じつは今が狙い目!? おすすめアメリカ車5選

キャデラック CT6 プラチナム

キャデラック CT6

キャデラックのセダンラインナップの頂点に立つCT6は、メルセデス・ベンツ SクラスやBMW 7シリーズ、レクサス LSがライバルです。

ボディサイズは、全長5,190mm×全幅1,885mm×全高1,495mm。その心臓部にはシリンダーオンデマンドシステム(気筒休止機構)付きの3.6L V6直噴エンジンを搭載。アクティブオンデマンド型のAWDと組み合わせられ、さまざまな環境で高い操縦性と安定性を実現しています。

室内のリアシートは、パワーリクライニング、マッサージ機能付き(マッサージ機能は、リアセンター以外の座席)。前席のシートバックに設置された10インチディスプレイは、付属リモコンで角度調整が可能です。

またサウンドシステムには、CT6のために開発されたBOSE PANARAYサウンドシステムを採用。34個のプレミアムスピーカーが生み出す、バーチャルサラウンドが楽しめるなど、プレミアムサルーンらしい機能が盛りだくさん。

ライバルが軒並み1千万円オーバーとなるなか、1千万円アンダーの990万円というプライスも魅力です。

シボレー コルベット(C7)

シボレー コルベット Z06

1953年のデビュー以来、半世紀以上に渡ってつくり続けられてきたシボレー コルベット。7世代目となった現在も、大排気量V型8気筒OHVというエンジンを頑ななまでに守り続けています。

2018年現在、日本で販売されているモデルは、ピュアスポーツのグランスポーツと、高性能エンジンを搭載したZ06の2タイプ。それに、世界限定650台のカーボン65、セブリングサーキットにインスパイアされた限定色のセブリングオレンジ65エディションという、限定モデルがラインナップされています。

エンジンは、いずれも6.2LのV8 OHVで、Z06用が最高出力485kW(659ps)、最大トルク881Nmのハイパフォーマンスバージョン。駆動方式はFR、トランスミッションは8速ATと7速MTが用意され、MTでは自動でエンジン回転数を合わせるアクティブレプマッチング機能が採用されています

ボディサイズは、全長4,515mm×全幅1,970mm×全高1,230mm、車両重量は1,610kg。価格は、1,100万円台からと、欧州スポーツカーと比べて安価です。

フォード マスタング

フォード マスタング 2018

シボレー カマロとともにアメリカを代表するスポーティカーが、フォード マスタングです。安価でコンパクトが魅力のポニーカーに分類される車種で、1964年にデビューし、現在発売されているモデルは7代目にあたります。伝統のV8のほか、世界販売を視野に入れた直4エンジンを搭載したモデルがあります。

6代目のマスタングになってからデザインを一新し、初代モデルを彷彿とさせる大胆なリファインで人気に再び火がつき、その人気は現行モデルにも引き継がれています。

精悍な顔つきやグラマラスなフォルムはヨーロッパのスポーツカーではなかなか見られないもので、アメ車らしさを感じさせます。残念ながら2016年にフォードが日本市場から撤退したことで、現在日本で正規輸入車を購入することはできません。

ジープ チェロキー

ジープ チェロキー リミテッド 2018

アメリカを代表するSUVのひとつが、ジープ チェロキー。初代チェロキー(XJ)はホンダ系列の国内ディーラーで販売されたこともあり、日本でもヒットを記録した人気モデルでした。

SUVとしては珍しいモノコックフレームと洗練されたデザイン、日本でも取り扱いのしやすいボディサイズと、当時のアメ車では画期的だった右ハンドル仕様が、日本市場で高い評価を集めました。

現在販売されているのは4代目(KL)で、なんといってもジープ伝統の7スリットグリルに、吊り目のようなライト(こちらがウインカーとデイタイムランニングライトでヘッドライトはその下にあるバンパー内)を合わせた斬新なフロントマスクが特長です。シトロエン ピカソのようなスタイリッシュなデザインながら、チェロキーらしさを色濃く残しています。

いまヨーロッパでもSUVがひとつのブームになっていますが、それらヨーロッパ生まれのSUVとは一線を画す存在感こそアメリカンSUVならではといえるでしょう。

次ページジープからはあの2台…!

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives