クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By
 

BBS鍛造ホイールによって走行性能は変化するのか?GTドライバー井口卓人・山内英輝に問う。

ホイールによってクルマの動きやフィーリング、タイムが変わる

無題

井口・山内両選手がドライバーを務めるGT300のBRZにはBBSのホイールが装着されています。
マシンセッティングの経験値も能力も高いその2人を驚かせたのが、ホイールによってクルマの動きやフィーリング、タイムが変わるということ。

無題

BRZに装着され、テスト、またはレースで使われるホイールには年度などによって数種類があるそうですが、マシンセッティングやタイヤが同じでも、ホイールのチョイス次第で、走行フィーリングやタイムも変わってくるのだそうです。
ホイールの組み合わせ次第でアンダーが強まってしまったり、逆に、トラクションが高まり、同じコーナーでもそれまで以上に高い速度で進入、旋回が可能になるなどの変化が得られることもあるとか。

ホイールの違いによるものだと知った時、本当に驚きました

無題

山内選手は
「ある時のテストでの話です。その時、走り出してタイヤの動きにすぐに違和感を感じました。それが、今までにないような感覚でちょっと不安になったんです。
でもその後、グッとトラクションが増して、そのコーナーをそれまで以上のペースで走ることができて、当然、タイムも上がったのです。
後々、実はそれがホイールの違いによるものだと知った時、本当に驚かされました。」
と話してくれました。

トラクションだけでなく、タイヤの温まりの早さや、タレにくさなどにも効果を発揮すると言います。

これまでホイールって、特別意識するパーツではなかった

無題

同じく井口選手も
「これまでホイールって、特別意識するパーツではなかったのですが、これだけ変化するのなら、間違いなく武器になります。
セッティングパーツとしての注目度も高まってくるだろうと思います」
と太鼓判。


普段乗るクルマにBBSを履く両選手はこうも言っていました。
「BBSのホイールは路面からの(その他のホイールに比べて)インフォメーションが増える気がします。
普段走っていてそれを意識する場面は少ないですが、例えばサーキットなどを走る人なら、ホイールによる違いにも気がつけるだろうと思います」
と、山内、井口両選手は口を揃えました。


この取材を通じ、CarMe編集部の当初の「疑問」は、「興味」へと転じました。
レースというシビアな環境下で培われた技術と結果が、ロードホイールにもフィードバックされているのであれば、
BBSユーザーが感じる走行性能の違いは確かなものかもしれません。

今後、さらに核心に迫る取材でBBS鍛造ホイールの実力に迫っていきます。

一番好きなBBS鍛造ホイールは?

最後に井口・山内両選手に、好きなBBS鍛造ホイールをお聞きし、写真撮影。


井口選手は、スバリストたちに絶対的支持を集めるRI-Aをチョイス。

無題

山内選手は、BBS鍛造ホイールの代名詞、LMをチョイス。
お二人ならではのセンスが感じられました。

無題

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事