フェラーリやランボルギーニなど…スーパーカーを売るなら、どこがベスト?

ランボルギーニ アヴェンタドール LP700-4 4WD

かつて、愛車を下取りしてもらう方法といえば、次の車を買うお店(ディーラーや中古車店など)で査定→買い取り、というのが通常の流れでした。しかし近年はインターネットの普及に伴って、一括査定ができるなど、買い取り専門店がグンと増えました。では、フェラーリやランボルギーニなど、趣味性の高いスーパーカーの場合は、どこで買ってもらうのが良いのでしょうか?

Chapter
下取りと買取はどう違う?
スーパーカーを売る場合はどこがオトク?
一番オトクなのは、個人売買

下取りと買取はどう違う?

まず「下取り」とは、たとえば自動車販売店や中古車販売店で次の車を買う際、今乗っている車をそのお店で買ってもらう方法です。程度の良い下取り車があると、新車の値引き幅が大きくなることもあります。

一方、「買い取り」とは、そこで次の車を買うのではなく、ただ単に車を買ってもらうことを意味します。

買い取り専門業者の良いところは、通り一遍のマニュアル通りの査定ではなく、オプション装備や社外品のアフターパーツなどもひとつひとつ丁寧に見てくれるため、プラス査定になる場合があります。また、下取りに比べて販売網が多いため、高く買い取りしてくれる場合もあります。

スーパーカーを売る場合はどこがオトク?

同じ1,000万円以上の車でも、メルセデス・ベンツ SクラスやBMW 7シリーズ、レクサス LSなどと、フェラーリやランボルギーニなど趣味性が非常に高いスーパーカーとでは、ベストな売り場所が異なります。

セダン系の高級車なら買い取り専門店やディーラーでもよいと思われますが、スーパーカーは本当にその価値がわかるお店に買い取ってもらうのが最善の方法です。整備するにしてもスーパーカーは専門工具が必要になってきます。

そのため、スーパーカー専門業者に売るのが賢明です。なぜなら、彼らは買い取った後、中古車として販売するルートを豊富に持っているため、長期間在庫を抱えることもあまりありません。中古車店にとって在庫を長期間抱えることはとても損をするのです。

ゆえに、一般の買取業者より高値で買い取ってくれます。大切に乗って、きちんとメンテナンスされてきた車であれば、そこもしっかりチェックして査定額をアップしてくれるはずです。

一番オトクなのは、個人売買

一般的にはスーパーカー専門業者に売るのがオススメですが、オトクという点で言えば、やはり個人売買にかなうものはありません。

売る側、買う側に多少の知識が必要ですが、不動産売買ほど煩雑ではありません。専門業者に売るよりも100万〜200万、いやそれ以上に高値で買ってもらえる場合も多々あります。

周囲にそんなに都合よく買ってくれる人や高額の売買で不安な場合は、スーパーカー専門店に「委託」という形で買い手がつくまで置いてもらうか、個人売買の仲介サイトを使う方法もあります。

どうやって売るべきか、困ってしまいがちなスーパーカー。個人売買でより高額に売って、また新しいスーパーカーを買うことが出来るとありがたいですね!

商品詳細