スズキ ハスラーのドリンクホルダー。数と使い勝手を徹底レビュー

ハスラー画像0002

スズキから発売中の人気軽SUVのハスラー(Hustler)。

2015年12月に特別仕様車Jスタイル2を発売して、さらに売れ行きが
伸びたみたいですね。

このスズキから発売されているハスラー(Hustler)の人気の一つが
SUV車らしい使い勝手の良い収納スペース。

テーブル機能付きのインパネボックスなど便利な収納がスペースが盛りだくさん。
また、ドリンクホルダーのデザインや配置も他のクルマとは異なっており、
とってもユニーク。

そんなハスラー(Hustler)のドリンクホルダーの数や配置、使い勝手などを
徹底的に紹介していきたいと思います。

※2016年2月27日の記事です。

ペットボトルを置けるドリンクホルダー

また、ハスラー(Hustler)のドリンクホルダーでユニークだなと思ったのが、
こちらのスペース。

なんと、インパネ中央の下の部分にペットボトルを置くことが
できるドリンクホルダーが用意されています。

このスペースがドリンクホルダーになっているのは、ちょっと珍しいですよね。
だいたいココはゴミ箱などを置くためのスペースになっているので・・・・。

ただ、この位置のドリンクホルダーはフロア位置よりも若干高くなっており、
足が当たる心配が無いのはとても良いと思いました。

ドアの内側パネルにドリンクホルダーは?

また、ハスラー(Hustler)を見てちょっと珍しいと思ったのは、
このクルマのフロントドアの内側パネルには、ドリンクホルダーが
装備されていないこと。

最近多くのクルマではドアの内側パネルにペットボトルようのドリンク
ホルダーが装備されているクルマが多いですよね。

しかし、このスズキの人気軽SUVのハスラー(Hustler)はこのようにドアの
内側パネルには、雑誌や冊子をいれるスペースのみでドリンクホルダーは、
ありませんでした。

インパネ中央の下部のセンターロアポケットにペットボトル用の
ドリンクホルダーが装備されていますが。この部分にもあったら良かったに
と思いました。

<次のページに続く>
次ページ
後部座席のドリンクホルダー

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ