おすすめのガーデンパラソル20選をタイプ別に徹底比較!|失敗しない選び方も解説

パラソル

※この記事には広告が含まれます

お庭でのバーベキューやお茶、子供がプールで遊んだり、ガーデニングやDIYを楽しんだりと、屋外で過ごすとき気になるのが「日差し」。

その対策として、『ガーデンパラソル』を選ぶ人が増えています。最近はお庭だけでなく、キャンプや海水浴で使用し、おしゃれにアウトドアを楽しむ人も多いです。

そんなガーデンパラソルですが、どんな特徴があって、どうやって選べばいいのかと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

この記事では、そんな悩みをもつ人に向けて、以下の3つを解説します。

・ガーデンパラソルの特徴
・ガーデンパラソルの選び方
・【タイプ別】おすすめのガーデンパラソル10選

最後まで読むことで、ガーデンパラソルについて知り、あなたにピッタリの商品を見つけていただけます!

CarMe編集部

新車・自動車ニュースのWEBマガジン「CarMe[カーミー]」を運営。
「カーライフを楽しむ全ての人に」を理念に掲げ、編集に取り組んでいます。

CarMe編集部
Chapter
ガーデンパラソルを利用する3つのメリット
ガーデンパラソルの失敗しない選び方
UVカット加工はUV遮蔽率をチェック
おすすめのガーデンパラソルの比較表
スタンダードタイプのおすすめガーデンパラソル4選
ハンギングタイプのおすすめガーデンパラソル3選
ハーフパラソルタイプのおすすめガーデンパラソル3選
【毎日更新】AmazonおすすめのガーデンパラソルランキングTOP10

ガーデンパラソルを利用する3つのメリット

ガーデンパラソルを利用するメリットは大きく分けて以下の3つ。

紫外線対策になる
・おしゃれ
・設営が簡単

それぞれ深掘りしていきます。

日差しを遮り紫外線対策ができる

日差しの強い日に屋外にいて、紫外線を浴び続けると、皮膚はもちろん目や髪にも悪影響を与えると言われており、危険です。

ガーデンパラソルは、日陰を作り出すことができて、UVカット加工が施されている商品もあるので、夏場でも日差しを気にせず、安心して外遊びが楽しめます。

見た目がとにかくおしゃれ

ガーデンパラソルは庭でも外出先でも、設置するだけで、場を華やかでおしゃれな雰囲気にしてくれます。

フリーマーケットで、いつも使っていたタープテントをガーデンパラソルに変えたら、来客が増え売り上げが上がったという話もあるほど。

ベージュやグリーン・ボーダー柄など、さまざまな色や柄の商品があるので、場の雰囲気にマッチした商品を選びましょう。

タープに比べ設営が簡単

同じ日除け目的のアイテムとして、タープと比較されることが多いですが、タープに比べ設営が楽という特徴もあります。

タープに比べ、少ない工程で完成しますし、固定する位置をそこまで選ばないといったメリットも。

キャンプでタープの代わりに、ガーデンパラソルを使用する人が増えているのもうなずけます。

ガーデンパラソルの失敗しない選び方

ガーデンパラソルを選ぶ際、重要なのは「タイプ」と「サイズ」です。

その他のポイントも合わせ、ガーデンパラソルの選び方をご紹介します。

タイプを選ぶ

ガーデンパラソルは大きく分けて、以下の3タイプ。

・スタンダードパラソル
・ハンギングパラソル
・ハーフパラソル

それぞれ特徴があり、用途や使用する場所によって、どれを選ぶかが変わってきます。

■スタンダードパラソル
パラソル

出典:Amazon

スタンダードパラソルは、基本的にガーデンテーブルの中心の穴に差し込んで使用します。

カフェのテラス席に設置してあることも多く、お庭で食事やお茶を楽しみたい人にピッタリです。

取り扱いが簡単で、バリエーションが豊富でおしゃれな反面、パラソルの中心に支柱があるため、プールやシートを広げるのには向かず、自由度は低いといえます。

■ハンギングパラソル
ガーデンパラソル

出典:Amazon

ハンギングパラソルは、ベースに固定し自立した支柱から、パラソルが吊り下げられているのが特徴です。

メリットは、なんといってもパラソルの下を広く使えて、自由度が高いということ。

夏場にお庭でプールをしたり、シートを広げてピクニックを楽しんだりするのに最適です。

■ハーフパラソル
ガーデンパラソル

出典:Amazon

ハーフパラソルは、その名の通りパラソルが半円形になっているのが大きな特徴

外壁や窓際に隣接して設置できるので、幅が狭いお庭やバルコニーに設置することが可能です。

サイズを選ぶ

サイズ選びのポイントは、何人で使うかをイメージすることです。

パラソルのサイズは直径で表示され、目安としては「人数×100㎝」と考えます。

例えば、パラソルの直径が270㎝なら、収容人数は2~3名といったところ。

設置する場所の広さもあらかじめチェックしておけば、悩むことなくサイズを選ぶことができます。

支柱の素材は金属製か木製がおすすめ

金属製と木製の支柱の特徴をそれぞれ解説します。

■金属製
ガーデンパラソル

出典:Amazon

金属製の支柱は、軽くて丈夫なので持ち運びが楽です。さらにパウダーコーティングが施してあれば、錆びにくく、雨にも強いのが特徴。

その反面、傷がつきやすく、衝撃に弱いといったデメリットがあります。

■木製
ガーデンパラソル

出典:Amazon

木製の支柱の特徴は、おしゃれで雰囲気が良く、衝撃に強いので折れたり曲がったりしにくいことです。

しかし、材質によっては、直射日光に弱かったり、雨などで濡れたまま放置するとカビが発生したりする可能性があります。

開閉方式

クランク式は、支柱にあるハンドルを回すとパラソルが開く構造になっており、小さな力で楽に開閉できるので、女性や年配の方におすすめです。

プッシュアップ式は、雨傘や日傘と同じで、支柱にあるボタンを押しながらパラソルを押し上げるシンプルな構造。操作は簡単ですが、クランク式と比べ開くのに力がいります。

他にも、ひもを引っ張って開くタイプもあります。

UVカット加工はUV遮蔽率をチェック

紫外線対策として使用するなら、UVカット加工の有無を必ずチェックしましょう。

基準として、UVカット率が90%以上あれば問題ありませんが、一般的に濃い色のほうがUV遮蔽率は高くなるので、気になる人はそちらを選びましょう。

パラソルの角度は調節可能か

パラソルの角度調節が可能な商品は、とても便利です。

太陽の傾きに合わせて角度調節すれば、パラソルの下を日陰の状態に保ち続けることができます。

海やキャンプなどで長時間屋外にいる場合は、簡単に角度調整できればとても快適です。

撥水加工があるほうが良い

パラソルに撥水加工が施してあるかも、チェックしておきましょう。

ガーデンパラソルが活躍する夏場は、夕立など突然の雨も多いです。しかし、撥水加工が施してあれば慌てて畳む必要がなく、乾くのに時間もかからないので、すぐに収納できます。

おすすめのガーデンパラソルの比較表

商品名 画像 最安値 特徴 スペック
‎サイズ 支柱の素材 開閉方式 UVカット加工 角度調節 撥水機能 ベースの有無

タカショー(Takasho)

ウッドパラソル 2.7m(270㎝) クランク付き

ウッドパラソル 2.7m(270㎝) クランク付き

天然木の支柱でおしゃれに紫外線対策

直径270cm×高さ252cm 天然木 クランク式 ◯(約90%) - - -

山善(YAMAZEN)

木製パラソル NMP-27 (270cm)

木製パラソル NMP-27  (270cm)

高いコストパフォーマンスで雨でも安心

直径270cm×高さ237cm 天然木 ひも式 - - -

不二貿易(Fujiboeki)

木製パラソル Ⅱ(210㎝)

木製パラソル Ⅱ(210㎝)

5つのカラーから選べるコンパクトモデル

幅193cm × 奥行193cm × 高さ222cm 天然木 ひも式 - - - -

不二貿易(Fujiboeki)

アルミパラソル(270㎝)

アルミパラソル(270㎝)

高機能なのにリーズナブル

幅244cm × 奥行244cm × 高さ234cm アルミニウム クランク式 - - -

LOWYA

ハンギングパラソル(290㎝)

ハンギングパラソル2.9m(290㎝)

大きいのにらくらくオープン

幅294cm×奥行300cm×高さ262cm アルミニウム クランク式 - - -

タカショー(Takasho)

ハンギングパラソル(250㎝)

ハンギングパラソル(250㎝)

簡単オープンでしっかりUVカット

幅250cm×奥行300cm×高さ260cm アルミニウム クランク式 ◯(99%) - -

東谷(Azumaya-kk)

RKC-529NA(294㎝)

RKC-529NA(294㎝)

持ち運べてアウトドアでも大活躍

幅294cm×奥行き300cm×高さ262cm アルミニウム クランク式 - -

東谷(Azumaya-kk)

RKC-524GR(286㎝)

RKC-524GR(286㎝)

角度調節可能なハーフパラソル

幅286cm×奥行き147cm×高さ255cm スチール クランク式 - - -

モダンデコ

ガーデンパラソル 半円タイプ(270㎝)

ガーデンパラソル 半円タイプ(270㎝)

晴れでも雨でもオシャレに過ごせる

幅270cm×奥行135cm×高さ243cm スチール クランク式 - -

不二貿易(Fujiboeki)

半円パラソル 37853(270㎝)

半円パラソル  37853(270㎝)

シンプルでリーズナブルな価格が魅力

幅270cm × 奥行139cm × 高さ234cm アルミニウム クランク式 - - - -

スタンダードタイプのおすすめガーデンパラソル4選

タカショー(Takasho)

ウッドパラソル 2.7m(270㎝) クランク付き

11,099円〜(税込)

天然木の支柱でおしゃれに紫外線対策

天然木の支柱がおしゃれで、ベージュとグリーンの2色が選べるスタンダードパラソルです。

支柱中央にあるクランクを回すだけでパラソルを開閉できるので、力の弱い方でも安心。

UVカット加工も施されており、紫外線対策もバッチリです。

‎サイズ
直径270cm×高さ252cm
支柱の素材
天然木
開閉方式
クランク式
UVカット加工
◯(約90%)
角度調節
-
撥水機能
-
ベースの有無
-

山善(YAMAZEN)

木製パラソル NMP-27 (270cm)

8,007円〜(税込)

高いコストパフォーマンスで雨でも安心

コストパフォーマンスが魅力のスタンダードパラソル。

カラーは、アイボリー・グリーン・ダークブラウンの3色から選べます。

パラソルに撥水機能が備わっているため、急な雨でも安心です。

‎サイズ
直径270cm×高さ237cm
支柱の素材
天然木
開閉方式
ひも式
UVカット加工
-
角度調節
-
撥水機能
ベースの有無
-

不二貿易(Fujiboeki)

木製パラソル Ⅱ(210㎝)

6,050円〜(税込)

5つのカラーから選べるコンパクトモデル

直径210㎝と、コンパクトなスタンダードパラソル

ひもを引っ張って開閉するシンプルな構造。軽量で、持ち運びも楽ちんです。

カラーはグリーン・アイボリー・エンジ・ネイビー・ブラウンと5色から選べるので、設置場所の雰囲気に合った色を選べるのが嬉しいですね。

‎サイズ
幅193cm × 奥行193cm × 高さ222cm
支柱の素材
天然木
開閉方式
ひも式
UVカット加工
-
角度調節
-
撥水機能
-
ベースの有無
-

不二貿易(Fujiboeki)

アルミパラソル(270㎝)

7,960円〜(税込)

高機能なのにリーズナブル

支柱には、軽くて丈夫なアルミニウムを採用。

大きな特徴は、角度調節機能を備えていることで、太陽の傾きに合わせてパラソルの角度を調節すれば、長時間快適に過ごすことができます。

高機能なのに価格はリーズナブルで、コストパフォーマンスの高い商品です。

‎サイズ
幅244cm × 奥行244cm × 高さ234cm
支柱の素材
アルミニウム
開閉方式
クランク式
UVカット加工
-
角度調節
撥水機能
-
ベースの有無
-

ハンギングタイプのおすすめガーデンパラソル3選

LOWYA

ハンギングパラソル(290㎝)

33,900円〜(税込)

大きいのにらくらくオープン

直径290㎝と大きめのこちらのパラソルなら、広範囲に日差しを遮ってくれるので、お庭でのプールやピクニックでも安心

支柱には粉体塗装が施されているので、濡れても錆びにくく、傷もつきにくいです。

また、パラソルの開閉はクランク式で、小さな力で簡単にパラソルを開閉することができます。

‎サイズ
幅294cm×奥行300cm×高さ262cm
支柱の素材
アルミニウム
開閉方式
クランク式
UVカット加工
-
角度調節
-
撥水機能
-
ベースの有無

タカショー(Takasho)

ハンギングパラソル(250㎝)

30,200円〜(税込)

簡単オープンでしっかりUVカット

直径250㎝のこちらのハンギングパラソルは、UVカット率が約99%で、紫外線をほぼ完全にシャットアウトしてくれます。

パラソルの開閉はクランク式で、女性や年配の方でも楽ちんです。

カラーは、ベージュとグリーンから選ぶことができます。

‎サイズ
幅250cm×奥行300cm×高さ260cm
支柱の素材
アルミニウム
開閉方式
クランク式
UVカット加工
◯(99%)
角度調節
-
撥水機能
-
ベースの有無

東谷(Azumaya-kk)

RKC-529NA(294㎝)

9,000円〜(税込)

持ち運べてアウトドアでも大活躍

直径294㎝と大きめのハンギングパラソル。

折りたためてコンパクトに収納できるので、保管場所に困りません。

持ち運びもしやすく、キャンプなどのアウトドアにピッタリの商品です。

‎サイズ
幅294cm×奥行き300cm×高さ262cm
支柱の素材
アルミニウム
開閉方式
クランク式
UVカット加工
角度調節
-
撥水機能
-
ベースの有無

ハーフパラソルタイプのおすすめガーデンパラソル3選

東谷(Azumaya-kk)

RKC-524GR(286㎝)

8,047円〜(税込)

角度調節可能なハーフパラソル

ハーフパラソルなら、窓際や外壁に隣接させて設置することが可能なので、狭い庭でも設置できます。

力のいらないクランク式なので開閉も楽々。

太陽の傾きに合わせて、パラソルの角度を調節することもできます。

‎サイズ
幅286cm×奥行き147cm×高さ255cm
支柱の素材
スチール
開閉方式
クランク式
UVカット加工
-
角度調節
撥水機能
-
ベースの有無
-

モダンデコ

ガーデンパラソル 半円タイプ(270㎝)

10,998円〜(税込)

晴れでも雨でもオシャレに過ごせる

自宅でもおしゃれにカフェ気分が楽しめるハーフパラソル。機能も充実しており、UVカット率が約99.5%なので、紫外線を気にせずくつろぐことができます。

スチール製の支柱には、エポキシ樹脂塗装が施してあるため、雨で濡れても錆びにくく、傷もつきにくいので安心。

支柱についているクランクを回せば、小さな力で簡単にパラソルを開閉できます。

‎サイズ
幅270cm×奥行135cm×高さ243cm
支柱の素材
スチール
開閉方式
クランク式
UVカット加工
角度調節
-
撥水機能
-
ベースの有無

不二貿易(Fujiboeki)

半円パラソル 37853(270㎝)

7,000円〜(税込)

シンプルでリーズナブルな価格が魅力

シンプルな作りで、高いコストパフォーマンスが人気のハーフパラソル。

支柱がアルミニウムなので重量が軽く、持ち運びも楽々です。

ベースは別売りなので、支柱の径に合うものを用意する必要があります。

‎サイズ
幅270cm × 奥行139cm × 高さ234cm
支柱の素材
アルミニウム
開閉方式
クランク式
UVカット加工
-
角度調節
-
撥水機能
-
ベースの有無
-

【毎日更新】AmazonおすすめのガーデンパラソルランキングTOP10

※楽天市場では価格、送料、納期やその他の詳細については、商品のサイズや色等によって異なる場合があります。
商品詳細