽神ヘリオスの息子として登場する「フェートン(パエトーン・ファエトン)」です。

フェートンは、VW初のラグジュアリーサルーンとして2002年に発売されましたが、販売については当初から苦戦し、日本市場への導入も見送られてしまいました。メインマーケットとして位置付けられていたアメリカでの販売も芳しくなく、2016年をもって生産終了となりました。

次ページオルティア、タイタン…

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives