【スペアタイヤは装着できる?】スバル新型XV床下収納の画像レビュー

スバル XV 2017

街乗りからアウトドアやレジャーまで幅広い場面で活躍できるスバルの
クロスオーバーSUVの新型XVがスバルから新発売されましたね。

今回スバルから新発売されたこの新型クロスオーバー車は、競合車・
ライバル車よりも荷室・ラゲッジスペースはサイズが広く、大容量の
収納スペースを確保しているのも魅力の一つです。

また、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースのフロア下には、
それ程サイズは大きくないですが、荷室・ラゲッジスペースが用意されています。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型XVの荷室の下に用意
されている床下収納(サブトランク)は、どのようなデザインなのでしょうか?
また、スペアタイヤは装着できるのでしょうか?

先日、この新型モデルの展示車を確認した時に荷室・ラゲッジスペース下にある
床下収納(サブトランク)の使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。2017/5/21

スバル新型XVの床下収納には、スペアタイヤは装備できる?

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型XVの床下収納(サブトランク)は
このようなデザインになっていますが、スペアタイヤの用意はあるのでしょうか?

この新型モデルの床下収納にスペアタイヤを装着できるか確認をしてきたのですが、
テンポラリータイヤがオプションで用意されているので、装着する事はできるようです。

※ 以前、予約を開始直後に見積もりを貰った時はスペアタイヤの用意は無いと
ディーラーさんは仰っており、そのまま事実確認をせずに記事にしていましまいたが、
改めて確認したところ、オプションで”スペアホイールキット&テンポラリータイヤ”の
用意がございました。ご指摘を頂いた俊様、ありがとうございました。

このテンポラリータイヤの、エーカーオプション代は工賃を含めて、45,792円。

私はスペアタイヤを装着したモデルをまだ確認していないのですが、
スペアタイヤを装着すると、床下収納のデザインが変更され、収納スペースは
ほとんどなくなってしまうようです。

ちなみに、スペアタイヤを装着したインプレッサG4の床下収納は、
このようなデザインになっていました。


■インプレッサG4のスペアタイヤ

また、スペアタイヤを装着すると、イザと言う時の安心感はありますが、
車体重量や燃費などのデメリットもあります。

もし、新型XVにスペアタイヤの装着を検討しているのなら、
この欠点・デメリットもしっかりと考慮した方が良いかもしれませんね。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型XVの荷室下にある
床下収納(サブトランク)のデザイン&サイズは、このようになっていました。

このクルマの床下収納(サブトランク)は、競合車・ライバル車よりも狭め。
床下収納に納める事ができる荷物・アイテムが限られてしまうように感じました。
また、オプションでスペアタイヤを装着すると、床下の収納スペースが
さらに少なくってしまうようです。

このように小さな床下収納(サブトランク)は、競合車・ライバル車に劣る
欠点・デメリットの一つです。購入前にしっかりとサブトランクの広さや
使い勝手も確認してみてくださいね。