F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1+ vol.03 可夢偉はトップに立てるか

vol.03 可夢偉はトップに立てるか

アヘッド 小林可夢偉

結論を急ぐ前に、F1とSFの違いを検証していこう。F1はチームごとにマシンが異なるのが特徴だ。パワーユニットは複数のチームで共有するのが基本だが、シャシーは独自に開発する。

だから、同じパワーユニットを積んでいてもマシンの差は生じるし、パワーユニットが違えば性能も違う。結果、ドライバーの力量ではいかんともしがたい差が生じてしまうのが現実だ。

SFの場合、シャシーはイタリアのコンストラクター、ダラーラのワンメイクだ。タイヤはブリヂストンの1社供給。エンジンはトヨタとホンダの2種類がある。

'15年は11チーム19台が参戦し、ホンダ勢は5チーム8台、トヨタ勢は6チーム11台だ。可夢偉はトヨタ・エンジンを搭載するKYGNUS SUNOCO Team LeMansに所属する。少なくとも、可夢偉以外が乗る10台のトヨタ勢と道具は一緒だ。

チームごとに異なる道具で争うF1とは、この点で大きく異なる。レースとは、極論すればタイヤが持つポテンシャルをいかに上手に引き出し、使いこなすかを競う競技だが、タイヤの性能を引き出す一番のカギを握る空力パッケージは全車共通。

タイヤの動きを制御するサスペンションも同様。となると、空力やサスペンションのセッティングを調整しつつ、道具を上手に使いこなす勝負となる。

どう勝負するかというと、ドライバーがマシンの状態を正しく理解し、レースエンジニアがドライバーのフィードバックに正しく対処することが重要となる。

ドライバーとエンジニアのやりとりが重要なのはF1も同じだが、SFはF1に比べ、マシンが搭載しているセンサーの数や、情報を処理するデータエンジニアの数が圧倒的に少ない。

そのため、ドライバーがセンサーの役割を、エンジニアがデータソフトの役割を、限られた時間のなかで精度高く演じる必要がある。日欧のレースに精通したあるベテランエンジニアはその違いを、「F1は重箱の隅を針で突くのに対し、SFはもっと隅っこを菜箸で突っつく感じ」と表現した。

やろうとしていることは実に細かいのだが、手段は十分ではなく、だからこそ、ドライバーとレースエンジニアの密なやりとりが欠かせないというわけだ。

可夢偉が優秀なセンサーを備えていることは、F1で十二分に証明している。レースエンジニアの実績・実力も申し分ない。SFが一朝一夕にトップに立てるほど甘い世界でないことは開幕戦が証明しているが、トップに立つ条件はそろっている。

-----------------------------------
text:世良耕太/Kota Sera
F1ジャーナリスト/ライター&エディター。出版社勤務後、独立。F1やWEC(世界耐久選手権)を中心としたモータースポーツ、および量産車の技術面を中心に取材・編集・執筆活動を行う。近編著に『F1機械工学大全』『モータースポーツのテクノロジー2016-2017』(ともに三栄書房)、『図解自動車エンジンの技術』(ナツメ社)など。http://serakota.blog.so-net.ne.jp/

アヘッド ロゴ

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事