【画像】Nワゴン(N-WGN)特別仕様車SSクールパッケージの外装レビュー①

ホンダのハイト系ワゴンN-WGN(Nワゴン)から
特別仕様車SSクールパッケージが発売されましたね。

今回発売されるN-WGN(Nワゴン)の特徴の一つは、
クロームメッキ調のフロントグリル。

私もこの特別仕様車のN-WGN(Nワゴン)が気になったので、
早速見に行ってきて、写真をたくさん撮らせてもらいました。

基本的なデザインは、N-WGN(Nワゴン)カスタムと
それ程大きく変わっていなかったのですが、フロントグリルのデザインが
異なるだけで、雰囲気が全く違いました。

※2015年8月10日の記事です。

Chapter
SSクールパッケージの外装の画像レビュー
フロント
サイド
リア

SSクールパッケージの外装の画像レビュー

今回私が見たN-WGN(Nワゴン)の特別仕様車SSクールパッケージのカラーは、
比較的新しいカラーのブリリアントスポーティブルーメタリック。

ブリリアントスポーティブルーメタリックカラーの
特別仕様車SSクールパッケージは、このようになっていました。

フロント

N-WGN(Nワゴン)の特別仕様車SSクールパッケージを正面から見ると
このような感じ。

カラーがブリリアントスポーティブルーメタリックという事もあり、
かなりスポーティーな雰囲気がありますよね。

また、標準モデルとは異なるクロームメッキ調のフロントグリルのおかげで
ワイルド感がアップしているように感じました。

こちらが特別仕様車SSクールパッケージのフロントグリル。

そして、コチラがN-WGN(Nワゴン) カスタムのフロントグリル。

グリルのバーの太さが違うのが一目で分かりますよね。

そして、真正面から特別仕様車のSSクールパッケージ
N-WGN(Nワゴン)カスタムを見比べると、このような感じ。

この迫力のあるバーのおかげで、特別仕様車のSSクールパッケージ
フロントマスクの方がより精悍なイメージになっていました。

個人的には、特別仕様車のSSクールパッケージの方がワイルドで、
男性向きのデザインになっていると思いました。

サイド

N-WGN(Nワゴン)の特別仕様車SSクールパッケージを横からみると、
このような感じ。

テールゲートスポイラーも装備されており、オシャレですよね。

ちなみに、今回、このクルマはメーカーオプションの
15インチのアルミホイールを装備。

通常は、14インチのアルミホイールとスチールラジアルタイヤが
装備されるようです。

ちなみに、このオプションの15インチのアルミホイールのデザインは、
カスタムのオプションのホイールのデザインと全く一緒。

ちなみに、こちらがN-WGN(Nワゴン)カスタムの標準モデルの
メーカーオプションのアルミホイールのデザイン。

デザインは、全く一緒ですよね。
個人的には、特別仕様車のSSクールパッケージは、
専用のオリジナルデザインにしてもらいたかったです。

リア

N-WGN(Nワゴン)の特別仕様車SSクールパッケージのリアからのデザインは、
このようになっています。

テールゲートスポイラーがオシャレでよいですよね。

基本的なデザインは、N-WGN(Nワゴン)カスタムと全く一緒。
リアコンビネーションランプのデザインもベースとなっているカスタムと
全く同じです。

そして、N-WGN(Nワゴン)のラゲッジゲートを開けると
このようになっています。

開口部も広く、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手も良さそうでした。

特別仕様車として発売されたN-WGN(Nワゴン)SSクールパッケージと、
ベースとなっているカスタムの標準モデルは、フロントグリルを除いて
全く一緒のデザインになっていました。

しかし、フロントグリルが大きくなったため、よりワイルドな印象を持ちました。
正直これほどフロントマスクの雰囲気が変わっていると、思いませんでした。

N-WGN(Nワゴン)の特別仕様車は、ベースになっているグレードよりも2万円程度
価格が高くなっていますが、もしよりワイルドな見た目のクルマが欲しかったら
SSクールパッケージを選択するのもよのかもなと思いました。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ