木目調パネルはどうだった?エスティマ プレミアムGの内装画像

トヨタ エスティマ 2016

トヨタのエスティマ(ESTIMA)が2016年6月にビッグマイナーチェンジ。先代は標準車と上級モデルのアエラスを用意していましたが、今回のビッグマイナーチェンジでアエラスに一本化。また、各グレード名も大幅に変更しました。そんなエスティマ(ESTIMA)ですが、最上位グレードになっているのが内装のデザインや機能に上級感のある”アエラス プレミアムG”。先日、この”アエラス プレミアムG”を短時間だけ見せて貰ったのですが、他のグレードとはやはり若干違う気が・・・・。このエスティマ(ESTIMA)のアエラス プレミアムGの内装・インテリアの画像を少しだけですが、撮らせてもらったので紹介したいと思います。

2016/8/1

Chapter
エスティマ プレミアムGの内装:インパネ編
装備その1:ハンドルのデザイン
装備その2:シフトレバーのデザイン
装備その3:ドア内側パネルのデザイン
エスティマ プレミアムGの内装:シート編
プレミアムGのシートは、座り心地も異なる

エスティマ プレミアムGの内装:インパネ編

今回私が見せて貰ったのはエスティマ(ESTIMA)のガソリン車の最上位グレード”アエラス プレミアムG”。

この最上位モデル”アエラス プレミアムG”の内装・インパネは、このような感じ。

ちなみに、こちらはブラックのインパネをしたエスティマ(ESTIMA)の一つ下のグレード”アエラス プレミアムスマート”の内装・インパネ。


同じブラックカラーをベースにしたインパネを使用していますが、木目調のデザインがあるだけで、ずいぶんと印象が異なる感じが・・・。

やはりブラウンの木目調パネルを使用している上位グレードの“アエラス プレミアムG”の方が大人っぽくシックな印象を持ちました。


また、このエスティマ(ESTIMA)のプレミアムGの内装・インテリアは、木目調パネルがハンドルやシフトレバーなどピンポイントで使用されているだけなので、スタイリッシュさや上級感を損なっていないのも高ポイントでした。

そんなオシャレなエスティマ(ESTIMA)の”アエラス プレミアムG”の内装やインパネですが、次のようなパーツや装備に木目調のデザインが採用されていました。

装備その1:ハンドルのデザイン

今回ビッグマイナーチェンジをしたエスティマ(ESTIMA)の“アエラス プレミアムG”は、このように本革巻きと木目調のコンビハンドルを採用。

ハンドル上部が木目調パネルになており、オシャレな雰囲気ですよね。木目調のカラーも安っぽさが無いのが個人的には好印象でした。


また、今回このアエラスプレミアムGに採用されているこのコンビハンドルは、上部のみ木目調のデザインを採用。実際にハンドルに手を添える部分は、本革部分になっており、握り心地・グリップ感も良好。

また、私はこアエラス プレミアムGのガソリン車を試乗させて貰ったのですが、大きなカーブを曲がる時など木目調部分に手を触れても、違和感は全くなし。

本革部分と比べると、木目調の部分は若干スベスベとした握り心地・グリップ感でしたが、まったく気にすることなく運転する事ができました。

このエスティマ(ESTIMA)のプレミアムGに採用されている木目調×本革のコンビハンドルは、なかなか良いデザインだと思いました。

<次のページに続く>
次ページ
装備その2:シフトレバーのデザイン