パッソとブーンを比較。内装・インテリアに違いはあった?

トヨタから3台目となる新型パッソ(PASSO)がフルモデルチェンジをして
新発売されましたね。

今回新発売されたこの新型パッソ(PASSO)で開発・デザインされ、
トヨタに供給されたOEM車。そして、ダイハツでは新型ブーン(Boon)と言う
名前で発売されています。

そこで気になるのは、この2つのモデルの違いですよね。
この2台のモデルでは内装・インテリアのデザインや機能に違いがあったのか?

先日、この2台のクルマを実際に見に行ったので、
実際に撮ってきた写真・画像を使って違いを紹介したいと思います。

※2016年5月23日の記事です。

Chapter
新型パッソとブーンの内装比較。違いはある?
新型パッソとブーンの内装・インパネの唯一の違いは?
新型パッソとブーン シートの違いはあった?

新型パッソとブーンの内装比較。違いはある?

今回新発売された新型パッソ(PASSO)とブーン(Boon)の内装・インテリアですが、
結論から申し上げますと、大きな違いはありませんでした。

こちらはトヨタの新型パッソの上級モデル”モーダ(MODA)”のインパネの様子。

そして、こちらはブーンの上級モデル”CILQ(シルク)”のインパネ・内装の様子。

マゼンダのアクセントカラーを送風口部分やカーナビまわりに
使用しているところや、収納スペースのデザインまでソックリですよね。

実際に2つのモデルを乗り比べてみると分かるとさらに思うのですが、
「これって本当に違う名前のクルマ!?」と疑っちゃうくらいソックリです。

私はブーン(Boon)を見たのは初めてだったのですが、もうすでに新型パッソを
何度も試乗をしていたのでどこか懐かしさを感じちゃいました。

そのくらいこの2台の車の内装・インパネはソックリでした。

新型パッソとブーンの内装・インパネの唯一の違いは?

私が唯一気が付いたこの2台のモデルの内装・インパネの違いと言えば、
ハンドルのデザインくらい。

新型パッソ(PASSO)のハンドルには、トヨタのエンブレムが描かれていますが、
ブーン(Boon)はこのようにダイハツのエンブレムを装備。

このハンドル・ステアリングホイールのデザインの違いが無ければ、
この2つのモデルの内装・インテリアのデザインからクルマを見分けるのは
不可能かなと思いました。

新型パッソとブーン シートの違いはあった?

また、今回新発売されたトヨタの新型パッソとダイハツのブーンの
シートも確認してみたのですが、違いはありませんでした。

こちららトヨタの新型パッソ(PASSO)のシート。

そして、こちらはブーン(Boon)のシート。

このように見比べても、シートの違いはわからないですよね。
ともにダークグレーを基調にして、アクセントカラーにインパネと
マッチしたマゼンダカラーを採用。

シート素材もまったく同じ柔らかいスエード調トリコットを採用。

座り心地や見た目のデザインはとても良かったのですが、OEM車とは言え
個人的にはもう少し違うデザインにしても良かったと思いました。

今回新発売されたトヨタの新型パッソとダイハツのブーンの内装・インテリアを
見比べてみたのですが、インパネ・シートともにほとんど違いはありませんでした。
強いて言えば、ハンドルのエンブレムくらい・・・。

このように外装・内装ともにこの2台のモデルにほとんど違いが無いので、
どちらのクルマを購入しても大きな違いは無いように感じました。

今回新発売された新型パッソ(PASSO)はトヨタカローラのみの発売なので、
ダイハツのブーンと競合させて値引き額をアップを目指すのも良いかもしれませんね。

またダイハツとトヨタカローラを回って、親身で相性の良いディーラーさんから
購入するのも良いのかなと思いました。

内装と同様に新型パッソとブーンの外装・エクステリアに関しても、見た目は
ソックリですよね。フロントグリルのエンブレムの違いで、若干クルマの
雰囲気は異なりますが・・・。

やはり個人的にはもう少しデザインや見た目を変えてもらいたかったです。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ