キャスト アクティバの内装のデザイン|ムーブ/ムーヴの部品を流用!?

また、内装のデザインやカラーもアクティバ(ACTIVA)や
スタイル(STYLE)で異なります。

そんなダイハツ キャスト(CAST)の内装のデザインですが、
ベースになっているムーブ/ムーヴ(MOVE)から部品を流用したのかも!?
と、思う部分も・・・

そんなキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の内装のデザインを紹介します。
また、ベースになっているムーヴ/ムーブ(MOVE)との内装のデザインを
比較してみたいと思います。

※2015年8月30日の記事です。

Chapter
キャスト アクティバの内装デザイン
インパネのカラーは、基本はブラック×シルバー!?
メーターは、マルチインフォメーションディスプレイを採用!?
キャストの内装は、ムーブにソックリ!?

キャスト アクティバの内装デザイン

インパネのカラーは、基本はブラック×シルバー!?

ダイハツから発売されるキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の内装の
デザインは、このようになっています。

ベースは、ブラックカラー。
そして、アクセントカラーにシルバーが採用されています。

キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の内装のデザインは、ブラックが
基調になっているので、競合車のスズキのハスラー(Hustler)に比べて、
シックな雰囲気ですね。

落ち着いた、スタイリッシュな感じの内装に思いました。

また、今回発売されるキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の内装・インパネは、
かなり厚みがあり、迫力があるデザインのように感じました。

ちなみに、こちらが競合車のスズキのハスラー(Hustler)のインパネのデザイン。

こちらの方がスッキリとしていますよね。
ちなみに、スズキのハスラー(Husltler)では、ボディカラーにマッチした
内装色になっています。

このハスラー(HUstler)のインパネがカーキ色なのは、
ボディがカーキ×ホワイトの2トーンの時。

このようにボディカラーとマッチした内装カラーが標準装備されます。

しかし、これはメーカーオプション。
ハスラー(Hustler)のように標準装備になっていません。

この点は少しハスラー(Hustler)が羨ましく思っちゃいました。

メーターは、マルチインフォメーションディスプレイを採用!?

ただ、もうすでに流出したキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の画像を見る限り
メーターに関しては、ハスラー(Hustler)よりもコチラの方が良さそうです。

キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の画像を見る限りメーターは、
スピードメーターとタコメーターの複眼式メーターを採用しているみたいです。

メーターのデザインは、この画像を見る限り、
ベースになっているムーブ/ムーヴにそっくりですね。

(これは、ムーブのメーターデザインです。)

また、アクティバ(CAST ACTIVA)の2つのメーターの中央には、
マルチインフォメーションディスプレイを標準装備。

マルチインフォメーションディスプレイは、情報量も多く、
見た目にもオシャレなので良いですよね^^

このムーブのメーターを見ていると、軽自動車のメーターのレベルを
はるかに超えています。

一方、ハスラー(Hustler)のメーターは、スピードメーターのみの
一眼式のメーター。

ハスラー(Hustler)のメーターの下の部分には、液晶画面が付いており
様々なアニメーションを表示して楽しませてくれるのですが、個人的には
情報量が多いキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の方が良いように感じました。

キャストの内装は、ムーブにソックリ!?

今回、ディーラーの販売マニュアルで初めてキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の
内装のデザインを見せてもらったのですが、ちょっと気になった事が・・・。

それは、ところどころキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の内装の部品やパーツが
ベースになっているムーヴ/ムーブ(MOVE)にソックリな事・・・。

こちらがキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の内装・インパネのデザイン

そして、こちらがベースになっているムーヴ/ムーブ(MOVE)の
インパネのデザイン。

キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の方が、インパネに厚みがあり、一見すると
まったく違うようなデザインに見えますよね。

しかし、ハンドルやエアコンのコントローラー部分、また、シフトレバーを
見比べると、ソックリ。

キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)のインパネの中央にあるシフトレバーや
エアコンコントローラーは、カラーが異なります。

しかし、ハンドルに関しては、スポークス部分のシルバーの加飾や
ハンドルの左側のスイッチまで瓜二つ。

こちらがキャスト(CAST)のハンドルのデザイン。

そして、こちらがムーヴ(MOVE)のハンドルのデザイン。

ソックリですよね。

おそらくコスト削減のためにムーヴ/ムーブ(MOVE)の部品を
そのまま流用したのでしょうね・・・。

ダイハツから発売されたダイハツ キャスト(CAST)は、全く新しい新モデルです。
なので、個人的にはまったく新しいデザインにして貰いたかったです。

キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の内装・インパネの画像デザインを見て、
ベースとなっているムーヴ/ムーブ(MOVE)と似ている部分・パーツが多くて、
少しショックでした。

ただ、実際にキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)を見ると、
この部品流用がまったく気にならないかもしれませんがね^^

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ