SUVの世界最高峰!ベントレー・ベンテイガの走りは!

ベントレー・ベンテイガ

2000年代以降、世界的なSUVブームがはじまり、ポルシェ・カイエンやBMW・X5など、これまでには考えられなかった高級SUVというカテゴリのクルマも登場しました。そして、2016年6月、高級SUVのさらに上をいく超高級SUVとして、ベントレーからベンテイガが発表されました。

2018/6/15

Chapter
ベントレー・ベンテイガ
ベンテイガの価格
ベンテイガの走り
ベンテイガを楽しめるか?

ベントレー・ベンテイガ

自動車の世界では、いわゆる高級車を扱うブランドの中を、プレミアムブランドとラグジュアリーブランドという2つのブランドにわけることがあります。前者はメルセデス・ベンツやBMW、アウディ、ジャガーなどが含まれ、後者にはロールスロイスや、そしてベントレーが含まれます。これは単純に価格の問題だけではなく、そのブランドが理想とする顧客像や歴史によって色付けられるものです。

プレミアムブランドによるSUVはすでにスタンダードになりつつありますが、ラグジュアリーブランドでのSUVは事実上ベンテイガが初めてであり、そうした意味で非常に衝撃的でした。

ベンテイガの価格

2019年モデルの価格は、2786万円〜となっていますが、実際にはオプションで300万円ほどは上乗せされるので、3000万円オーバーのモデルと言ってよいでしょう。

3000万円を超えるクルマはそもそも多くないですが、その中でもSUVに限って言えば、先日発表されたロールスロイス・カリナンが数少ない競合モデルであり、その他に強いてあげるならば、メルセデスAMG・Gクラスやランドローバー・レンジローバー、ポルシェ・カイエンの最上級モデルとなるでしょうか。また、2018年にはV8エンジンを搭載したモデルも発売されており、そちらは1994万6000円からとなっています。

さて、ほとんどの人に縁がないと思われる超高級SUVのベンテイガですが、ここではあえてレビューをしてみようと思います。自動車メディアを見ると、いくつかの試乗レポートを発見することができますが、その多くは「ものすごい」や「圧倒的」、「別世界」などの賛辞が並びます。

そもそもレビューをする編集者だったりジャーナリストだったりが、多くの場合ラグジュアリーブランドが対象とする顧客層からはかけ離れているため、顧客目線で評価できないことが原因ではないかと思います。

また、こうしたモデルの購入を検討する人はお金持ちだから「現金で買うのが普通」とか「燃費や維持費は気にしないし、気にする人はオーナーに向いていない」などといった都市伝説も耳にします。しかし、実際にこうしたモデルの購入を検討する層のほとんどは、もちろん多くの人から見れば「お金持ち」と言えるでしょうが、単にラグジュアリーブランドの購入を検討できる境遇にあるという以外は、多くの場合いわゆる大衆ブランドを購入する層と変わらないのではないでしょうか。

ということで、私自身ラグジュアリーブランドの顧客層であるかどうかはわかりませんが、今回の試乗ではできるだけ実際の顧客視点に立ってレビューしてみたいと思います。

<次のページに続く>
次ページ
ベンテイガの走り