【購入するならどれ?】スバル新型XVのおすすめグレードは何?

スバル XV 2017

インプレッサ スポーツから派生したクロスオーバーモデル新型XVが
フルモデルチェンジをして、2017年5月、スバルから新発売されましたね。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルもキープコンセプトで
“スポカジ(スポーツ&カジュアル)”スタイルを継承。ただ、この新型モデルは
先代モデルよりもさらにSUVらしいデザインになっているように感じました。

そんな新型XVですが、今回は1.6リットルモデルが新たに追加されて、
2.0リットルモデルあわせて4つのグレードをラインナップしています。

グレードによってエンジンの排気量、外装や内装の装備・機能が異なるため、
どのグレードを選択するか悩ましいところですが、どのグレードが一番おススメ
なのでしょうか?

私が一番おススメだと思うグレードを理由とともに紹介したいと思います。2018/1/10

Chapter
スバル新型XVのおすすめグレードを紹介
まず最初に購入候補から外れるのは…
2.0i-Lアイサイトは魅力的だけど…
スバル新型XVの一番のおすすめグレードは?
理由1:パワー&走破性
理由2:装備面の違い
2.0i-S アイサイトは機能面・装備面が充実

スバル新型XVのおすすめグレードを紹介

先ほども申し上げた通り、今回フルモデルチェンジをして新発売された
新型XVは、4つのグレードを用意してます。

■スバル新型XVのグレードラインナップ
・1.6i アイサイト
・1.6i-L アイサイト
・2.0i-L アイサイト
・2.0i-S アイサイト


まず最初に購入候補から外れるのは…

この4つのグレードの中で一番最初に購入候補から外れるグレードは、
最廉価モデルの”1.6i アイサイト”。

価格の安さは魅力の最廉価モデルの”1.6i アイサイト”ですが、個人的に
このグレードをおススメできない理由は、安全装備面。

この1.6iでもスバルの人気の安全装備システム”アイサイト(Eye Sight)”は、
標準装備されているのですが、さらに安全面を強化できるメーカーオプションの
“アドバンスド セーフティー パック”を装備をする事ができません。

アドバンスド セーフティ パックを装備すると、車線変更時に斜め後方から
クルマが接近しているかを教えてくれる”スバル リヤ ビークルディクテーション”が
追加装備されます。

私もこのスバル リヤ ビークルディクテーションを搭載したインプレッサを
試乗した事があるのですが、やっぱり便利。車線変更をする時の安心感が全く違いました。

この事を考えると、新型XVの最廉価グレードの1.6i アイサイトは、
他のグレードよりも若干見劣りをするのかなと思いました。

<次のページに続く>
次ページ
2.0i-Lアイサイトは魅力的だけど…