サンダルで運転、車検ステッカーを外すのもNG!?…意外と知られていないルール5選

①サンダルでの運転は違反です

運転
ビーサン

自宅からすぐのコンビニやガソリンスタンドなど、「ちょっとそこまで。ものの数分の距離だから」と軽い気持ちでサンダルで運転してしまうこと、ありませんか?

サンダルは、つま先とかかとが固定されていればOKですが、裸足、下駄、ビーチサンダル、スリッパ等での運転は、各都道府県の定める道路規則に抵触する可能性が高く、摘発されれば罰金が課せられます。またハイヒールや厚底サンダルなども、アクセルやブレーキ操作に支障があると判断されることもあるようです。

理由は、それらが原因で事故につながってしまう恐れが高いためです。自動車を運転するときは、履物も意識するようにしましょう。

②車検ステッカーを外すのはNG?

車検ステッカー

車検ステッカーは、次回の車検時期を示すもの。外してしまうと、しっかり車検を受けているかどうか判断ができなくなってしまいます。

道路運送車両法第66条では、「自動車は、自動車検査証を備え付け、かつ、国土交通省令で定めるところにより検査標章を表示しなければ、運行の用に供してはならない」とされています。

つまり、車検ステッカーは、”自動車の前面ガラスの内側に前方から見易いように貼り付けることによって表示するものとする”ということ。

なんとなく、無いほうがすっきりしているからというような軽い理由で、外してしまわないように注意しましょう。警察官には、不審車と思われてしまうかもしれませんしね。

一発免停!? 車検切れの車に乗っていた場合のペナルティとは?

次ページ高速道路で追い越し車線を走り続けると違反?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives