ガリバーの悪い評判は真実なのか?最新の口コミを総まとめ!

クルマ買うなら中古車と新車どちらがオススメ

※この記事には広告が含まれます

中古車買取の大手であるガリバーは、自社HPでユーザーの口コミを全て公開しています。

一部の悪い口コミも包み隠さず公開しているところを見ると、隠ぺい体質のない業者であることが伺えますが、実際の評判はどのようなものなのでしょうか?

本記事では2023年12月に調査した情報をまとめ、良い口コミと悪い口コミを比較し、総合的にガリバーがどのような業者なのかをご紹介していきます。

Yoshiki|よしき

九州エリアで中古車買取専門店に4年間勤務した経験を活かし、少しでも高く売るための方法や、輸出相場、業界の裏事情などの情報を発信しています。
そして読者の方には少しでも知識武装していただき、車で損をしたり、騙されたりしないような内容の記事を書いていきます。

Yoshiki
Chapter
ガリバーってどんな会社なの?:業界のパイオニア
会社概要(2023年版)
事業展開
提供しているサービス
ガリバーの口コミ評判
ガリバーの査定額の評判は?:2023年11月集計
良い口コミ(2023年11月の口コミから抜粋)
悪い口コミ(2023年11月の口コミから抜粋)
総合評価
ガリバーの接客態度の評判は?:2023年11月集計
良い口コミ(2023年11月の口コミから抜粋)
悪い口コミ(2023年11月の口コミから抜粋)
総合評価
ガリバーを利用するメリットは?
アクセスしやすく次の車も探しやすい
無料の代車貸出サービスがある
選べる5つのローン
充実のアフターフォロー
業界最大手の安心感
ガリバーを利用するデメリットは?
買取金額を教えてくれない事がある
しつこい営業マンがいる
車を買う場合は現物を見ることができない
クレームガードという名の減額
ガリバーの評判に関するQ&A
Q ガリバーの悪い評判が気になる!本当に良い業者なの?
Q 現物を見ないで車を買うって危なくないの?
ガリバーの評判のまとめ

ガリバーってどんな会社なの?:業界のパイオニア

まずはガリバーがどのような組織なのか会社概要から見ていきましょう。

会社概要(2023年版)

運営会社 株式会社IDOM(IDOM.inc)
本社所在地 〒100-7026 東京都千代田区丸の内二丁目7-2 JPタワー26階
創立年月日 1994年10月12日
上場市場 東京証券取引所 プライム市場(証券コード 7599)
店舗数 約460店舗
保有在庫台数 約32,000台
従業員数 3,132人
平均年齢 34.2歳
売上高 4165億1400万円
資本金 41億5,702万円
海外展開 アメリカ、オーストラリア
運営しているのは株式会社IDOM(旧:㈱ガリバーインターナショナル)で、中古車買取店としては設立1993年のアップルに次ぐ業界第二位の早さで創業、2024年で創立30周年を迎える買取ビジネスのパイオニアとも言える大企業です。

従業員の平均年齢も若いため、時代の変化にも柔軟に対応できるポテンシャルがあります。

そして2023年の売上高はネクステージの3500億円と比べても圧倒的で、いかに巨大な組織かが伺えます。

事業展開

ガリバーは街中でよく見かける緑×黄色の店舗だけでなく、取り扱う車のジャンルに応じて様々な名称で中古車の買取・販売を行っています。

輸入車専門のLEBERALAは、メルセデスベンツやアウディ、BMWを始めとした高級外車のみを専門で取り扱う店舗で、全国で約50店舗と数はあまり多くありません。

修復歴のある車両は販売せず、納車30日以内であれば返品も可能です。

大型店舗WOW!TOWNは「テーマパーク型店舗」と呼ばれ、車選びが楽しくなるような仕掛けが沢山盛り込まれている店舗です。

WOW!TOWNは幕張、大宮、新潟の3店舗のみの展開で、5つの展示スペースに分けられた広大な敷地内にはカフェやキッズスペースも完備されています。

地方型店舗OUTLETは、通常のガリバーと違い価格の安さに重点を置いた店舗で、全国で約70店舗展開されています。

安いと言っても車両が粗悪という意味ではなく、「通常納車前に付帯しているクリーニングや修理、整備などを購入者がオプションとして選べる」という仕組みを採用しているため、その分費用を落として買えるのがアウトレットの魅力です。

ショッピングモール型店舗HUNTは、千葉県木更津市にあるイオンモール内部に設置された「毎週行きたい中古車店」をテーマとした店舗です。

車の販売よりもお客さんとのコミュニケーションやペットOKのレンタカーの貸出など、今までの中古車販売店にはなかった新しい形のサービスを提供しています。

他にも修復歴のある車も含めて販売している「G-Selection」、国産スポーツカー専門店「GT-Garage」、直接販売のマッチングサービス「ガリバーフリマ」など、ガリバーは新しい中古車市場を次々と開拓しています。

提供しているサービス

ガリバーは車の売買に関するサービスを包括的に提供していますが、今回はその代表的な例をいくつかご紹介します。

車を販売する際には独自の画像販売システム「ドルフィネット」を使用して、買取直後でまだ市場に出回っていない車両情報をユーザーに提供しています。

国産車の保証は最長で10年、100日以内なら返品可能、選べる5つのローンというサービスで、現物を観ずに車を購入する方へ向けた安心を提供しています。

買取の際には無料の出張査定はもちろん、売却後の手続きももちろん無料です。

ユーザーの都合に合わせて代車の貸出しを行い、Web上では個人情報なしで「ざっくりな相場」を調べることができる相場検索サービスも提供しています。

また、車検サービスはクレジットカードでの支払いに対応し、代車の貸し出しは無料です。

ガリバーの口コミ評判

気になるガリバーの評判はガリバーHP「お客様の声」で確認することができます。

自社HP内の口コミなので信頼できる情報なのか?と思う方もいるかもしれませんが、悪い評価も隠さず掲載してあり、中には非常に辛辣な内容のものもあるので信頼できる情報源だと言えるでしょう。

結論ですが、2023年11月の口コミを調査したところ「良い口コミも悪い口コミもある」といった様子です。

良い口コミには「査定額が高かった」「丁寧に対応してもらえた」「希望の車を親身になって探してくれた」という声がある一方、悪い口コミには「即決を迫られて威圧感を感じた」「客を見下すような態度が不快だった」「査定額が他社よりも安かった」という正反対の評価が下されています。

大企業として各店舗にはノルマ設定のようなものがあり、余裕をもって丁寧に接客できているお店もあれば、営業成績が悪く追い詰められて雑な接客態度を取るスタッフがいるのもまた事実なのでしょう。

このように接客態度にばらつきがあるせいなのか、オリコン顧客満足度調査2023 車買取会社ランキングでは「13位」と、あまり評価が高くないという結果でした。

ではここからはその口コミを深堀りし、査定額に関する評判と接客態度に関する評判に分けてまとめていきます。

ガリバーの査定額の評判は?:2023年11月集計

車を売却する時に最も気になるのは、やはり「査定額」です。

いくら笑顔で接客してもらっても買取金額が安いのであれば利用する価値はありません。

果たしてガリバーは他社に比べて高価買取してくれるのでしょうか?

約23,000件の口コミの中から具体的なレビューを抜粋していきます。

良い口コミ(2023年11月の口コミから抜粋)

まずは最新の口コミから買取に関する良い口コミを抜粋します。

買取価格がどのように決まるのかを分かりやすく丁寧に説明していただきました。

納得できる価格まで上げてくれたのでとても満足のいく売却になりました。

30代 / 男性
0

ガリバーオークションで高価買取りして頂いて大変満足しています。こんな方法があったなんてビックリ!入札金額がどんどん上がって行くのをリアルタイムで見られて良かったですし、とても満足、感動してます!

50代 / 女性
0

丁寧で分かりやすく長時間接客をしてくれたのに、最終的には私の都合で売却と購入をキャンセルしてしまいました。

しかし最後まで態度を変えず親切に接して下さいました。このような方は最近なかなか居ない存在だと思いますので、次回があれば必ず相談しようと思います。

40代 / 女性
0
キャンセルしたのに態度を変えず感じが良かった、仕組みの説明が丁寧だった、高価買取してくれたという声が多かったです。

売却に至らなかった方の中にも「接客態度が良く好感が持てたので次回も利用したい」とおっしゃっている方が見受けられました。

悪い口コミ(2023年11月の口コミから抜粋)

続いて悪い口コミの中から買取に関するものをまとめていきます。

「即決すればこの値段で買い取ります」と言われると焦りや威圧を感じます。
ガリバーは1円でも安く買いたいのだろうけど、こちらは1円でも高く売りたい。
本当は他店と比較して、納得した上で決めたかった。

50代 / 男性
1

買取金額に納得して売却したが入金予定日になっても入金がなく不安になり、こちらからの問い合わせにて、書類の不備が発覚。

書類が到着してから数日は余裕があったのにも関わらず担当からの連絡は一切無かった。

40代 / 男性
1

「今すぐ売却はできない」と事前に伝えてから査定をしてもらったのにも関わらず、金額の話をする時になると横を向いたまま「今日売って貰えないならもう話すことはないですね」と言われ、対応が物凄く悪かった。
もし売却する時期がきても、絶対にガリバーでは売りません。

30代 / 男性
1
「即決を迫られて不快な思いをした」という口コミは1か月間だけでも何件か見受けられました。

他社との比較をさせないように即決を迫るという営業トークが、ガリバーのやり方として根付いているのでしょう。

また、「重要な書類を郵送したのだから受け取りの連絡ぐらいほしい」「書類不備で入金が止まっていることを連絡してくれなかった」など、買取後のアフターフォローにも問題があるようです。

総合評価

査定額に関しては「高価買取してもらえた」という良い口コミもあれば「他社よりも数十万安かった」という悪い口コミもありました。

査定金額は売るタイミングや状況に応じて変動しますので一概に判断することはできませんが、「即決を迫る」という手法を未だに使っているあたり、顧客の利益よりも自分たちの利益を追求しているようにも思えます。

しかしそれはガリバーそのものが悪いというわけではなく、あくまで担当者レベルでの話となります。

ユーザー都合でキャンセルしたのにも関わらず態度を変えず対応してくれた等、良い担当者に当たれば顧客の満足度は高いようです

ガリバーは買取時の接客に関して「即決トークはしない」「アフターフォローもしっかりと行う」などの教育を実施すれば、今後買取に関する評判も良くなっていくかもしれません。

ガリバーの接客態度の評判は?:2023年11月集計

いくら良い車に巡り合えたとしても、商談中に不快な思いをしたり買取契約後の減額や契約解除をするような業者は信用できません。

その点、ガリバーの接客態度に関する評判はどのようなものなのでしょうか?

良い口コミ(2023年11月の口コミから抜粋)

古い車なのに丁寧に査定して頂きありがとうございました。
22年も乗った車なので廃車も覚悟していましたが、思い入れのある車なのでどうにかならないかなぁと思っていたところ、金額を付けて買い取っていただけたので本当に嬉しかったです。

50代 / 女性
0

わたしは車に関しては全くの無知でどうしたらいいのが全く分からなかったのですが、その不安を汲み取って下さったように、色々と筋道を立て順序良く説明していただいたので凄く助かりました。

車も2台で迷っていたのですが、ガリバーで決めた車にして良かったと満足しております。

40代 / 女性
0

希望の金額を超え、納得して売却ができたので嬉しかったです。

接客も丁寧なのでまた機会があれば利用させて頂きます。

知人にも勧められる良いお店だと感じました。

50代 / 男性
0
古い車を買い取ってくれた、車に関する知識がないという不安を汲み取り丁寧な対応をしてくれた、

希望金額以上の買取金額をだしてくれて接客態度も良かった、という声がありました。

また、他の口コミには「〇〇店の△△さん」等、営業担当者の名前を挙げて、親しみを込めて体を労わるような優しい口コミも数多く掲載されていました。

悪い口コミ(2023年11月の口コミから抜粋)

車を売ろうと思っていたのですが、自動車税の説明がありませんでした。
今日は決められないと言ったのにも関わらず「今決めて下さい」としつこく強引に言われ続けた事に腹が立ち、ガリバーに売るのをやめて他社に売却しました。

20代 / 男性
0

初めて車を購入するため何もかも分からない状態だったのに、オプションに関して質問すると担当者がまるで嘲笑うような、馬鹿にした態度で説明を始めたのでとても不愉快でした。

20代 / 女性
0

車を購入する際、担当の方は感じの良い人だったのですが最初にとても高い金額を提示して、そこからどんどん値下げしていく手口は嫌な印象を受けました。

きっとそういうやり方を教え込まれているのでしょう。

駆け引きは必要なのかもしれませんが、誠実な方がいいと思います。

正直今のままなら利用することは二度とないでしょう。

50代 / 女性
0
やはり、しつこい「即決トーク」には皆さんご立腹の様子です。

また、相手が若かったり車に興味が薄い女性だったりすると偉そうな態度を取ってしまう営業マンがいるようです。

中古車販売の際は、最初はやたらと高い金額を提示して少しずつ減額してお得感を演出する等、回りくどい接客態度に不満を持ったユーザーもいます。

総合評価

接客態度に関する評価は二極化しており、「とても丁寧で知人にも紹介したい」と思えるほど満足している人もいれば「馬鹿にしている、不愉快だ、二度と利用しない」と感じた方もいます。

ここから汲み取れるのは、ガリバーは数千人の社員がいるため運が悪いと横柄な態度で接客したり、しつこい即決トークを迫るような担当者に当たってしまうということです。

悪い口コミを見ると、相手の年齢や性別、車に関する知識レベルを測った上で態度を変えてしまうような営業マンがいることは明らかです。

もしもガリバーを利用して不快な担当者に当たってしまった場合は別の業者や店舗を利用したほうが賢明でしょう。

不安な方は家族や友人と一緒に店舗に出向くのも良いかと思います。

ガリバーを利用するメリットは?

2024年、中古車買取業者が星の数ほどある中で、あえてガリバーを利用する価値とは何なのでしょうか。

ではガリバーの強みや、利用上のメリットをご紹介します。

アクセスしやすく次の車も探しやすい

全国に460店舗展開しているガリバーは、とにかくアクセスが容易で誰でも気軽に立ち寄れることが強みです。

そして、ガリバーは30,000台を越える在庫と、市場に出回っていない買取直後の車両をドルフィネットで検索して販売することが可能です。

また、無料の代車貸出サービスなどもあるため、中古車に乗り換える際に次の車が探しやすいという強みもあります。

在庫の量が多いので選択範囲が広く、検索システムなどの設備も充実しているため乗り換えのしやすさは業界でもトップクラスだと言えるでしょう。

他社で売却する際は「次の車はどうしよう」、「オークションで落札して陸送費も負担しなければならない」となりますが、ガリバーであれば売却と購入が同時に行えるためスムーズに乗り換えができます。

無料の代車貸出サービスがある

乗り換えの際、次の車の納車までの期間無料で代車を借りることができます。

ただし、以下のような条件があります。
  • 代車の車種は選べない
  • ガソリン代は自己負担
  • ガリバーで車を購入したい場合は貸出してくれない場合も有り
  • 代車数に限りがあるため希望に添えない場合もある
乗り換えの際は事前に代車を確保できるか確認しておくとよいでしょう。

選べる5つのローン

ガリバーは家計に合わせて選べる5つの自社ローンを準備しています。
  1. らくらく120(120回払いまで自由に選択可能)
  2. プラスローン(前の車のローンと次のローンを一本化)
  3. 楽のり+(残価設定型ローン)
  4. すきっぷローン(最大6か月支払い開始を遅らせる)
  5. ほけろん(自動車保険料一体型ローン)
注目すべきは最長10年払いの120回ローンがある事と、残ローンがあって乗り換えできないと思っていた車が、プラスローンによりローンを一本化することで乗り換えできるようになるというところです。
このような柔軟なローン制度のおかげで、より乗り換えがしやすいのがガリバーの強みでしょう。

充実のアフターフォロー

車検、整備、保証など、買取よりも販売後のアフターサービスが充実しているのがガリバーの特徴です。

国産車の購入後の保証(有償)は以下のような内容となっています。


保証名 対象車両の基準
あんしん10年保証ワイド

あんしん10年保証
初年度登録後7年未満、7万キロ以下
あんしん5年保証 初年度登録後10年未満、10万キロ以下
安心3年保証

安心2年保証

安心1年保証
初年度登録後15年未満、15万キロ以下
あんぜん6か月保証 初年度登録後15年未満、15万キロ以下
あんぜん3か月保証 年式無制限、20万キロ以下
この有償保証に加入した場合は手厚い保証を受けられますが、ガリバーで車検を受けなければ無効化されてしまうことにご注意ください。

業界最大手の安心感

帝国データバンクが行った調査によると、現在中古車店の倒産が急増しているようです。

特に2023年は大手中古車販売店の不祥事の影響が大きく、過去10年で年間最多の倒産数となることが見込まれています。

(参考:PR TIMES https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000752.000043465.html

車を売却したのに会社が倒産してしまい買取金額が振り込まれないとしたらどうしますか?

車を購入して代金も振り込んだのに、会社が倒産して車が納車されない場合は?

どちらも非常に困ると思います。

その点、ガリバーのような大企業に売買を任せる場合は突然の倒産リスクがないため安心です。

ガリバーを利用するデメリットは?

では、逆にガリバーを利用する上で発生するデメリットは何でしょうか。

悪い口コミに挙がっていた内容を元に考察し、まとめていきます。

買取金額を教えてくれない事がある

ガリバーほど買取実績のある会社に所属する買取営業マンは百戦錬磨のプロであり、社内での彼らの使命は「安く買って高く売り利益を生み出すこと」です。

安く買い取る為には顧客との駆け引きが必要で、他社の提示金額を聞き出すまでは明確な買取金額を教えてくれない場合があります。

彼らもボランティアで買取をしているだけではないので仕方ないことですが、明確な金額が知りたい場合はこちらから他社の情報を開示することも必要になるでしょう。

しつこい営業マンがいる

彼らにはそれぞれ営業成績のノルマがあります。

そのため、買取・販売共に必死な営業トークを繰り広げたり、何度も電話で交渉を迫ってくる営業マンがいることは、口コミを見ても誤魔化しようのない事実です。

「店頭からなかなか帰してくれない」「即決を迫られて恐い」「電話がしつこくて鬱陶しい」

このようなストレスを感じる可能性があるというのは、ガリバーを利用する際の致命的なデメリットだと言えるでしょう。

車を買う場合は現物を見ることができない

ネクステージやビッグモーターなどの超大型販売店と比べると、「現物を見て触って車を買う」ということができないのがガリバーの弱みです。

ガリバーの買取店舗自体はどれも大きくなく、購入する場合は画像販売システム「ドルフィネット」を店頭で利用し、画像と査定データのみを参考にして取り寄せて購入するという流れになります。

どうしても現物を見ないと不安だ、という方はガリバー以外での購入をおすすめします。

クレームガードという名の減額

最後に「クレームガード保証」という不要な保証制度についてご説明します。

クレームガード保証を簡単に説明すると、「あなたから買取った車が次のオーナーに渡った後、故障などのクレームが発生してもあなたに対して修理代の請求などはしませんよ」という内容の保証です。

これは契約不適合責任(旧:瑕疵担保責任)というモノの売買における法律を逆手に取った有料の保証制度で、この保証を取り扱っているのはガリバーとビッグモーター、ネクステージの3社のみです。

そしてそのどれもが、Web上でクレームガード保証に関する説明ページを開設していません。

買取が成立し、そこに隠ぺいや不正がない場合は、車両の不具合や故障に関する責任はガリバーに移行して然りです。

クレームガード保証は「安心という名の買取金額の減額」です。

加入を勧められても断り、契約後の減額をしないと誓約している他業者への売却を検討しましょう。

ガリバーの評判に関するQ&A

Q ガリバーの悪い評判が気になる!本当に良い業者なの?

Aガリバーに限らず、結局は担当についた営業マンが良い人物なのかどうかが評判に直結します。

ガリバー自体は安定した企業ですが、教育が行き届いていない担当者に当たってしまった場合は担当や店舗を変えてもらうと良いでしょう。

Q 現物を見ないで車を買うって危なくないの?

ガリバーに限らず、オートオークション等のデータや写真だけを見て車を購入することは今や当たり前となりました。しかし数ミリ程度の小傷などは査定データに載っていない場合がありますので、神経質な方は現物を見れるようなお店での購入をおすすめします。

ガリバーの評判のまとめ

ガリバーは大手らしい安心感と買取・販売システムを備えた大きな企業ですが、社員数が多過ぎるあまり、教育が行き届いていない営業担当者がいるのもまた事実なのでしょう。

2023年、大手中古車販売店の不祥事が発覚し、中古車市場全体が不安視されています。

ガリバーは今後も業界を引っ張っていくリーダー的な存在として、社員の接客教育やコンプライアンス教育に尽力してもらいたいところです。

商品詳細