コペンセロクーペを画像で比較、市販のオープンカーとの違いは?

東京オートサロン0002

2016年1月15日から開催された東京オートサロン2016のダイハツ
ブースで注目を集めていたのが、“コペンセロ クーペ コンセプト”。

今回この東京オートサロン2016で初出展された”コペンセロ クーペ”は、
電動開閉式ルーフではなく、固定式ルーフになっているのが特徴。

そのためルーフからリアまで一体化された流線形のようなデザインに
なっており、高級感のある艶やかな印象を持ちました。

そんな”コペンセロ クーペ”ですが、ベースとなっているオープンカーモデルと
どこが違うのか気になったので、実際の画像を使って比べてみました。

※2020年10月8日の記事です。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ

比較3:リアから

また、”コペンセロ クーペ”と市販されているオープンカーモデルの
リアからのデザインもまったく異なります。

それぞれのモデルのリアからのデザインは、このようになっています。

■コペンセロクーペ

■オープンカーモデル

まずこの2台の車を見て気が付いたのは、リアガラスのデザイン。

このように斜め後ろから見ればわかりますが、オープンカーモデルの
リアガラスの方が垂直に立っているデザインになっています。

一方、東京オートサロンに出展されていた”コペンセロ クーペ”は、
リアスポイラーまで一体感のあるデザインになっているので、
リアガラスはこのように傾斜的なデザインに・・・。

今回は”コペンセロ クーペ”に乗ることはできなかったのですが、
後方の視界も異なるのかなと思いました。

後方もガーニッシュに注目

また、”コペンセロ クーペ”とオープンカーモデルのリアからの
デザインの違いの一つが、フロントマスク同様にガーニッシュを採用しているところ。

■コペンセロクーペ

■オープンカーモデル

今回東オートサロンでは、ダイハツのエンブレム下の部分に
メッキ調のガーニッシュを採用。

高級感のあるインパクトのあるボディデザインになっていました。

また、”コペンセロ クーペ”で気になったのは、エンブレム。
もうすでに市販化されているモデルでは、右下の方にこのような
“コペンセロ”のエンブレムを装備。

しかし、”コペンセロ クーペ”ではこのようなエンブレムが無いのが
少々不思議に思いました。

今回東京オートサロン2016で初出展された”コペンセロ クーペ”は、
このようにルーフのデザインだけでは無く、ガーニッシュを上手に
使うことによって高級感・上質感を表現しているような感じがしました。

この”コペンセロ クーペ”は、東京オートサロン2016でも
かなり好評だったようです。

着せ替えだけでクーペデザインにできるようなので、是非ともこのまま
市販化してもらいたいですね。

発売をしたら人気が出そうですよね。

商品詳細