F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1+ vol.21 平手晃平のこれまでとこれから

vol.21 平手晃平のこれまでとこれから

アヘッド  平手晃平選手

全8戦で行われた2016年のSUPER GT GT500クラスは、ニスモのMOTUL AUTECH GT-Rが開幕から2連勝を果たすと、ランキングトップの座を保ったまま最後の2連戦に突入した。

シーズンの早い段階から「GT-Rが3連覇する」というムードが、シリーズ全体を覆っていた。それほど、隙のない速さを披露していたのだ。

だが、平手/コバライネン組は土壇場でひっくり返してみせた。最終戦の予選で平手がポールポジションを獲得したのが、ゲームチェンジャーだったろう。

実はGT500クラス参戦8年目にして、初のポールポジションだった。コースレコードというおまけもついた。’13年以来2度目のタイトル獲得だが、エース格として栄誉を手にするのは初めてだ。

アヘッド  平手晃平選手

’86年生まれの平手は’02年、史上最年少でフォーミュラ・トヨタへの参戦を果たすと、’03年にトヨタ・ヤングドライバーズ・プログラムの支援を得て渡欧。

フォーミュラ・ルノー2000イタリア選手権に2シーズン参戦し、7勝。’05年に活動の場をF3ユーロシリーズに移した。ここで、後にF1チャンピオンになるルイス・ハミルトンやセバスチャン・ベッテルと競った。

’05年はオペルエンジン勢で常にトップ。’06年にメルセデスのエンジンを積むチームに移籍すると、開幕戦でいきなり優勝した。

’07年にはF1直下のGP2にステップアップ。日本のサーキットは舗装が良く、グリップする。一方、ヨーロッパのサーキットは路面が悪くグリップしない。

そうした悪コンディションで鍛えられた現地のドライバーは、雨が降って路面がウェットになるなど、状況が悪くなればなるほど底力を発揮した。そうした手強いドライバーを相手にするうち、平手も鍛えられていった。

「F1に行く」という思いを果たせないまま平手は日本に戻り、’13年までフォーミュラニッポン〜スーパーフォーミュラを戦った。それと並行してSUPER GTに参戦。’08年をGT300クラスで過ごすと、’09年からGT500に参戦している。

アヘッド  平手晃平選手

速度差のある車両が走り回るという意味で、SUPER GTはWECと共通している。だが、GTは最長1,000kmなのに対し、WECには5,000kmを走るル・マン24時間があるし、世界最高の技術のぶつかり合いでもある。

そこで、腕を試してみたいと平手は思うようになった。ヨーロッパで腕を磨き、SUPER GTで頂点を極めた男を引き付ける魅力がWECにあるのだ。

--------------------------------------
text:世良耕太/Kota Sera
F1ジャーナリスト/ライター&エディター。出版社勤務後、独立。F1やWEC(世界耐久選手権)を中心としたモータースポーツ、および量産車の技術面を中心に取材・編集・執筆活動を行う。近編著に『F1機械工学大全』『モータースポーツのテクノロジー2016-2017』(ともに三栄書房)、『図解自動車エンジンの技術』(ナツメ社)など。http://serakota.blog.so-net.ne.jp/

アヘッド ロゴ

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事