【座り心地・足元空間はどう?】新型エスティマ3列目シート画像レビュー

トヨタ エスティマ 2016

2016年6月、トヨタのエスティマ(ESTIMA)がビッグマイナーチェンジ。エスティマ(ESTIMA)ですが、先代モデルと同様に最大3人座れる3列目シートを用意しています。そして、この新型モデルの3列目シートの格納方法は、先代モデルと同様に床下に収納する方式を採用。そのため、運転席や2列目シートなどに比べて、3列目シートの作りやデザインは若干シンプルになっています。また試乗した際に確認してみたのですが、座り心地や足元空間にも気になる点が・・・。そんなエスティマ(ESTIMA)の3列目シートの座り心地や足元空間の広さを確認してきたので、紹介したいと思います。

2016/8/1

Chapter
エスティマ 3列目画像レビュー1:デザイン編
3列目シートの格納は少し大変
エスティマ 3列目画像レビュー2:機能編
3列目シートのリクライニング幅も十分
エスティマ 3列目画像レビュー3:快適性編
3列目シートの足元空間も狭め

エスティマ 3列目画像レビュー1:デザイン編

エスティマの3列目シートは、このようなデザインになっています。

ちなみに、こちらはエスティマ(ESTIMA)の上から2番目のモデル“アエラス プレミアムスマート”のホワイトの内装色の3列目シート。

3列目シートに採用されている素材はグレードによって異なりますが、フロントシートやセカンドシートと全く同じ素材が使用されています。なので、上記の”プレミアム スマード”では、3列目シートに2列目やフロントシートと同じ素材の合成レザーが採用されていました。

また、ビッグマイナーチェンジをした新型エスティマ(ESTIMA)の人気グレード”アエラス プレミアム”の3列目シートも、セカンドシートやフロントシートと同様の合成レザー×トリコットが採用されていました。

このように3列目シートも他のシートと同様の素材を採用しており、デザイン性が損なわれていないのは、個人的には良いと思いました。

また、エスティマ(ESTIMA)の最上位モデル”アエラス プレミアムG”を除いて、3列目シートの床下への収納・格納は手動になっております。実際にこの新型モデルの3列目シートを格納すると、このような感じ。

床下収納なので、3列目シート格納時でも荷室の横幅が狭くならずスッキリとしたデザインになっているのはとても良いと思いました。

3列目シートの格納は少し大変

このように3列目シートを格納した時にスッキリとしたデザインになるのは好印象だったのですが、実際に収納操作をしてみて気になったのは、格納時に若干チカラが入ること。

エスティマの3列目シートは6対4分割方式になっているのですが、特にシートが大きい右側を格納する時はちょっと大変。

男性の私でも「よっ!」と、最初少しチカラを入れないと3列目シートを持ち上げて格納する事ができません。男性の私でも少し重たいと感じるので、女性では少し大変なのかなと感じました。

もしエスティマ(ESTIMA)の試乗をされる際は、3列目の格納のしやすさもしっかりと確認した方が良いのかなと思いました。


<次のページに続く>
次ページ
エスティマ 3列目画像レビュー2:機能編