コスパのいいドライブレコーダー11選|選ぶ際のポイントもあわせて解説!

ドライブレコーダー

ひと口にコストパフォーマンス=コスパに優れるドライブレコーダーと言っても、どのようなものがあるのかわからないというひとは多いと思います。そこで、この記事ではコスパのいいおすすめのドライブレコーダーや、コスパのいいドライブレコーダーを選ぶ際のポイントを紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

Chapter
ドライブレコーダーとは?
コスパのいいおすすめドライブレコーダー1カメラタイプ5選
1:ユピテル「SN-ST2200c」
2:ケンウッド「DRV-650」
3:papago「GS34G-32G」
4:movio「MDVR104FHD」
5:ケンウッド「ドライブレコーダー DRV-250」
コスパのいいおすすめドライブレコーダー2カメラタイプ6選
1:ケンウッド「DRV-MR740」
2:ケンウッド「前後撮影対応2カメラドライブレコーダー DRV-MR745」
3:コムテック「ZDR016」
4:コムテック「前後2カメラ ドライブレコーダー ZDR026」
5:セルスター「CSD-790FHG」
6:エンプレイス「NDR-RC175」
コスパのいいドライブレコーダーを選ぶ際のポイント4つ
お気に入りのコスパのいいドライブレコーダーを見つけよう

ドライブレコーダーとは?

ドライブレコーダーとは、映像や音声を記録できる自動車用の車載装置です。万が一の事故の際に証拠の映像を残せるだけでなく、近年では旅行の際にドライブの映像を残す目的で使用されるケースも多いです。

ドライブレコーダーはメーカーによって搭載されている機能や価格にも違いがあります。

コスパのいいおすすめドライブレコーダー1カメラタイプ5選

ドライブレコーダーを探している方のなかには、コストパフォーマンスに優れたドライブレコーダーを購入したいと考えている方もいるでしょう。

ここでは、そんな”コスパのいい”おすすめドライブレコーダー1カメラタイプを5機種を紹介します。ドラレコ選びの参考にしてください。

1:ユピテル「SN-ST2200c」

YUPITERU YUPITERU ユピテル SN-ST2200c ドライブレコーダー スーパーナイト

10,571円〜(税込)

FULL HDの高画質録画が可能

ユピテルの「ドライブレコーダー SN-ST2200C」は白飛びや黒つぶれなどを押さえるHDRと夜間撮影に強いSTARVISセンサーを搭載したドライブレコーダーです。

別売りの駐車場記録用オプションを接続することで、駐車中での衝撃や人の動きなどを察知して、自動的に映像を記録できるようになります。

メーカー
ユピテル(Yupiteru)
ブランド
スーパーナイト(SuperNight)
商品モデル番号
SN-ST2200C

2:ケンウッド「DRV-650」

ケンウッド(KENWOOD) ケンウッド(KENWOOD) ドライブレコーダー DRV-650 STARVIS搭載 GPS 衝撃センサー 200万画素 HDR 16GBMicroSD 運転支援

17,600円〜(税込)

高性能レンズとCMOSセンサーの相乗効果

ケンウッドの「DRV-650」は、STARVIS搭載のCMOSセンサーと高性能レンズの組み合わせにより、夜間でも非常に高画質な映像を記録できるドライブレコーダーです。

水平117°、垂直60°、対角142°という広視野角は、はじめてドライブレコーダーを購入する人にもおすすめです。

メーカー
ケンウッド(KENWOOD)
ブランド
ケンウッド(KENWOOD)
モデル名
DRV-650
梱包サイズ
3.7 x 9 x 4.9 cm
商品モデル番号
DRV-650

3:papago「GS34G-32G」

パパゴ(Papago) パパゴ(Papago) オールインワン ドライブレコーダー GoSafe 34G 高画質 WQHD GS34G-32G

3,450円〜(税込)

高精細な映像を残せる

papagoのオールインワン ドライブレコーダー「GS34G-32G」は、高画質WQHDカメラを搭載したドライブレコーダーです。

高精細な約400万画素のWQHD画像により、もしもの事故の際も精細な映像をしっかり残せます。

メーカー
パパゴ(Papago)
ブランド
パパゴ(Papago)
モデル名
GS34G-32G
梱包サイズ
0.5 x 0.9 x 0.6 cm; 93 g
商品モデル番号
GS34G-32G
商品の重量
93 g

4:movio「MDVR104FHD」

movio Movio 広角170°撮影 フルHDドライブレコーダー MDVR104FHD

3,098円〜(税込)

1万円以下というコストパフォーマンスの良さ

movioのフルHD ドライブレコーダー「MDVR104FHD」は、安価ながら機能や画質も充実したドライブレコーダーです。

軽量コンパクトなボディに、170度という画角で広い範囲をカバーします。

メーカー
ナガオカ
ブランド
movio
モデル名
MDVR104FHD
梱包サイズ
4.1 x 6.6 x 3.1 cm; 40 g
商品モデル番号
MDVR104FHD
商品の重量
40 g

5:ケンウッド「ドライブレコーダー DRV-250」

ケンウッド(KENWOOD) KENWOOD(ケンウッド) ドライブレコーダー GPS非搭載 シンプル機能 フルハイビジョン DRV-250 ブラック

12,800円〜(税込)

広視野角レンズによって広い範囲の録画が可能

ケンウッドの「DRV-250」は、広角で明るいf1.8レンズを搭載したドライブレコーダーです。

GPS非搭載タイプですが、万がいちの場合にすばやく録画を開始できる”緊急イチ押し録画ボタン”を装備しています。

メーカー
ケンウッド(KENWOOD)
ブランド
ケンウッド(KENWOOD)
モデル名
DRV-250
梱包サイズ
3.4 x 6.1 x 5.1 cm
商品モデル番号
DRV-250

コスパのいいおすすめドライブレコーダー2カメラタイプ6選

日常、どこで遭遇するのか分からないあおり運転に対する性能を考えるなら、2カメラタイプのドライブレコーダーがおすすめです。ここからは、コスパのいいおすすめドライブレコーダー2カメラタイプを紹介していきます。

1:ケンウッド「DRV-MR740」

ケンウッド(KENWOOD) KENWOOD(ケンウッド) 前後撮影対応2カメラドライブレコーダー DRV-MR740フルハイビジョン GPS 駐車監視録画対応 高画質前後200万画素 シガープラグコード(3.5m)付属 microSDHCカード付属(16GB) 2カメ ドラレコ DRV-MR740

20,980円〜(税込)

前方後方ともに高画質で撮影可能

ケンウッドの 前後撮影対応2カメラ型ドライブレコーダー「DRV-MR740」は前方後方同時録画ができるドライブレコーダーです。

明るいF1.8レンズを前後カメラに採用するとともに、HDRが明暗が激しい環境でも白飛びや黒つぶれなどを軽減。約200万画素フルハイビジョンでの録画が可能です。

メーカー
ケンウッド(KENWOOD)
ブランド
ケンウッド(KENWOOD)
モデル名
DRV-MR740
梱包サイズ
3.2 x 8.8 x 5.1 cm; 109 g
商品モデル番号
DRV-MR740
商品の重量
109 g

2:ケンウッド「前後撮影対応2カメラドライブレコーダー DRV-MR745」

ケンウッド(KENWOOD) ケンウッド(Kenwood) 前後撮影対応2カメラドライブレコーダー DRV-MR745

31,000円〜(税込)

業界で上位クラスの24時間監視機能

ケンウッドの「DRV-MR745」は、リアにスモークシースルー機能を搭載したドライブレコーダーです。

DRV-MR740と同様に、前方後方両方のカメラで高画質な録画が可能。新機能のスモークシースルーは、スモークフィルムを張ったリアガラスでも、明るく撮影することができます。

メーカー
ケンウッド(KENWOOD)
ブランド
ケンウッド(KENWOOD)
モデル名
DRV-MR745
梱包サイズ
3.4 x 8.8 x 5.1 cm
商品モデル番号
DRV-MR745

3:コムテック「ZDR016」

コムテック(COMTEC) コムテック ドライブレコーダー ZDR016

16,379円〜(税込)

前後2カメラ搭載のエントリーモデル

コムテックの前後2カメラ ドライブレコーダー「ZDR016」は、HDR機能を搭載したドライブレコーダーです。

FullHD200万画素の高画質な映像で前方、後方をしっかり録画できます。また、フロントカメラはHDR搭載で、明暗差が激しい場所でもクリアな映像を残せます。

ブランド
コムテック(COMTEC)
モデル名
ZDR016
梱包サイズ
7.5 x 3.1 x 5.3 cm
商品の重量
496 g

4:コムテック「前後2カメラ ドライブレコーダー ZDR026」

コムテック(COMTEC) コムテック 前後2カメラ ドライブレコーダー ZDR026 前後370万画素 WQHDノイズ対策済 夜間画像補正 LED信号対応 専用microSD(16GB)付 1年保証 SONY製CMOSセンサー搭載 Gセンサー GPS 19年モデル COMTEC ZDR 026

21,919円〜(税込)

ZDR016の上位モデル

コムテック「ZDR026」は、370万画素の高画質撮影が可能なドライブレコーダーです。

ZDR016の上位に位置するハイスペックなドライブレコーダーで、夜間撮影もSTARVIS搭載CMOSセンサーで、高画質な映像が残せます。またクイック録画機能により、衝撃を受けた際に自動的に映像を保存します。

メーカー
コムテック(COMTEC)
ブランド
コムテック(COMTEC)
モデル名
ZDR026
梱包サイズ
3.2 x 8.9 x 5.2 cm; 112 g
商品モデル番号
ZDR026
商品の重量
112 g

5:セルスター「CSD-790FHG」

セルスター(CELLSTAR) セルスター 前後2カメラドライブレコーダー CSD-790FHG

16,250円〜(税込)

GPSデータで安全な運転をサポート

セルスターの前後2カメラドライブレコーダー「CSD-790FHG」は、危険なエリアをお知らせしてくれるドライブレコーダーです。

内蔵している豊富なGPSデータによって、事故多発エリア、オービスが設置されているエリア、小学校があるエリアなど、警告音や画面表示で通知してくれます。また、従来よりも夜間やトンネルなど光量が少ない場所でも鮮明な映像を残せます。

メーカー
セルスター(CELLSTAR)
ブランド
セルスター(CELLSTAR)
モデル名
CSD-790FHG
梱包サイズ
2.3 x 9.2 x 5.1 cm; 99 g
商品モデル番号
CSD-790FHG
商品の重量
99 g

6:エンプレイス「NDR-RC175」

エンプレイス(Nplace) [エンプレイス] ドライブレコーダー (4インチ液晶/200万画素/Gセンサー搭載) 16GB microSDカード付属 NDR-RC175

7,990円〜(税込)

100万画素のリアカメラ搭載

エンプレイス「NDR-RC175」は、手ごろな価格が魅力のドライブレコーダーです。

前後2カメラで、常時録画、イベント録画、手動録画、静止画記録が可能です。常時録画モードでは、1ファイルあたりの録画時間を、1分、2分、3分のいずれかに設定可能。カード容量が不足した場合は、自動的に古いファイルから上書きしていきます。

メーカー
エンプレイス(Nplace)
ブランド
エンプレイス(Nplace)
モデル名
NDR-RC175
梱包サイズ
3 x 10.9 x 6.1 cm; 119 g
商品モデル番号
NDR-RC175
商品の重量
119 g

コスパのいいドライブレコーダーを選ぶ際のポイント4つ

おすすめのコスパのいいドライブレコーダーを紹介しましたが、購入する際にはどのようなポイントで選べば良いのかわからないという方も多いでしょう。

ここでは、コスパのいいドライブレコーダーを選ぶ際のポイント4つを紹介していきます。

1:高画質で選ぶ場合

当て逃げなどが発生した場合、相手の車のナンバーが判別できる性能を持っている必要があります。高画質なものを選びたいなら、解像度と画素数をチェックしましょう。

基本的に、画像解像度は1920×1080ピクセル=約200万画素以上を基準に選ぶとよいでしょう。

2:水平画角で選ぶ場合

ドライブレコーダーの撮影画角には、水平、垂直、対角の3つがあります。このうち横方向を表す水平画角が重要で、水平画角の値が大きいものほど広い範囲を撮影できることになります。

交差点など横から飛び出してくる相手の直前の行動を解析するには、水平画角が108°以上の製品が良いとされています。

3:駐車監視機能付で選ぶ場合

駐車管理機能とは、車を止めているときの当て逃げやイタズラ対策のための機能です。当て逃げされないためにも駐車監視機能が付いているものがおすすめです。

駐車管理機能を搭載しているドライブレコーダーには、衝撃を検知して撮影するタイプや、動くものを検知して録画するタイプなどがあります。

4:2カメラタイプで選ぶ

近年では前後2つのカメラで同時撮影ができるドライブレコーダーが人気です。後方にもカメラがあれば、あおり運転や後ろから追突された場合でもしっかり映像が残ります。

また2カメラタイプはハイスペックなモデルが多いため、役立つ機能も多く搭載されています。これから購入を検討する場合は、2カメラタイプが良いでしょう。

お気に入りのコスパのいいドライブレコーダーを見つけよう

ドライブレコーダーは種類によって搭載されている機能や性能、価格はさまざまです。

本記事で紹介したコスパのいいおすすめドライブレコーダーや選ぶ際のポイントなどを参考に、自分にぴったりのドライブレコーダーを見つけてみてはいかがでしょうか。