キャスト アクティバとハスラー比較1|インパネの色使いが違う!?

キャストアクティバ画像0023

2015年9月9日に3つの異なるデザインを有する新車
ダイハツ キャスト(CAST)が新発売されました。

その中の一つが車高が他の2つのモデルよりも高くなっている
SUVスタイルのダイハツのキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)。

このダイハツから発売されているキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の
競合車の一つが、スズキから発売されているカジュアルな軽SUVのハスラー。

この2台のクルマは内装・インテリアにポップなカラーを
使用しているなど共通点も多くなっています。

そんなキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)とハスラー(Hustler)の
内装・インパネのデザインを比べてみたいと思います。

※2015年9月22日の記事です。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ

比較2.内装・インパネの色使いが異なる!?

同じカラフルな内装・インパネのデザインを用意している
キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)とハスラー(Hustler)ですが、
色使いはかなり違うと感じました。

キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)では、オレンジカラーの内装色・インパネを
用意していますが、あくまでも”オレンジ”はワンポイントのアクセントカラー。

一方、キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)はオレンジやレッドなど
カラフルなパネルがメインのカラーとして使用されています。

改めてこちらがキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の
アクセントカラーがオレンジのインパネ。

そして、こちらがハスラー(Hustler)のインパネカラー

ハスラー(Hustler)の方がカラフルなパネルを多くしようしている分、
内装がハデな感じがしますね。

キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の方がダークグレーの部分が多くて、
オレンジカラーがワンポイントで入っていても違和感が無いように感じました。

私の妻はハスラー(Hustler)のこのレッドの内装を見たとき、
「ちょっと内装がハデ過ぎる」と、言っていました。

ハスラー(Hustler)のカーキ色の内装は落ち着いているので良いかもしれませんが、
内装色によっては好き嫌いがハッキリとわかるのかもなと思いました。

個人的にもこのこの2台のクルマの内装・インパネのデザインだけを見比べたら
ハデ過ぎないキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の方が好みでした。

ただ、ドアパネルを比べると状況は全く異なります。

ハスラー(Hustler)は、ドアアームレスト部分の側面にワンポイントで
入っているのみ。

ハスラー(Hustler)はインパネはハデですが、ドアの内側パネルのデザインは
かなりシンプルです。

一方、キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)のドアの内側パネルは少しハデ。
ドアトリム部分がオレンジ一色。

ドアパネルだけを見比べると、スズキの軽SUVのハスラー(Hustler)よりも
キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の方がハデさがあるなと感じました。

私は2台ともクルマを試乗した事があるのですが、ハスラー(Hustler)の
内装・インパネを実際に見た時、カラーパネルの部分が多すぎて少し
ノッペリとした印象をもってしました。

一方、キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の内装・インパネは、オレンジを
インパネに使用するにしても、上手な色使いになっているなと感じました。

商品詳細