タイヤラックを使うと便利?タイヤラックのおすすめメーカー9選紹介!

タイヤ トレッド

マイカーを所有している方の中には、タイヤの保管場所に悩んでいるという方が多いのではないでしょうか。タイヤラックを使うことで、保管場所に困ることがなくなるでしょう。今回は、タイヤラックの選び方のコツやおすすめのメーカーを紹介します。

Chapter
タイヤラックを選ぶコツ4つ
1:ディノス
2:ミヤグチ企販
3:ボンフォーム
4:アイリスオーヤマ
5:川口工器
6:BAL (大橋産業)
7:WEIMALL
8:遠藤ワークス
9:足立製作所
タイヤラックを使う利点3つ
愛車に合ったタイヤラックメーカーを選ぼう

タイヤラックを選ぶコツ4つ

夏や冬でタイヤ交換を行う方は、使用しないタイヤの保管方法に困ることが多いでしょう。 タイヤラックを使うと、コンパクトに保管が可能になり、交換の際のタイヤの取り出しも容易にできるようになります。また、劣化が早いパーツと言われるタイヤを長持ちさせることも可能です。 タイヤラックは様々な商品が販売されているなかで、どのように選べば良いのでしょうか。これから、タイヤラックを選ぶコツ4つを紹介していきます。

タイヤラックを選ぶコツ1:タイヤの重さで選ぶ

タイヤラックを選ぶコツ1つ目は、タイヤの重さで選ぶことです。保管するタイヤは、ホイールの有無で重さが変わってきます。ホイール付きのスタッドレスタイヤの場合、1本で10kgを超えることもあります。 保管するタイヤとホイールの重さを把握した上で、その重さよりも少し余裕のある耐荷重量のものを選びましょう。

タイヤラックを選ぶコツ2:タイヤの数で選ぶ

タイヤラックを選ぶコツ2つ目は、タイヤの数で選ぶことです。車を1台所有している方であれば4本、2台所有している方であれば8本のタイヤが保管できるものを選びましょう。タイヤラックの中には2段式のタイプや積み重ねるタイプのものもあるので、場所を取らずコンパクトに保管することが可能です。

タイヤラックを選ぶコツ3:固定できるものを選ぶ

タイヤラックを選ぶコツ3つ目は、固定できるものを選ぶことです。タイヤラックは、ほとんどが組立式ですが、はめ込むタイプのものとネジで留めるタイプのものがあります。タイヤは重いので、しっかりと安定して置くことができるタイヤラックを選ぶのであれば、ネジで固定できるタイプのものがおすすめです。

タイヤラックを選ぶコツ4:場所で選ぶ

タイヤラックを選ぶコツ4つ目は、場所で選ぶことです。タイヤラックを置く場所によって、使い勝手の良いものが異なってきます。例えば、タイヤの保管場所が車の保管場所から遠い場合には、台車タイプのタイヤラックを選ぶと良いでしょう。車の保管場所までタイヤを楽に運ぶことができます。 またタイヤの保管場所が狭いという場合には、高さを生かした段のタイプを選ぶとコンパクトに収納ができます。

タイヤラックのおすすめメーカー9選

ここまでタイヤラックの選びのコツについてご紹介しました。では、実際どのようなタイプのタイヤラックがあるのでしょうか。ここからは、タイヤラックのおすすめ9メーカーをご紹介します。

1:ディノス

dinos(ディノス) 家具 収納 玄関収納 屋外収納 タイヤラック タイヤ収納 大型車用カバー付き(薄型タイヤラック2個組) G93732

18,590円〜(税込)

ディノスは、通信販売を手掛けている会社で様々な商品を扱っています。

タイヤラックは、タイヤ2本を収納できる薄型ラックの2個組になっています。ラック2台に分割できるので、タイヤ2本ずつ2か所での保管も可能です。素材は、サビに強いアクリル塗装を施したスチールパイプ製です。 耐荷重は約50kgで、キャスターが付いているので楽に移動ができます。キャスターのうち2個は、ストッパーがついているので、保管時はしっかり固定できます。

メーカー
株式会社DINOS CORPORATION
ブランド
dinos(ディノス)
商品モデル番号
1290301814

2:ミヤグチ企販

ミヤグチ企販 タイヤラック カバー付き 幅57/奥行45/高さ117 タイヤラック

11,700円〜(税込)

ミヤグチ企販は、商品の企画・デザインを行い、海外の工場で製造することで、安価に商品を提供しています。

タイヤラックは、8本のタイヤが収納できサイズに応じて幅85~120cmまで変えることができます。サイドにはフックが2個付いており、掃除用具などが掛けられるようになっています。キャスター付きなので、重いタイヤも簡単に移動できます。 付属品として撥水加工カバーがついており、そのカバーにはゴムが入っているため、タイヤに密着させられます。さらに裾に4か所の紐がついているので、ラックに結んで固定することもできます。

メーカー
ミヤグチ企販
商品モデル番号
M5-MGKMY2877T

3:ボンフォーム

ボンフォーム(BONFORM) ボンフォーム タイヤ収納カバー タイヤラック 軽/普通車 4本用 タイヤカバー付き 4ホンヨウ(S-L) シルバー 7250-40SI

9,500円〜(税込)

ボンフォームは、カーインテリアを主に取り扱っているメーカーです。

タイヤラックは、タイヤ4本を運べるタイプのもので大型キャスターが付いています。横幅は62.5〜100cm、タイヤ単体のサイズが、幅24.5cmまで対応可能です。 本体の材質はスチールで4本用のポリエステル製のタイヤカバーが付属でついてきます。

メーカー
ボンフォーム(BONFORM)
モデル名
7250-40SI
梱包サイズ
88.3 x 43.6 x 11.2 cm
商品の重量
7.4 kg

4:アイリスオーヤマ

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) アイリスオーヤマ タイヤラック カバー付 普通自動車 幅59×奥行36×高さ127 耐荷重 120kg KTL-590C ブラック

3,780円〜(税込)

アイリスオーヤマは、生活用品の企画、製造、販売を行っているメーカです。

タイヤラックは、はめ込み式なので組み立てが簡単です。錆びにくいステンレスパイプを使用しており耐荷重は約120㎏です。タイヤを4本まで収納可能で、ホコリなどから守るタイヤカバーが付属しています。

メーカー
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
ブランド
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
モデル名
KTL-590C
梱包サイズ
36 x 59 x 127 cm; 3.7 kg
商品モデル番号
KTL-590C
商品の重量
3.7 kg

5:川口工器

川口工器(Kawaguchi Koki) ST516 スロープ付きタイヤラックワイド カバー付

14,100円〜(税込)

川口工器は、自社オリジナルの丈夫な収納家具・収納用品を提供しています。

タイヤラックは、日本製で耐荷重80kgのタイヤ収納ラックです。スロープがついているので、重いタイヤの出し入れもスムーズにできます。材質はスチールで、メラミン樹脂焼付塗装が施されています。

メーカー
川口工器(Kawaguchi Koki)
モデル名
ST-561
梱包サイズ
38 x 117.5 x 61 cm
商品の重量
5.2 kg

6:BAL (大橋産業)

大橋産業 (BAL) BAL ( 大橋産業 ) タイヤラック タフネス Mサイズ 軽・普通自動車用 1555

3,230円〜(税込)

BALは、自動車用品の企画設計、生産及び輸入販売を行っています。

タイヤラックは、ステンレスクラッド管を採用しているので錆に強く、タッピングビスでの固定なので組み立てが簡単です。4本のタイヤをコンパクトに収納することができます。

メーカー
大橋産業 (BAL)
モデル名
1555
耐荷重
120kg
積載仕様
タイヤ4本まで
材質
パイプ:クラッド管(表面:ステンレス鋼, 芯剤:スチールパイプ)ジョイント:ナイロン樹脂
サイズ
600(W)×360(D)×1315(H)mm(突起部除く)
商品の重量
3.7 kg

7:WEIMALL

WEIMALL WEIMALL タイヤラック カバー ポリエステル 150D UVカット

¥4,190〜

WEIMALLは、カー・バイク用品や生活用品など様々なものを販売しています。

タイヤラックは、タイヤに合わせて上段の高さを調節することができます。カバーは丈夫なポリエステル製なので、雨やほこりなどからラックごとタイヤを守ることが可能です。

メーカー
WEIMALL

8:遠藤ワークス

遠藤ワークス 日本燕三条製 幅固定タイヤラック キャスタータイプ 耐荷重:200kg 幅固定 タイヤラック 8本 タイヤ収納 キャスタータイプ 軽自動車から普通車 EX001-001

11,900円〜(税込)

遠藤ワークスは、金属製品の企画、製造、販売を行っています。

タイヤラックは日本製です。本体はスチール製でアクリル塗装が施されています。2段式でタイヤ8本が収納でき、キャスター付きなので移動が楽にできます。このタイヤラックの耐荷重量は200kgです。

メーカー
株式会社遠藤ワークス
サイズ
約幅92.5×奥行40×高さ126.5cm
耐荷重
200Kg
パイプの太さ
直径2.54㎝
キャスター
直径7.5㎝(総耐荷:200Kg)

9:足立製作所

足立製作所 足立製作所 日本製 タイヤ ラック 2wayタイプ カバー付き 固定式

9,680円〜(税込)

足立製作所は、インテリア家具やスチール家具を作っているメーカです。

タイヤラックは、スチール製でメラミン焼付塗装が施されています。タイヤを縦に収納するタイプなので、コンパクトに保管可能です。

メーカー
足立製作所
梱包サイズ
46 x 56 x 123 cm
商品モデル番号
NA-108
商品の重量
6 kg

タイヤラックを使う利点3つ

ここまでタイヤラックのおすすめ11メーカーをご紹介しました。では実際タイヤラックを使用することでどのようなメリットがあるのでしょうか。タイヤラックを使う利点を3つご紹介します。

タイヤラックを使う利点1:交換が簡単にできる

タイヤラックを使う利点1つ目は、タイヤ交換が簡単にできることです。タイヤを積み重ねておいていた場合、スムーズに交換するのは難しいでしょう。 キャスター付きのタイヤラックを使用することで、簡単にその手間を解消できます。

タイヤラックを使う利点2:取り出しやすい

タイヤラックを使う利点2つ目は、タイヤを取り出しやすいことです。直にタイヤを置いてしまうと、重さのあるタイヤを動かすのは大変です。しかしタイヤラックを使用していれば取り出しやすいので、タイヤ交換もスムーズにできるでしょう。

タイヤラックを使う利点3:スペースを確保できる

タイヤラックを使う利点3つ目は、スペースを確保できることです。タイヤラックの中には、上下2段に保管できるものがあります。高さを生かした収納ができるので、スペースの確保が可能となります。

愛車に合ったタイヤラックメーカーを選ぼう

これまで、タイヤラックのおすすめメーカーや選ぶコツ、メリットについて紹介しました。タイヤラックはタイヤの保管や交換に便利なアイテムであることがお分かりいただけたでしょう。タイヤのサイズや保管場所から、どのようなタイプが合っているのか検討した上で選びましょう。