CタイプとGグレードとの違いは!?|N-WGN(Nワゴン)のグレード

Nワゴン0007

ホンダから発売中のハイト系ワゴンのN-WGN(Nワゴン)から
2015年7月10日に特別仕様車が発売されるようですね。

今回発売されるのは、カスタムのG Lパッケージをベースにした
モデルの”SSクールパッケージ”

また、この特別仕様車が発売されるのと同じタイミングで、
標準車に新グレードが登場します。

今回N-WGN(Nワゴン)に新たに設定されたグレードは、”Cタイプ”
この”Cタイプ”にベースになっているは、廉価グレードの
N-WGN(Nワゴン)のGグレード。

このN-WGN(Nワゴン)の”Cタイプ”とGグレードの違いについて、紹介します。

※2015年7月10日の記事です。

Chapter
CタイプとGグレードの違いについて
違い① 価格が安くなった
違い② 機能が劣る
違い③ ボディーカラーは3色のみ
燃費はどのくらい?
Cタイプの納期・納車待ちはどのくらい?

CタイプとGグレードの違いについて

違い① 価格が安くなった

今回、発売されるN-WGN(Nワゴン)のCタイプの特徴は、
他のグレードよりも価格が安くなっている事。

今回発売されるN-WGN(Nワゴン)のCタイプの価格は、109万円。
ベースとなっているGグレードの価格が、116万4000円なので、
Cタイプは、Gグレードよりも5万円程度安くなっています。

今回、このような価格が安いグレードを発売した背景には、
競合車の存在があるみたいです。

N-WGN(Nワゴン)の競合車の一つ、スズキのワゴンRの
最安値グレードの価格は、FAグレードの1,089,720円。

このスズキのワゴンRに対抗するために
“Cタイプ”が発売されたようです。

また、ホンダから以前発売されていたライフ(LIFE)でも、
このような価格帯のグレードがあり、N-WGN(Nワゴン)でも欲しいという声が
多いことから、発売に至ったようです。

ライフの時もそうでしたが、近場を運転するのみ移動手段として
クルマを購入しようと思っている人にとっては、このくらいの価格のモデルは
人気のようです。

<次のページに続く>
次ページ
違い② 機能が劣る

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ