8人乗りソファーシート画像レビュー。エスティマの2列目シート

トヨタ エスティマ 2016

流線型のデザインで人気のトヨタの人気ミニバンのエスティマがビッグマイナーチェンジをして、新発売されましたね。今回も先代モデルと同様に2列目シートが独立したキャプテンシートになっている7人乗りとソファーシートになっている8人乗りを用意。先代モデルと同様にエスティマ(ESTIMA)でも独立キャプテンシートになっている7人乗りの方が相変わらず人気が高いようですが、実際に見てみると8人乗りの2列目ソファーシートも使い勝手が良さそうに感じました。ただその一方、欠点・デメリットもありましたが・・・。そんなエスティマ(ESTIMA)の8人乗り用の2列目ソファーシートの様子やメリット・デメリットを詳しく紹介したいと思います。

2016/8/2

メリット2:子供の面倒を見るのが便利

また、エスティマ(ESTIMA)の8人乗りのメリットの一つが、子供の面倒を見るのに便利と言うこと。

このクルマに限らず2列目がソファーシートになっているミニバンのオーナーさんに話を聞くと、「独立キャプテンシートよりもソファーシートになっている方が子供のお世話をしやすい。」と、言っている方が多いです。例えば、子供のオムツ交換。8人乗りの場合、2列目ソファーシートに子供を寝かせて、スライドドアの外側からオムツ替えをすれば立った状態で行えるのでとってもラクとの事。また、小さい子供がクルマの中で横になる時は、7人乗りの独立したキャプテンシートではなく座面がフラットなソファーシートの方が便利との声も良く聞きます。

エスティマ(ESTIMA)の7人乗りの独立キャプテンシートを中央に寄せればソファーシートのようになりますが、真ん中に隙間ができてしまいます。なので、横になったときの寝心地はあまり良くありません。

このように考えると、小さなお子さんがいるご家庭では独立キャプテンシートを採用している7人乗りよりも、2列目の使い勝手が良いソファーシートの方がピッタリなのかなと思いました。

エスティマ ソファーシートのデメリット・欠点

このように荷室・ラゲッジスペースの奥行きが広くなるなどメリットもあるエスティマの8人乗りの2列目シートですが、欠点・デメリットも・・・。私が実際に気になったデメリット・欠点を紹介します。

<次のページに続く>
次ページ
欠点1:グレード設定