【超ラクだけど…】ルーフ開閉を確認|コペン セロの試乗の感想④

コペンセロ画像0011

ダイハツから新型コペン(COPEN)の第3弾セロ(CERO)が
発売されたので、先日、試乗に行ってきました。

新型コペン セロ(COPEN CERO)の特徴の一つが、先代モデルから
引き継がれている電動開閉式のルーフ

この電動開閉式のルーフは、競合車のホンダのS660には無い、
新型コペン セロ(COPEN CERO)の良い部分ですよね。
なんせ、ホンダのS660は手動で行わなければいけないので、
ちょっと面倒です。

そんな新型コペン セロ(COPEN CERO)の電動開閉ルーフですが、
このクルマを試乗した際、何回も試さしてもらいましたが、スッゴイ便利。

アっと言う間に、ルーフの開閉ができました。
しかし、実際に操作してみると、色々な注意点もわかってきました。

※2015年6月27日の記事です。

注意点① ロール式の仕切りを事前に準備

新型コペン セロ(COPEN CERO)のルーフを開閉するには、
荷室・トランクに装備されているロール式の仕切りをこのように
用意しておかないといけないみたいです。

ちなみに、このクルマのロール式の仕切りを
格納すると、このように広い荷室・ラゲッジスペースになります。
大きい荷物を積むときなどは、コチラの方が便利そうですよね。

このロール式の仕切りは実は新型コペン セロ(COPEN CERO)の
ルーフのリアのガラス部分を保護するもの。
なので、このロール式の仕切りはとても重要なアイテムのようです。

なので、このようにセットしていないと、新型コペン セロ(COPEN CERO)の
ルーフの開閉はできないような設定になっているようです。

ルーフをオープンしようとしても作動しない・・・
なんて時は荷室・ラゲッジスペースのこの仕切りを確認した方が
良いかもしれませんね。

注意点② 雨水に注意

注意点② 雨水に注意

新型コペン セロ(COPEN CERO)のルーフは、電動式でそ
のまま荷室・ラゲッジルームに格納される設計になっています。

雨が降った後にルーフをオープンすると、
濡れたままのルーフが荷室・ラゲッジスペースに格納されてしまいます。
なので、水滴が垂れて、荷室に置いておいた荷物が濡れる可能性も・・・。

実際私が新型コペン セロ(COPEN CERO)を試乗したのは、雨が上がった直後でした。
私が試乗する前に他のドライバーさんがルーフ操作したので、
荷室・ラゲッジルームに屋根から落ちた水滴で少し濡れていました。

雨が降った後のルーフの開閉操作は、注意が必要だと思いました。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ