アルトワークスのシートのサイズ。ターボRSは異なる?

スズキの軽ホットハッチのアルトワークスが久々に復活しましたね。

私も先日試乗してきたのですが、加速力がハンパない!
軽くアクセルを踏むだけで、気持ちよく加速をしていきます。

また、 新型アルトワークス(Alto Works)の特徴の一つがフロントシートに
レカロシートを採用しているところ。

今回新型アルトワークス(Alto Works)に採用されているレカロシートは
軽自動車のサイズにあわせた専用のデザインになっているようですが、
私が座った感じだとちょっとタイトな印象を持ちました。

そんな新型アルトワークス(Alto Works)のレカロシートのサイズは
どれくらいなのか、また、ベースとなっているアルトターボRSと
シートサイズに違いがあるのか確認してみました。

※2016年3月3日の記事です。

Chapter
新型アルトワークスとターボRS シートサイズ比較
座り心地はサイズ以上の違いを感じる
アルトワークスの着座位置の高さにも注目

新型アルトワークスとターボRS シートサイズ比較

今回新発売された新型アルトワークス(Alto Works)のフロントシートに
採用されているレカロシートは、このようなデザインになっています。

一方、アルトターボRSのシートはレカロシートではなく、ごく一般的なシートを採用。

ベースとなっている新型アルトと異なる専用シートになっており、
軽自動車としてはサイドのサポートなどがシッカリとしている印象を持ちました。

そして、この2台のクルマのそれぞれのフロントシートの
シートサイズはこのようになっていました。

■アルトワークスとターボRSのシートサイズ比較
・アルトワークス
背もたれの高さ:870mm
シートの幅    :465mm
座面の高さ    :345mm
シートリフター:無し
・ターボRS
背もたれの高さ:860mm
シートの幅    :465mm
座面の高さ    :320~360mm
シートリフター:無し

若干新型アルトワークス(Alto Works)の方が背もたれが大きいですが、
シートサイズ自体はそれ程大きく変わりませんでした。

座り心地はサイズ以上の違いを感じる

このようにシートサイズはほぼ変わらないのにも関わらず、
実際に新型アルトワークス(Alto Works)とアルトターボRSのシートに
座ってみると、座り心地は全く異なります。

実際に運転席に座ってみると、レカロシートを採用している
新型アルトワークス(Alto Works)の方が横幅が小さく、少しタイトな感じがしました。
おそらくサイドの張り出しが大きい事が理由だと思いますが・・・

私の体型は中肉中背なのですが、このクルマのレカロシートでは
少し窮屈かなと感じました。

なので、恰幅のよい方がこの新型アルトワークス(Alto Works)の
レカロシートに座るのは、ちょっと厳しいのかなと言った印象を持ちました。

アルトワークスの着座位置の高さにも注目

また、新型アルトワークス(Alto Works)とアルトターボRSのシートサイズを
見て面白いと思ったのは、座面の高さ。

今回新発売された新型アルトワークス(Alto Works)を試乗した際、
アルトターボRSよりも着座位置が高く、天井まで近いように感じました。

また、この高い着座位置のおかげで少しスポーティーさに欠ける印象があり、
少し残念に思えていました。

今回この2台のクルマのシートサイズを見ると、ターボRSのシートを
リフターで一番下まで下げた数値よりも新型アルトワークスのレカロシートの
座面の方が25mm程度高くなっていました。

このシートの着座位置の高さの違いが、腰高感や運転席からの視界の違いに
大きく影響を与えているのかなと思いました。

また、新型アルトワークス(Alto Works)にもアルトターボRSと同様に
シートリフターを装備して貰いたかったなと思いました。

今回新型アルトワークス(Alto Works)とアルトターボRSのシートサイズを
比べたところ、このようになっていました。

しかし、実際のシートの座り心地は全く異なります。
新型アルトワークス(Alto Works)のレカロシートを採用しており、
ちょっとタイトで硬めの座り心地。

タイト感や座り心地がアルトターボRSと全く異なるので、購入前には
しっかりとシートの座った時の感触やアイポイントなどを確認をしてみてくださいね。

このレカロシートの欠点が解消されていれば、もっと良かったのに・・・。
走り心地などは良かっただけに、ちょっと残念に感じてしまいました。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ