外装・見た目の違いは!?|Nワゴン特別仕様車SSクールとカスタム比較①

ホンダのハイト系ワゴンのNワゴン(N-WGN)から
特別仕様車SSクールパッケージが発売されましたね。

私もNワゴン(N-WGN)の特別仕様車SSクールパッケージを
見に行って来たのですが、フロントマスクが精悍に・・・。

そんなNワゴン(N-WGN)の特別仕様車SSクールパッケージと
ベースとなっているカスタムの外見・エクステリアを比較してみました。

※2015年8月14日の記事です。

Chapter
SSクールパッケージとカスタムを比較
比較① フロントからのデザイン
比較② サイドからのデザイン
比較③ リアからのデザイン

SSクールパッケージとカスタムを比較

比較① フロントからのデザイン

今回新発売されたNワゴン(N-WGN)の特別仕様車SSクールパッケージ
正面からみるとこのような感じ。

一方、ベースとなっているカスタムのGターボパッケージ
正面からのデザインは、このようになっています。

やはりフロントグリルのデザインが異なりますね。
特別仕様車のSSクールパッケージの方が太めのフロントグリルになっており、
より精悍なデザインになっていました。

このように並べてみると、違いがスグに分かりますね。

また、特別仕様車SSクールパッケージのボディカラーが、
ブリリアントスポーティブルーという事もあり、ベースとなっているカスタムの
プレミアムホワイトパールよりスポーティーに見えました。

ちなみに、Nワゴン(N-WGN)の特別仕様車のSSクールパッケージ
カスタムのGターボパッケージともにフォグランプは、標準装備。

このようにデザインは、同じになっていました。

また、フォグランプは、オプションでLEDに変更できます。
LEDに変更したら、さらに見た目が精悍になるみたいですよ。

比較② サイドからのデザイン

Nワゴン(N-WGN)の特別仕様車SSクールパッケージをサイドからみると
このようなデザイン。

一方、Gターボパッケージのサイドからのデザインは、
このようになっています。

基本的なデザインは、まったく同じになっていました。

また、Nワゴン(N-WGN)のSSクールパッケージ、カスタムの
Gターボパッケージともに15インチのアルミホイールが装備されていました。

ちなみにタイヤメーカー&ブランドは、”ブリヂストン B250″。
この”ブリヂストンB250″は、市販されていない純正のタイヤのようです。

ただ、ディーラーさんの話を聞くと、この”ブリヂストン B250″の性能は、
低燃費性に特徴のあるエコピアシリーズに近いタイヤのようです。

比較③ リアからのデザイン

Nワゴン(N-WGN)の特別仕様車SSクールパッケージとGターボパッケージ
後ろからみると、このようなデザインになっています。

特別仕様車SSクールパッケージ・カスタムのGターボパッケージともに
テールゲートスポイラーがこのように標準装備されていました。

また、リアコンビネーションランプのデザインも全く同じでした。

また、Nワゴン(N-WGN)の荷室・ラゲッジスペースを開けると、
このようなデザインになっています。

開口部の広さや荷室のサイズもまったく同じになっていました。

このようにNワゴン(N-WGN)の特別仕様車SSクールパッケージ
ベースになっているカスタムのGターボパッケージの外装・エクステリアを
比べてみると、フロントマスク以外違いがありませんでした。

それ以外の機能や装備もほとんど変わらないので、
カスタムと特別仕様車SSクールパッケージのフロントマスクの好みで
どちらを購入するか決めても良いかもしれませんね。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ