マイナーチェンジとフルモデルチェンジの違い

モデルチェンジの必要性

車のモデル名はそのままに、仕様や装備を新しいものに移行・改良することをモデルチェンジと呼びます。

モデルチェンジは、現行車を古く思わせ、新しい車を購入させるためのマーケティング手法と言われており、現在では自動車以外の各製品でも同じような手法が使われています。

この手法を考案したのは、アメリカのGM(ゼネラルモーターズ)といわれ、1920年代から活用されているそうです。

フルモデルチェンジとは?

スバル フォレスター 2018

ラインナップを一新するモデルチェンジのことを、フルモデルチェンジと呼びます。新しくなるのは、エンジン、プラットフォーム、スタイリング、内装の意匠など、車を構成するあらゆる部分で、ときに同じモデル名でありながらまったく違った次世代車としてフルモデルチェンジが行われることもあります。

その一方で、プラットフォームなど開発コストのかかる根幹部分をキャリーオーバーしたフルモデルチェンジもよく行われます。フルモデルチェンジの周期は各メーカーによってまちまちですが、輸入車の場合およそ6年前後で行われるケースが多いといえるでしょう。

マイナーチェンジとは?

トヨタ ランドクルーザープラド 150系 TZ-G
トヨタ ランドクルーザープラド

あらゆる面で一新されるのがフルモデルチェンジなのに対し、そのモデルチェンジの途中で行われるのがマイナー(モデル)チェンジです。

エンジンやプラットフォームといった根幹部分はそのままに、スタイリングの一部変更やエンジンの小改良、内装の仕様変更、技術的改良などが行われることが多く、フルモデルチェンジほど大幅な刷新はありません。

輸入車などでは、フルモデルチェンジ間に一度だけマイナーチェンジを行うことが多く、このマイナーチェンジを境に前期、後期型と呼んで区別することがよくあります。ちなみにBMWでは、マイナーチェンジと呼ばず、LCI(Life Cycle Impulse)と表現します。

次ページビッグマイナーチェンジ、フェイスリフトとは?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives