ドリンクホルダーは何個!?ホンダNワゴンのインテリア画像レビュー

ホンダNワゴン画像0016

ホンダのハイト系ワゴンのNワゴン(N-WGN)が2016年6月に
マイナーチェンジをして新発売されましたね。

今回マイナーチェンジをしたNワゴン(N-WGN)では、内装・インテリアの
デザインが、ブラックに変更。また、インパネに装備されている
収納スペースのデザインは若干変更されたものの、基本的なデザイン・
使い勝手にに大きな変更はありませんでした。

そんなNワゴン(N-WGN)の内装・インテリアですが、ドリンクホルダーが
何個装備されているのか、また、使い勝手はどうなのか気になったので、
先日試乗をした際に確認をしてきました。

※2016年6月25日の記事です。

その4:リヤシート ドア内側ドリンクホルダー

また、Nワゴン(N-WGN)の後部座席用のドリンクホルダーは、
リヤドアの内側パネルに採用されていました。

この後部座席用のドリンクホルダーで珍しいと思ったのは、
ドア内側パネルの下の部分に採用されているのではなく、
ドアアームレスト部分に装備されていた事。

このような位置にドリンクホルダーが用意されているのは、
ちょっと珍しいですよね。

最初はちょっと慣れないな~っと思っていたのですが、
実際に使用してみると、思ったよりもドリンクの出し入れがしやすい。

個人的にはドアの下部にあるドリンクホルダーよりも、このデザインの方が
使いやすいように感じました。

今回新しく発売されたNワゴン(N-WGN)のドリンクホルダーは、
このようなデザインになっていました。

このドリンクホルダーの数は標準的だと思いましたが、使い勝手は
他の競合車・ライバル車よりも良いように感じました。

特にインパネの中央にあるドリンクホルダーとトレイは、
他の車に無いNワゴン(N-WGN)オリジナルの装備なので要チェックです。

ドリンクホルダーの使い勝手はチェックをし忘れる事が多いですが、
もしこれから試乗される方はドリンクホルダーの使い勝手までしっかりと
確認してみてくださいね。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ