標準車との違いは何?ホンダ フリードプラス(Freed+)のソファーシート徹底解説!シートアレンジも合わせて紹介

ホンダ フリード+ 2016

今回はホンダ フリードプラス(Freed+)の2列目のソファーシートについて紹介します。フリードプラス(Freed+)は、2016年9月に初代フリードから2代目へとフルモデルチェンジが行われた時に、フリードスパイクから名前を変え、2代目フリードと同時に発売されました。

フリードプラス(Freed+)は、ラゲッジルーム(荷室)の広さや使い勝手を重要視した5人乗りモデルとなっており、リアシート(後部座席)にはソファーシートを採用しています。そのため、ベースとなっている3列シートのフリード(Freed)の7人乗りモデルとは若干デザインや機能が異なります。

そんなフリードプラス(Freed+) の2列目シートはどのようなデザインなのでしょうか。また、ベースとなっているフリード(Freed)との違いはどこにあるのでしょうか。
フリードプラス(Freed+)の2列目シートを徹底的にレビューしていきたいと思います。

シートアレンジでホンダ フリードプラス(Freed+)の車内空間を有効活用!

ホンダ フリードプラス(Freed+)の2列目シートの仕様や構造について紹介してきました。新たにスライド機能が搭載され、左右独立型となったフリードプラス(Freed+)のリアシートはシートアレンジの幅が広がり、車内空間をより有効活用できるようになりました。

なんといってもシートアレンジでラゲッジスペースを最大まで拡張したときの居住空間の広さは、車中泊利用をしたいユーザーにとっては大きな魅力の1つです。

ホンダ フリードプラスでダブルフォールディングというリアシートの収納方法を採用したことで、リアシートをフラット状態にすることが可能になりました。シートのスライド機能も加わり、ラゲッジスペースの奥行きは最大1,920mmまで拡張できます。

フリードプラスに採用されたシートの収納方法とスライド機能のおかげで、フラットで広い空間の実現が可能になったといえるでしょう。このときの広さは、だいたいセミダブルベットくらいで、高さもラゲッジボードからの計測で880mmあるため、圧迫感も少なく、大人2人程度が横になるには十分な広さの空間が生まれます。

何より、フリードプラス(Freed+)のラゲッジルームはユーリティーボードにより上下2段構造になっており、ボード下のスペースはそのまま収納スペースとして使用可能です。

ラゲッジスペースを拡張しての車中泊は、荷物の収納スペースがなくなり、荷物の置き場に困りがちです。せっかく拡張した車内空間が、置き場に困った荷物で圧迫されて窮屈な空間になってしまっては、車中泊も楽しめません。

ホンダ フリードプラスなら、収納スペースの確保に困らない構造になっているので、居住空間もしっかり確保でき、のびのびと車中泊を楽しむことができるでしょう。

また、ホンダ フリードプラス(Freed+)のリアシートが機能性を発揮するのは車中泊利用の時だけではありません。釣竿やサーフボードなどの長さのある荷物を積み込みたい時は、片側シートだけをたためば、もう片方はそのまま乗員席として残すことができるため、多くの荷物を積みながらも3人の乗車を可能にしてくれます。

シートをたたんで拡張するほどではないけれど少し奥行きが足りない時は、スライド機能を使用して、ラゲッジルームの奥行きを広げれば、乗員の足元は多少狭くなってしまいますが、乗車人数を減らすことなく荷物を積むことが可能です。

逆に、荷物が少なければ、シートを最大限まで後方にスライドさせれば、足元の空間が広がり、ゆったりと座ることもできます。このように、6:4分割方式のシートだからできる左右独立したシートアレンジと、スライド機能をうまく利用すれば、乗車人数や荷物の大きさ・量に合わせて、無駄なく車内のスペースを活用することが出来ます。

日常はもちろん、レジャーやアウトドアなど様々な場面で活躍してくれることでしょう。

マイナーチェンジでホンダ フリードプラスはより上質なくつろぎ空間を実現!

ホンダ フリードプラス(Freed+)は2019年10月にマイナーチェンジが行われ、インパネには木目調を採用、シートは素材にこだわり見て触れて心地いいシートへと刷新されました。さらに、このマイナーチェンジでクロスオーバースタイルの新グレードCROSSTAR(クロスター)も追加されました。

マイナーチェンジ後、新しくなった標準グレードのシートカラーは2色。木目調のデザインにピッタリのブラウンを基調としたファブリックシートのモカと、黒を基調としたコンビシートのブラック(HYBRID G・Honda SENSING/B・Honda SENSINGのみ)です。

ブラックではプライムスムースという素材が採用されています。この素材は、汚れやシワに強く、しっとりとした質感で上質な空間を演出してくれます。

CROSSTAR(クロスター)には、遊び心を随所に感じられる専用インテリアが用意されています。シートは木目調のブラウンカラーを生かしたブラックカラーに、汚れの目立ちにくいデジタル柄を採用した専用コンビシートで、アウトドアの非日常感を表現したデザインとなっています。

今までのシート構造や機能性はそのままに、マイナーチェンジで新しくなったインテリアによって、より上質なくつろぎの空間を実現してくれるクルマとなりました。

フリードプラス(Freed+)のリアシートについて紹介してきました。先代モデルでは装備されていなかった後部席のスライド機能も装備され、車内の居住性・シートの使い勝手は比べ物にならない程良くなりました。

先代モデルの”スパイク”よりも格段に機能性がアップしたフリードプラス(Freed+)のリアシートは、このクルマの注目ポイントの1つです。その後のマイナーチェンジでも、その機能性の良さをしっかり残し、より上質なくつろぎ空間を届けてくれるクルマとなりました。

ぜひ一度試乗して、この機能性や居住性を体験してみてはいかがでしょうか。きっとあなたを大満足させてくれることでしょう。