加速力は良いけど、不満もアリ!?|コペン セロの試乗の感想①

コペンセロ画像0002

新型コペン セロ(CERO)は、ダイハツから発売された第3弾モデル。

先日、コペン(COPEN)を中心に販売している”コペンサイト”に行き、
新型コペン セロ(CERO)を試乗させてもらいました。

今回試乗させてもらったのは、CVT車。
そして、カラーは新型コペン セロ(CERO)の
専用色ブリティッシュグリーンマイカを乗せてもらいました。

私はローブ(ROBE)やエクスプレイ(XPLAY)を通じて
コペン(COPEN)を運転するのは初めて。

少し気になった事はあったものの、思っていた以上に
新型コペン セロ(CERO)の加速力・乗り心地は、良かったです。

※2020年10月8日の記事です。

Chapter
発進時の加速力はスゴイ!?
コペン セロ 発進時の不満
中速域からの加速は、大満足!?

発進時の加速力はスゴイ!?

さっそく新型コペン セロ(CERO)に乗り込み、ハンドルの左側にある
エンジンのスタータースイッチをON!

エンジンを掛けるとヴォヴォヴォ~っと言った感じの重低音のある
エキゾーストサウンドが聴こえ、ハンドルからは小刻みな振動が・・・。

このエキゾーストサウンドが「スポーツカーに乗っているぞ~」と、
言った感じでテンションをあげてくれます。

普段は気になる振動や大きめのエンジン音もスポーツカーなら
全く気になりません。
今回は、ルーフをオープンにしていたので、
エンジン音がダイレクトに聞こえ、とても心地良かったです。

そして、新型コペン セロ(CERO)アクセルを踏み込んで発進。

ただ、レスポンスはあまり良くありません。
アクセルをある程度踏み込んでいくと、
ようやく重みのあるエンジン音とともに加速していきます。

今回新型コペン セロ(CERO)に登載されているエンジンは、
ターボエンジン。なので、パワーは十分。

低速域からしっかりとトルクを感じる乗り心地は、良かったです。
また、実際のスピード以上に加速力を感じる乗り心地も良かったです。

同乗したディーラーさんの話では、先代モデルと比べると
ヤンチャな感じは無くなったと言っていました。
しかし、新型コペン セロ(CERO)でも十分にスポーツカーらしい
乗り心地・加速力を楽しむ事ができました。

コペン セロ 発進時の不満

実際にアクセルを踏み込んでからの加速力やトルクの感じは、
とても良かったのですが、今回試乗していて気になった事が・・・。

それは、アクセルフィールとレスポンスの悪さ。

新型コペン セロ(CERO)をアクセルを踏み込んで気になったのですが、
思ったよりも遊びが多く、予想以上にレスポンスが悪い・・・。

もっさり感と言うか、結構アクセルを踏み込まないと発進していきません。
発進後の加速力やトルク感はともて良いですが・・。

このアクセルの遊びの感覚は、他のダイハツの軽自動車と
まったく同じだと思いました。

もし新型コペン セロ(CERO)で、スポーツカーらしいガッとした
飛び出しを楽しみたいなら、発進時に思い切ってアクセルを
踏み込まないといけないのかなと思いました。
(今回の試乗では、試す事ができませんでしたが・・・)

個人的にはもう少し遊びを減らしてスポーツカーらしい
キビキビとしたセッティングにしても良いのかなと感じました。

また、この遊びの大きいセッティングはブレーキも同様。
ブレーキに関しても、予想以上に遊びが大きく
慣れるまでがちょっと大変でした。

ここら辺のセッティングは改善の余地があるのかなと、思いました。

<次のページに続く>
次ページ
中速域からの加速は、大満足!?

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ