ホンダNワンのシート画像レビュー【居住性・座り心地はどうだった?】

N-ONELOW画像0003

ホンダの軽自動車”Nシリーズ”の中で一番小さなモデルになっているのが、
クリクリっと目が特徴のNワン(N-ONE)。

NワゴンやNボックスと比較すると、車内が狭くなっているNワン(N-ONE)ですが、
実際に乗り込んで見ると、十分な広さを確保。なので、居住性・
快適性も予想以上に良かったです。

また、シートの座り心地も思ったよりも良かったです。

そんなホンダ Nワン(N-ONE)のシートはどのようなデザインだったのか?
また、座り心地の良かった点・気になった点はなんだったのか?

実際にホンダ Nワン(N-ONE)を試乗した時に感じたシートの居住性・
座り心地について、詳しく紹介したいと思います。

※2018年12月25日の記事です。

Chapter
ホンダNワンのフロントシート画像レビュー
座り心地も予想以上に良い感じ
ホンダNワンの後部座席画像レビュー
座り心地は若干のフラット感が・・・

ホンダNワンのフロントシート画像レビュー

ホンダから発売されているNワン(N-ONE)の運転席や助手席など
フロントシートは、このようなデザインになっています。

こちらは背が高い標準モデルのフロントシート。

一方、こちらは都内のパーキングなどでも駐車できるように車高を低くした
ローダウン(LOW DOWN)のシート。

ローダウンの方が車高が低いので、標準モデルと比較すると、運転席に
座った時に若干の頭上空間の狭さ・低さを感じますが、それでも十分広いレベル。

競合車の新型アルトやダイハツのミライースと比較すると、頭上空間が
一回り以上広く、見晴らしが広いのも好印象でした。

座り心地も予想以上に良い感じ

また、このホンダから発売されたNワン(N-ONE)のフロントシートの座り心地は、
思ったよりも快適。

このクルマのフロントシートは、このように運転席と助手席が繋がっている
ソファーシートを採用。

ソファーシートの場合、運転席と助手席の横移動(ウォークスルー)がしやすい
メリットがある一方、シートがフラットでサポート力に限りがあるのが欠点と
一般的に言われています。

しかし、今回ホンダから発売されたホンダ Nワン(N-ONE)のフロントシートは、
シート中央部分が若干えぐってあり、体にフィットをするデザインに・・・。

軽自動車でソファーシートを採用しているクルマは多いですが、このNワン(N-ONE)の
フロントシートは、ソファーシートを採用しているクルマの中では特に
座り心地が良いように感じました。

この座り心地の良さとウォークスルー性の両立はこのクルマの魅力・
メリットの一つなのかなと思いました。

<次のページに続く>
次ページ
ホンダNワンの後部座席画像レビュー

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ