サイズ&メーカーはラパンと異なる!?アルトのタイヤをレビュー

新型アルト画像0063

2014年12月にフルモデルチェンジをして8代目となった
新型アルト(ALTO)が発売されましたね。

今回の新型アルト(ALTO)のコンセプトは原点回帰のようですが、
その言葉の通り今回新発売されたこのクルマの見た目はクラシックなデザインに・・・。

この見た目のインパクトのある外見・エクステリアも人気で売れ行きは
なかなか好調みたいです。

そんな新型アルト(ALTO)ですが、個人的に気になったはタイヤのデザインとサイズ。

このクルマに搭載されているタイヤブランドとサイズが気になったので、
先日試乗した時に確認をしてきました。

また、新型アルト(ALTO)の派生モデルでもあるラパン(LAPIN)とタイヤの
デザインや採用されているメーカーなどに違いがあるのか確認してきたので紹介します。

※2016年4月2日の記事です。

タイヤブランドも異なる!?

また、新型アルト(ALTO)とラパン(LAPIN)では装備しているタイヤはともに
低燃費タイヤだったのですが、メーカー&ブランドに違いがありました。

先ほど申し上げたとおり新型アルト(ALTO)に装備されていたタイヤは、
ブリヂストンの低燃費タイヤブランドの”エコピア”。

一方、ラパン(LAPIN)に装備されていたタイヤはダンロップの低燃費タイヤの
エナセーブ(ENASAVE)。

私が実際にこの2台のモデルを試乗した印象では乗り心地が違うように
感じましたが、タイヤサイズやメーカーの違いも影響しているのかなと思いました。

今回新発売された新型アルト(ALTO)とラパン(LAPIN)に装備されているタイヤは、
このようにサイズもメーカも異なっていました。

この2台のクルマでどちらを購入しようか迷っている方はタイヤのデザイン
だけではなく、乗り心地などもしっかりと確認してみてくださいね。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ