日本の交差点がすべてランドアバウトになったらどうなる?

ラウンドアバウトとは、なにか?

環状交差点 ラウンドアバウト

ラウンドアバウト(roundabout)とは交差点の一種で、3本以上の道路を円形のスペースを介して接続した環状交差点のことです。

円の中央は通行することが出来ず、クルマは必然的に周回路(環道)に速度を落として侵入することになります。2014年9月に道路交通法の改正によって運用が開始され、2016年3月時点では17都道府県55か所に設置されており、現在も増加しています。

国土交通省の定義では、

1)円形の平面交差のうち、環道の交通が優先されるもの
2)環道の交通が時計回りの一方通行で、信号や一時停止の規制を受けないもの
3)車は徐行で環道へ進入、環道の通行車両がなければ一時停止なしに進入可能なもの

としています。

ちなみに、現在日本でもっともラウンドアバウトが多い県は、大震災のあった宮城県。新たに道路を作る際に導入されることが多いようです。

ラウンドアバウトの通行ルールは?

日本でのラウンドアバウトでの通行ルールは、

1)環道へは左折で進入し、左折で流出する(左ウインカー点滅必須)
2)環道内は時計回りで進む
3)環道内を走行している車が優先
4)環道へは徐行で進入

原則、一時停止は不要となっています。

メリットは、環道に車がいなければ減速のみで通過できるため渋滞が起きにくく、ストップ&ゴーが少なくなり燃費が向上すること、信号待ちがないこと、優先車は常に片側(左側通行では右側)からしか来ないので安全確認が容易であること、信号がいらないので停電にも強いことなどが挙げられます。

ランドアバウトでは環道内を走っている車が優先です。侵入する車両は、場合によって停止することも必要ですが、原則は、一時停止することなく進入して構いません。

環道に入るときには、大きくハンドルを切る必要があり、自然と車速が落ちるため、副産物として、仮に衝突事故が起きても大事故にはならないこともメリットです。

次ページもし日本の交差点がすべてラウンドアバウトになったらどうなる?

この記事をシェアする

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives