【プロに聞いた】犬用ドライブベッドおすすめ13選!2023年版

ペット 犬

※この記事には広告が含まれます

家で使っている愛犬のベッドを車のシートにポンと置いて使うのはあまりおすすめできません。

固定できるドライブベッドがあれば、愛犬とのドライブに安心をプラスできるでしょう。

おすすめのドライブベッドや選び方を紹介しているので楽しいドライブのために役立ててください。

斎藤 優太|さいとう ゆうた

教習指導員の国家資格を持つ自動車ライター/インストラクター。新車ディーラーでの営業職、教習所での安全運転指導、タクシードライバーなどを経てフリーランスのライターに転身。現在は、自動車ライター/インストラクターとして、運転やクルマに関する記事執筆やレクチャーなどを中心に、自動車に関連する情報を広く伝える活動をしている。

斎藤 優太
Chapter
犬用のドライブベッドとは?
犬用のドライブベッドを選ぶ際のポイント6つ
自動車ライター斎藤優太おすすめ犬用ドライブベッド3選
編集部おすすめ犬用ドライブベッド10選
犬の車酔いを防止する方法4つ
お気に入りの犬用ドライブベッドを見つけて愛犬とのドライブを楽しもう

犬用のドライブベッドとは?

愛犬と飼い主の両方が快適にドライブできるよう準備しておきたいのがドライブベッドです。シートに取り付けるだけで愛犬が安全に座れるスペースを簡単に作れます。

クレートやキャリーバッグと違い、飼い主の顔や周りの様子がしっかり見えるため、犬は不安を感じずません。

隙間を埋めて楽に座れるようにすると車酔い防止にも効果的です。

抜けた毛や汚れが車のシートに付く心配もなくなり、掃除の手間も省けるでしょう。

犬用のドライブベッドを選ぶ際のポイント6つ

ドライブ中、ドライブベッドでくつろぎながら過ごしている愛犬の姿を見ると買い主はホッとするでしょう。

車内を心地よい空間に変えてくれるドライブベッドは、これから紹介するポイントを押さえて探すとお気に入りを見つけやすくなります。

1:お手入れしやすいものを選ぶ

大切な愛犬用のベッドはできるだけ清潔に使えるよう、お手入れの楽なものを選びましょう。

防水や防汚加工が施されているものは食べ物や飲みをこぼしてしまったり、雨上がりのドロドロ道を歩いた後に乗ったりした場合も、拭くだけで汚れを落とせます。

トイレシーツが取り付けられるタイプも汚れたら交換できるため便利です。

水をかけて洗えるものやカバーを外して洗濯できるベッドも扱いやすいでしょう。

2:しっかりと固定されるものを選ぶ

ドライブベッドを使うと安心して愛犬を車に乗せられますが、ベッド本体が動いてしまったのでは意味がありません。

製品によって取り付け方は異なりますが、ベルトやシートアンカーで車のシートに固定できるベッドが安心です。

取り付け方が複雑だと時間のないときは焦ってしまいます。

短時間でしっかりと装着でき、ベッドがズレてしまう心配をせずにドライブできるものが望ましいでしょう。

3:乗せる犬の大きさに合ったものを選ぶ

ドライブベッドには対応可能な大きさや体重が記載されていることがあるため、愛犬に合うかどうかを確かめましょう。

小型犬向けに作られた製品であっても、個体差があるため全ての小型犬に合うとは限りません。

ドライブボックスタイプの場合、中に入ったときにほとんど隙間がなく、身動きできないものはNGです。

体の向きを変えられるくらいスペースに余裕があるものを選ぶようにしましょう。

4:使い方の多様性があるものを選ぶ

ドライブベッド以外の使い方ができるタイプはいろいろなシーンで活躍します。

アイテムごとに準備する必要がないため忘れ物の心配も少なくなるでしょう。

多目的に使えるドライブドライブベッドは、レジャーシートや荷物を入れるときに敷くトランク用のシートなどとして使えるタイプ、キャリー・クレートとして犬の移動に使えるタイプがあります。使い勝手のいいものを選んでみましょう。

5:飛び出し防止のリードがあるものを選ぶ

車に乗るとき、人間はシートベルトをしますが、愛犬にそのまま着けられるシートベルトは車内にありません。

愛犬を守ってくれるのはドライブベッドについている飛び出し防止用のリードです。

ブレーキで前のめりになっても、リードによってベッド内に留まれます。

犬が車内を動き回ってしまう場合にもリードは効果的です。

運転中、愛犬の予想外の行動によって事故を引き起こさないためにもリードを活用するといいでしょう。

6:価格と見た目も重視して選ぶ

ベッドの形、生地の柄、ポケットの配置などデザイン面にも注目してみましょう。

おしゃれなものは価格が高いと思われがちですが、デザイン性に富み、機能的でありながら数千円程度で購入できるベッドもあります。

予算の範囲内で納まるように、車内の雰囲気や愛犬のイメージに合うものを探してみましょう。

自動車ライター斎藤優太おすすめ犬用ドライブベッド3選

KYG

ペット用 ドライブシート 汎用版

4,099円〜(税込)

後部座席やトランクスペースにも使えるドライブシート

KYG ペット用 ドライブシートは、さまざまな車種に対応している汎用性の高いドライブベッドです。

後席で広々と過ごしてもらいたいときトランクスペースでくつろいでもらいたいときなどに役立つシート状となっています。

また、シートには防水加工がされ、裏面に滑り止めが付いているため、座席が汚れたり、運転中にずれたりしないのもポイントです。

シーンに合わせて形を変えられるドライブベッドがほしいのであればシート状のタイプがおすすめです。

‎サイズ
135×45×45cm
材質
ポリ塩化ビニル
製品重量
1.4kg

Yullmu

ペット用ドライブボックス

2,680円〜(税込)

チューブ入りで型崩れしにくいボックスタイプ

Yullmu ペット用ドライブボックスは、内蔵されるチューブによりボックス部分の型崩れがしにくいドライブベッドです。また、シートに固定することもできるため、助手席に装着することもできます。

ペットが入るボックス部分は、左右の2面が通気性に優れるメッシュ状です。布地の部分には摩擦に強い素材を使用しているため、耐久性に優れています。

大切なペットの様子を気にしながらドライブするときには、助手席に装着できるボックスタイプのドライブベッドがおすすめです。

‎サイズ
38.5×38.5×43cm
製品重量
1.2kg
材質
PVC、プラスチック、オックスフォード布

Petsfit

折りたたみ ソフトクレート ケージ

5,999円〜(税込)

折り畳んでコンパクトに収納できるドライブベッド

petsfitの折りたたみペットケージは、オックスフォード布やメッシュ素材、スチールワイヤーを使った丈夫な構造が特徴のゲージです。ソフトクレートの正面と側面には、メッシュ窓が付いているため通気性に優れています。

また、両方のドアを閉めれば、移動中にペットが外に出てしまう心配がありません。さらに、クレート上部にもドアがあるため、上からペットを入れることもできます

普段車に乗ることがなく、何らかの理由によりペットを連れていかなければならないときは、ゲージタイプのドライブベッドがおすすめです。

‎サイズ
68×45×55cm
製品重量
2.2kg
材質
オックスフォード布

編集部おすすめ犬用ドライブベッド10選

犬用ドライブベッドにはベッドタイプ・ボックスタイプ・シートタイプなど種類があり、取り付け場所も後部座席・助手席・トランクとさまざまです。

犬の大きさにより使えるベッドのタイプが違います。

ここからはいろいろなタイプのおすすめベッドを紹介していきます。

同じタイプでもデザインや特徴がそれぞれ違うため、愛犬とのドライブがより楽しくなるものを探してみましょう。

FINED’s(ファインディーズ)

FINED’s(ファインディーズ) 犬 猫 ドライブカドラー ベッド プリントシリーズ ピンク(48)

4,950円〜(税込)

オールシーズン使えるふんわりクッション

乗り心地が良くなるふかふかしたクッション付きです。

クッションはリバーシブルになっていて、通常は模様の描かれた生地、寒い季節はボア生地へと変えて一年中使えます。

ベッドの背中部分はシートベルトを通すベルトループ付きです。シートベルトやヘッドレストを利用し、助手席と後部座席のどちらにも取り付けられます。

メーカー
ハヤブサ
ブランド
FINED’s(ファインディーズ)

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

アイリスオーヤマ ドライブボックス ブラウン L サイズ

6,102円〜(税込)

ペットシーツ使いで汚れ対策

本体はワイヤーを使用した丈夫な作りで、型崩れを気にせず使えます。

中敷き部分にスナップでペットシーツを固定でき、交換することでいつでもきれいな状態を保てます。

屋根部分は開閉自在のメッシュ仕立てで、側面を開けると乗り降りが楽にできます。

使わないときには小さく折りたため、収納場所にも困りません。

サイズは超小型犬用のSサイズから中型犬用のLサイズまで揃っています。

メーカー
アイリスオーヤマ
ブランド
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
モデル名
PDFW-60
梱包サイズ
43 x 63 x 33 cm; 3 g
商品モデル番号
PDFW-60
商品の重量
3 g

Pecute

ペキュート Pecute 新型 ペット ドライブシート 車用 ペットシート 可視メッシュ窓 ペット安全ベルト付き 後部座席 シートカバー 防水 耐摩 滑り止め 洗濯可 全車種 全種犬用猫用 車シート 折り畳み式カバー

3,399円〜(税込)

メッシュ窓で安心と安全を確保

上層に耐久性のある生地、2層に防水フィルム、3層にソフトな素材、4層にハードな素材、最下層に滑り止めがついた5層構造です。

同乗者と犬と一緒に座る後部座席用のシートクッションとしても使えます。

衝撃による前方への飛び出しを防止できるよう、前列との間をメッシュの窓で区切っています。

愛犬が開けられないプレミアムジッパーを採用しているため、ボックスタイプでの使用も安心です。

メーカー
Pecute
ブランド
Pecute
梱包サイズ
35 x 25 x 8 cm

Pecute

ペキュート Pecute ペット ドライブシート トランクシート ベルクロデザイン 汚れに強い防水シート 取り付け簡単 雨の日 海の帰り おしっこや泥汚れに最適 水洗いOK カーシート Mサイズ

2,999円〜(税込)

トランクを快適な空間にする5層生地

大型犬などをトランクに乗せてドライブするときに役立ちます。

防水機能のある5層の生地を採用しているため、濡れた足や泥が付いたまま乗せても気になりません。

シートと接する部分には滑り止め加工が施されていて、ペットや車の動きでズレにくくなっています。

敷くだけでバンパーを傷から守れます。

耐久性があるため荷物を運ぶ際に敷くシートとしても使用可能です。

メーカー
Pecute
ブランド
Pecute

Beeways

ペット用ドライブボックス 車用ペットシート ペット用キャリー メッシュ窓 通気 防水 汚れ防止 洗濯可 全車種 全種犬用猫用 折り畳み式 コンパクト BEEWAYS

2,399円〜(税込)

柄がキュートなボックスタイプ

足跡柄のブラックと足跡&骨柄のグレーの2パターンから選べるかわいいドライブボックスです。

ボックスはワイヤーで固定され、あごを乗せて顔を出しても型崩れしにくくなっています。両サイドは通気性の良いメッシュ素材です。

前面のポケットはきちんとしまえるジッパー付きで、愛犬を守る飛び出し防止リードも付いています。

メーカー
Beeways
ブランド
Beeways
梱包サイズ
41 x 32 x 3 cm; 450 g
商品モデル番号
1
商品の重量
450 g

呉屋デパート

呉屋デパート ペット ドライブボックス 犬 猫 車載お出かけ用 ペットキャリーバッグ

4,198円〜(税込)

車から家までそのまま移動

折りたたんで手軽に持ち運べる軽量のドライブボックスです。

簡易キャリーとして持ち運べるため、愛犬を連れて友人宅を訪問するときなどにも活躍するでしょう。

Mサイズは体重5kg程まで、Lサイズは体重5kg~13kg程度までのペットに使用可能です。

外側の布は防水が効いており、濡れてもすぐに拭き取れます。

外側部分から内側のモコモコした布まで全て洗えるので衛生的です。

メーカー
呉屋デパート
ブランド
呉屋デパート

生活雑貨

kurgoクルゴ ペット用カーグッズ スタンダードシリーズ ハンモック グレー

15,120円〜(税込)

一年中使えるハンモックタイプ

後部座席と前座席に固定して使えるハンモックタイプです。

暑さ寒さに関係なく、一年を通して使用できます。

幅140cmまでのシートで使え、耐久性のある生地と防水で後部座席を汚れから守ってくれます。

汚れてしまったときは中性洗剤や水で拭き取るほか手洗いも可能です。

シートベルト用の通し穴が付いており、取り付けや取り外しに時間がかかりません。

使用しないときに使える収納袋もセットになっています。

メーカー
生活雑貨
ブランド
生活雑貨
商品モデル番号
LZ7410
商品の重量
1.5 kg

EMME

EMME ドライブベッド 通年 ドライブボックス ドライブシート 車 お出かけ ペット座席シート

4,980円〜(税込)

家と車と両方で使えるベッド

家でもインテリア感覚で使える小型犬用のシンプルなペット用ドライブベッドです。

外側の生地はリネン風で、夏でもべたつかずさらさらしています。

マットは表と裏を使えるリバーシブル仕様です。

片側は寒い時期にちょうどいい、暖かみのあるフランネル生地になっています。

低反発ウレタンフォーム素材のクッション部分は、体圧が分散されるため長めのドライブでも疲れにくいでしょう。

メーカー
EMME
ブランド
EMME
商品モデル番号
KEB10P5AG2L

PETTOM

Pettom 2021 ペットキャリーバッグ キャスター付き 4way 5輪360度回転 拡張可能折りたたみ

7,799円〜(税込)

移動の楽なキャリータイプ

背中側のバンドを利用して車のシートベルトにそのまま取り付けられるドライブベッドキャリーです。

移動時は状況に応じてキャリー・リュック・手提げの3パターンで使えます。

出入口部分はメッシュになっていて、ファスナーを開ければ顔をのぞかせたまま乗車可能です。

走行中に急ブレーキを踏んでも内側のリードが飛び出しを防いでくれます。

メーカー
Pettom
ブランド
PETTOM
梱包サイズ
42 x 41 x 2 cm; 3 kg
商品の重量
3 kg

Peanuts

スヌーピー ふかふかドライブベッド 犬猫用

7,380円〜(税込)

スヌーピーのかわいいドライブベッド

スヌーピーのかわいい犬用ドライブベッドです。

持ち手がついているため、キャリーバッグとしてペットを運ぶこともできます。

メーカー
スリーアローズ
ブランド
Peanuts
モデル名
SN213-053-001
梱包サイズ
43 x 48 x 32 cm; 1.3 kg
商品モデル番号
SN213-053-001
商品の重量
1.3 kg

犬の車酔いを防止する方法4つ

車で走っているときに愛犬が落ち着かずいつもと違う様子を見せたときは、車酔いが疑われます。犬も人間と同じで揺れによって気分が悪くなる場合があります。

苦しかった車酔いの経験を覚えていて、車に乗るとき不安を感じてしまうと酔いやすくなることがあるため、防止策を考えなければなりません。

飼い主ができる車酔いの防止方法をチェックしておきましょう。

1:換気をする

犬と一緒に車で出掛けるときは空気がこもらないよう頻繁に換気するよう心掛けましょう。

人間が車酔いしそうなときに窓を開けて風にあたると少し気分がよくなるように、犬も外の空気に触れ違う匂いを嗅ぐと気分が変わる可能性があります。

換気する際、窓を全開にするのはNGです。窓から顔を出すと法律に違反してしまいます。

時間が許すなら愛犬を気遣い、一旦車を止めて換気するといいでしょう。

2:食後時間を空けて乗車させる

お腹がいっぱいでも、空きすぎていても自律神経が乱れ車酔いしやすくなります。

食べたものがある程度胃の中で消化されてから車に乗せるようにしましょう。

食後2時間くらいは空けてください。

食事の量にも気を配らなければなりません。車に乗せる予定があるときは、いつもの量よりも少なめの食事が理想です。

後で具合が悪くならないよう上手に調節してあげましょう。

3:車の中の匂いに注意する

犬の車酔いは車内の匂いによって起こる場合もあります。

ガソリンやたばこなどの車酔いを引き起こす可能性がある匂いにできるだけ気をつけなければなりません。

普段から車内でたばこを吸わないようにするのも対策になるでしょう。

犬の嗅覚は人間よりもずっと鋭いため、人が気に留めないような匂いに対しても敏感です。

飼い主がいい匂いだと感じ使っている芳香剤にも注意が必要です。

4:酔い止めの薬も検討する

車酔いしやすい犬は、薬を使うことも可能です。人間用とは異なるため必ずペット用を使います。

市販されている商品もありますが、酔い止めには種類があるため獣医師から愛犬に合うものを処方してもらうと安心でしょう。

酔いやすい人が車に乗り込む前に薬を飲むように、犬もドライブ前に服用します。

必要性を感じたときは、獣医師に相談してみましょう。

お気に入りの犬用ドライブベッドを見つけて愛犬とのドライブを楽しもう

車内にリラックスできる環境を整えなければ愛犬は落ち着いて座っていられません。

一緒にドライブを楽しむために、愛犬がくつろげる安全なドライブベッドを用意してあげましょう。

機能面の特徴やデザインをチェックし、選び方を参考にしてお気に入りのベッドを見つけてください。

※楽天市場では価格、送料、納期やその他の詳細については、商品のサイズや色等によって異なる場合があります。
商品詳細