ダイハツ キャストの内装レビュー1|アクティバのインパネはシンプル!?

キャストアクティバ画像0016

2015年9月9日に発売されたダイハツの新型キャスト(CAST)。

発売前から注目を集めていたキャスト(CAST)が、
遂に先日、発売されました。

私も発売日にこのクルマを見てきたのですが、思ったよりも良い感じ!

思ったよりも丸っこいデザインで、タフロードやオフロードよりも
街中を運転するのにピッタリのSUVタイプの軽自動車なのかなと思いました。

そんなキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の内装・インテリアの写真・画像を
撮りながら、スミズミまで確認してきたので、紹介したいと思います。

※2015年9月11日の記事です。

運転席側のスイッチ類

キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)では、全グレードを通じて
プッシュ式のスタートエンジンを採用。

新型シエンタ(SIENTA)など下位グレードでは、未だにキーを差し込んで
エンジンを立ち上げるタイプのモデルがあります。
この事を考えると、ダイハツのキャスト アクティバは、良心的ですね。

そして、このプッシュ式のスタートエンジンは、ハンドルの右側にあり
このようなデザインになっています。

インパネのカラーがブラックなので、スタートエンジンボタンのまわりの
メッキ調の加飾がオシャレですよね。
なかなか良いデザインだと思いました。

また、ハンドルの下には、アイドリングストップの解除スイッチや、
ダイハツの安全装備システム”スマアシ(スマートアシスト)”の
解除スイッチなどが設置されていました。

このスイッチに関しては、あまり操作する機会は、少なそうですね。

また、これらのアイドリングストップの解除スイッチの下には、
小さな収納スペースが・・・。

運転中にキャスト(CAST)のスマートキーを置いておくのに良いと思いました。

送風口&運転手側のドリンクホルダー

また、キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の送風口は、このようになっています。

また、この送風口は閉じるとオシャレ。
閉じた時はこのようなデザインになっています。

閉じたときの中央部のシルバーの加飾がオシャレだと思いました。

また、キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の運転席側の送風口の前には、
備え付けのドリンクホルダーを装備。

このようにペットボトルを置いても、
ウィンカースイッチに干渉せず、使い勝手が良いのが好印象でした。

<次のページに続く>
次ページ
インパネ中央

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ