ダイハツ キャストの内装レビュー1|アクティバのインパネはシンプル!?

キャストアクティバ画像0016

2015年9月9日に発売されたダイハツの新型キャスト(CAST)。

発売前から注目を集めていたキャスト(CAST)が、
遂に先日、発売されました。

私も発売日にこのクルマを見てきたのですが、思ったよりも良い感じ!

思ったよりも丸っこいデザインで、タフロードやオフロードよりも
街中を運転するのにピッタリのSUVタイプの軽自動車なのかなと思いました。

そんなキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の内装・インテリアの写真・画像を
撮りながら、スミズミまで確認してきたので、紹介したいと思います。

※2015年9月11日の記事です。

Chapter
キャスト アクティバの内装の画像レビュー
インパネ全体
運転席側のインパネ
ハンドル
運転席側のスイッチ類
送風口&運転手側のドリンクホルダー
インパネ中央
カーナビ
シフトレバー&エアコンコントロールパネル
インパネ中央の送風口
助手席側のインパネ
オープントレイ
グローブボックス
助手席側のドリンクホルダー

キャスト アクティバの内装の画像レビュー

インパネ全体

キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)から発売された内装・インパネは、
このようになっています。

今回私が見たキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の内装は、
ブラックが基調になっており、シルバーがアクセントカラーに入った、
標準装備のインテリア。

思ったよりもシンプルですね。

もうすでに流出画像で見ていて、ある程度覚悟をしていましたが、
実際に運転席や助手席に乗ってみて、やはりシンプルなデザインだな~っと
思ってしまいました。

ちなみに、こちらがキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の競合車の
スズキ ハスラー(Hustler)のインパネのデザイン。

キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の方がインパネにカラーパネルを
使っているので、やはりカラフルですよね。

キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の内装を見た時、メーターのデザインなどに
高級感は感じましたが、正直初めてハスラー(Hustler)を見た時のような
ワクワク感は、ありませんでした。

キャスト(CAST)のボディカラーが結構ポップなデザインなので、
もう少し内装・インテリアもポップで明るい雰囲気にしても良かったのかなと
思いました。

ちなみに、キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)でもボディーカラーによっては、
オプションでインテリアカラーをブルーやオレンジに変更が可能です。

スズキのハスラー(Hustler)はこのようなカラーパネルが標準装備なのに・・・
と、考えると、ちょっと残念です。

このようなカラフルなデザインにするとハスラー(Hustler)のパクリに
なっちゃうと思うのでどうかと思いますが、キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)も
もう少しポップなデザインにして貰いたかったです。

いきなり辛口レビューになってしまいましたが、
パーツや装備のひとつひとつの作り・デザインは、とっても良かったです。

ハンドルやシフトレバーの肌触りやグリップ感は、スズキのハスラーよりも
キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の方が圧倒的に良かったです。

その点に関しては、キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)はかなり好印象でした。

<次のページに続く>
次ページ
運転席側のインパネ

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ