おすすめの車用粘土クリーナー23選【2023年版】|プロのイチオシ商品も

粘土

車用粘土クリーナーは普通のカーシャンプーでは落とせない鉄粉などを取り除ける洗車用品です。この記事ではおすすめの車用粘土クリーナーや車用粘土クリーナーを使うメリット、使い方の手順などを解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

西條 具視|にしじょう ともみ

大手アパレルから中古車販売会社に転職し、仕入れや買取査定といった業務を経験。
その後スポーツカー専門店でレストアやチューニングの知識をつけ、自身で中古車販売店を経営。

西條 具視
Chapter
車用粘土クリーナーとは
車用粘土クリーナーのメリット2つ
車用粘土クリーナーの選び方
プロがおすすめする車用粘土クリーナー3選
編集部おすすめの車用粘土クリーナー10選
【毎日更新】Amazonおすすめの車用粘土クリーナーランキングTOP10
車用粘土クリーナーの使い方を解説
おすすめの車用粘土クリーナーを参考にしよう

車用粘土クリーナーとは

車用粘土クリーナーは鉄分や汚れを取り除くのに便利な洗車用品です。車に興味がない人は知らない方も多いかもしれませんが、洗車用品には車用粘土クリーナーというものがあります。車用粘土クリーナーは普通の洗車では落とせない鉄粉を除去できる便利なアイテムです。この記事では車用粘土クリーナーについてご紹介していきます。

車用粘土クリーナーのメリット2つ

車用粘土クリーナーには2つのメリットがあります。洗車に粘土を使うことにイメージが湧かないという方も多いでしょう。しかし車用粘土クリーナーは非常に便利なアイテムです。ここでは車用粘土クリーナーのメリット2つをご紹介します。

車用粘土クリーナーのメリット1:鉄粉除去能力が高い

車用粘土クリーナー鉄粉除去能力が高いというメリットがあります。車用粘土クリーナーの大きなメリットとして、塗装に刺さってしまっている鉄粉を除去できることが挙げられます。車は普通に走行しているだけで、ブレーキダストに混じった鉄粉がボディに付着し、塗装剥がれなどの原因になることがあります。

一般的な洗車ではボディに傷がついてしまいますが、車用粘土クリーナーならボディを傷つけることなく鉄粉を取り除けます。

車用粘土クリーナーのメリット2:狭い箇所の作業効率が良い

車用粘土クリーナーは、狭い箇所に対しても作業しやすいというメリットがあります。車用粘土クリーナーの粘土タイプのものはこねると柔らかくなるため、普通の洗車では行き届かない箇所でも作業しやすいです。狭い場所であっても、柔らかくした粘土なら届くようになるため、細かい場所の掃除にもおすすめです。

車用粘土クリーナーの選び方

車用粘土クリーナーは、用途に合わせた種類を選びましょう。車用粘土クリーナーは粘土タイプだけでなく、タオルタイプのものもあります。タオルタイプはマイクロファイバー製の粘土が貼り付けられており、こねずに使うことができます。

タオルタイプは傷がつきにくく、跡も付きにくいです。ただ濃い色のボディには向かないケースがあるため注意が必要です。

プロがおすすめする車用粘土クリーナー3選

TENKOU TENKOU ケース付き洗車用ねんどクリーナーS

860円〜(税込)

車用粘土クリーナーは、ボディについた鉄粉や頑固な汚れを除去するための洗車道具で、使用頻度はそれほど高くありません。

手洗い洗車をした経験がなければ、「鉄粉」と聞いても、おそらくピンとこないのではないでしょうか。鉄粉とは、空気中に浮遊している細かな鉄で、屋根付き駐車場で保管している車でも少なからず付着してしまうものです。鉄粉が付着したままだと、ボディのサビの原因になります。さらに鉄粉が固着してしまった場合は、通常の洗車では落とすことが難しく、無理に擦って落とそうとするとボディに傷がついてしまいます。

そこで活躍するのが、車用粘土クリーナーす。通常の洗車を行った後に、水で流しながら粘土クリーナーを使ってボディを磨いてください。鉄粉や汚れで凸凹だったボディの表面が、新車のようにツルツルに生まれ変わります。

こちらの「洗車用ねんどクリーナーS」は、コスパに優れたアイテムで、ケースつきのため携帯や保管にも困りません。オーソドックスな性能と手に取りやすい価格を備えているので、初めて粘土クリーナーを使う人におすすめです。

素材
シリコーンオイル ゴム 研磨剤
重さ
100g

PIAO piaopiao 車の洗浄製品の180gの青い粘土フィット自動ディテール粘土バーのきれいな道具洗車用具トラッククリーナーマジックマッドアクセサリー (Color : Blue Clay)

6,250円〜(税込)

鉄粉が付着するのは、愛車のボディだけではありません。

タイヤのホイールを洗っているとき、普通の洗剤では絶対に落ちないザラザラとした茶色の汚れが固着しているのを見たことがあるはずです。このザラザラとした茶色の汚れの正体が鉄粉です。

固着してしまった鉄粉は、普通の洗車では落とすことができないため、車用粘土クリーナーで磨く必要があります。特にブレーキの効きが良いスポーツカーや、ブレーキダストが多く出る輸入車は、一般車的な車と比べてホイールに鉄粉が溜まりやすいため、すぐにホイールが汚れてしまいます。

ホイールに固着してしまった頑固な鉄粉を除去するには、形を自由自在に変形させることができるタイプの粘土クリーナーがおすすめです。こちらのアイテムは、握りやすい形に成型できる大きな粘土クリーナーで、カークリーニング専門業者もよく使っているプロ仕様です。

実際に私も、プロの方に推薦されて愛用していました。柔軟性があり、たいへん扱いやすい粘土クリーナーなのでおすすめです。

メーカー
PIAO
ブランド
PIAO
梱包サイズ
cm; 1 g
商品モデル番号
PIAO
商品の重量
1 g

farson farson ねんどクリーナー

680円〜(税込)

一般的な粘土クリーナーは、粘土に研磨剤が含まれている商品が多く、使い方によってはボディやホイールに傷をつけてしまう恐れがあります。

また、最近の車はフッ素コーティングやダイヤモンドコーティングが施工されていることが多く、粘土クリーナーを使用する際には、コーティングを剝がさないように注意する必要があります。

こちらの車用粘土クリーナーは、研磨剤を使っていないノーコンパウンド粘土クリーナーのため、愛車へのダメージを最小限に抑えることができます。全塗装に対応している商品なので、特殊なボディコーティング処理を施している車に対しても安心して使用することができます。特にワックスをかける前に使用すると、新車のようなツルツル効果が持続するので、ぜひ一度お試しください。

愛車にごくわずかでも傷をつけたくない人には、研磨剤を一切使用していないノーコンパウンド粘土クリーナーの「farsonのねんどクリーナー」がおすすめです。

サイズ
9cm×5cm×2cm
重量
170g/1個
カラー
ブルー

以上がプロおすすめの車用粘土クリーナー3選です。

ここからは、編集部がおすすめする11選をご紹介します。さまざなま種類が各社から発売されていますので、合わせてチェックしてみてください。

編集部おすすめの車用粘土クリーナー10選

おすすめの車用粘土クリーナーをご紹介します。車用粘土クリーナーは、メーカーごとにさまざまな商品があるため、はじめて車用粘土クリーナーの利用を考えている方の中には、どの商品を選べばいいのかわからないという方も多いでしょう。ここではおすすめの車用粘土クリーナー10選をご紹介します。

これから車用粘土クリーナーの購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

プロスタッフ(Prostaff) 鉄粉除去用ねんど 魁 磨き塾 プロ技ねんどクリーナー 75g S153 粘土キャッチャー&剥離紙付き

761円〜(税込)

PROSTAFF「魁磨き塾 プロ技ねんどクリーナー」は、水を使わずに使用できるおすすめの車用粘土クリーナーです。

一般的な車用粘土クリーナーは流水を掛けながら使用する必要がありますが、このクリーナーは粘土キャッチャーという水を含んでおけるスポンジが付いているため、ホースを使う必要がない優れものです。

こういったことから手軽に車用粘土クリーナーが使えるため、初心者にもおすすめです。

メーカー
プロスタッフ(Prostaff)
ブランド
プロスタッフ(Prostaff)
商品モデル番号
S153
送料
別途必要

ハイブリッドナノガラス ハイブリッドナノガラス「ハイパーネンダー」

2,280円〜(税込)

ハイブリッドナノガラス「ハイパーネンダー」は、プロ仕様のおすすめの車用粘土クリーナーです。

200gを超えるおすすめのプロ仕様の車用粘土クリーナーで、最適な柔らかさになっているため、塗装にくっつくことなく汚れを除去できます。鉄粉除去剤と併用することでより効果を発揮するでしょう。

メーカー
クルーズジャパン
ブランド
ハイブリッドナノガラス
商品モデル番号
coatinggroundwork-003

ソフト99(Soft99) ソフト99「スムースエッグ」

628円〜(税込)

ソフト99「スムースエッグ」は、柔らかく使いやすいおすすめの車用粘土クリーナーです。

プロ施行のコーディング車のザラツキや鉄粉除去が可能な車用粘土クリーナーです。粒子が細かいため、ボディを傷つけずにコーディング被膜の鉄粉や異物を綺麗に落とすことができます。また柔らかめの粘土なので練りやすく、滑りが良いのもポイントです。

メーカー
ソフト99(Soft99)
ブランド
ソフト99(Soft99)
モデル名
513
梱包サイズ
2 x 7.7 x 15.5 cm; 99 g
商品モデル番号
513
商品の重量
99 g

Surluster(シュアラスター) シュアラスター「ネンドクリーナーソフト」

628円〜(税込)

シュアラスター「ネンドクリーナーソフト」は、コスパも性能もバランスの良いおすすめの車用粘土クリーナーです。

1,000円以下という価格で購入できて、研磨剤を含まないのにしっかり鉄粉やザラツキを落とせる車用粘土クリーナーです。色が珍しく、薄めのグリーンなので付着した汚れも見やすく綺麗にしやすいです。

使いやすく手ごろな値段で購入できるので、はじめて車用粘土クリーナーを使う方にもおすすめです。

メーカー
Surluster(シュアラスター)
ブランド
Surluster(シュアラスター)
モデル名
S-83
梱包サイズ
2.7 x 8.2 x 11 cm
商品モデル番号
S-83

クリスタルガード kozmez「クリスタルガード・パワークレイ」

748円〜(税込)

kozmez「クリスタルガード・パワークレイ」は、セラミック製のおすすめの車用粘土クリーナーです。

塗装面だけでなくガラス系コーティングにも対応でき、シミや変色などの原因となるワックスや鉄粉、塗装ミストや油膜などの除去もできる車用粘土クリーナーです。また研磨剤を含まないため、ボディに傷をつける心配がありません。また、簡単に扱えるため初心者にもおすすめです。

メーカー
クリスタルガード by kozmez
ブランド
クリスタルガード
商品モデル番号
CGPC-100KM

フォーサイト(Foresight) AXZES「鉄粉取り粘土」

602円〜(税込)

AXZES「鉄粉取り粘土」は、たっぷり使えておすすめの車用粘土クリーナーです。

200gという大きめサイズの車用粘土クリーナーなので、広い範囲の鉄粉除去ができます。また、初心者でも使いやすいですが、保管用のケースなどは付属していないため、ケースなどは別途用意しましょう。

メーカー
フォーサイト(Foresight)
ブランド
フォーサイト(Foresight)
モデル名
FS-CW007
商品モデル番号
FS-CW007

TARO WORKS タロウワークス「ネンドクリーナー」

1,480円〜(税込)

タロウワークス「ネンドクリーナー」は、微粒子研磨剤配合のおすすめの車用粘土クリーナーです。

粒子の細かい研磨剤が含まれているため、カーシャンプーでは落ちないようなこびりついた汚れでも塗装を傷めずにツルツルにすることができます。また210gと大きい容量のサイズなのでたっぷり使えて、保管用の専用ケースに入った状態で届きます。そのため、そのまま保管するのに便利です。

メーカー
株式会社タロウワークス
ブランド
TARO WORKS
商品モデル番号
311N

カーオール (Carall) オカモト産業「頑固な汚れの強力ねんどクリーナー」

578円〜(税込)

オカモト産業「頑固な汚れの強力ねんどクリーナー」は、柔らかく使いやすいおすすめの車用粘土クリーナーです。

粘土タイプは硬いと扱いにくいですが、このアイテムは柔らかめなので練り込みやすいです。また、ノーコンパウンドタイプなのでボディを傷つける心配もなく、虫や鳥のフン、ブレーキダストなどのしつこい汚れもしっかりと落とせます。

また白い粘土なので、汚れが見えやすいのもポイントです。

メーカー
オカモト産業(Okamoto Sangyou)
ブランド
カーオール (Carall)
モデル名
2084
商品モデル番号
2084

ソフト99(Soft99) ねんど状クリーナーミニ

489円〜(税込)

ソフト99「ねんど状クリーナー ミニ」は、500円代で購入できるおすすめの車用粘土クリーナーです。

自動車用のケミカル製品を多く販売しているソフト99の車用粘土クリーナーは、洗浄力も高いうえに安価で購入できる点が魅力です。また専用の保管ケースも付属するため、保管が容易になります。

タイプ
粘土タイプ
使用可能箇所
ボディ
対応塗装色
全塗装色
内容量
100g

PROSTAFF PROSTAFF「CCウォーター ネンド」

949円〜(税込)

PROSTAFF「CCウォーター ネンド」は、下地お手入れに最適なおすすめの車用粘土クリーナーです。

塗装に優しいノーコンパウンドタイプの車用粘土クリーナーで、ボディのざらつきを綺麗に落として劣化を防止します。全塗装色対応で、保管用袋付きなので保管にも便利です。特に同じPROSTAFFの「CCウォーター」を利用している人におすすめです。

ブランド
PROSTAFF

【毎日更新】Amazonおすすめの車用粘土クリーナーランキングTOP10

車用粘土クリーナーの使い方を解説

これから車用粘土クリーナーを使う方には、どのように使えばいいのかわからないという方も多数いることでしょう。ここでは車用粘土クリーナーの使い方の手順3つをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

手順1:洗車をする

車用粘土クリーナーを使う場合に、まずは洗車をしましょう。粘土クリーナーは、洗車などでは取り除けない鉄粉のザラツキなどを綺麗にすることができるカー用品です。ザラツキが残ったままでは塗装が剥げる原因にもなります。そのため、車用粘土クリーナーはいきなり車に使うのではなく、まずはカーシャンプーなどで汚れを綺麗に落としてから使用しましょう。

手順2:水を掛けながらクリーナーを使う

車用粘土クリーナーは、水を流しながら使いましょう。車用粘土クリーナーは、そのまま使用すると車のボディに貼りついてしまいます。そのため、使う時には水を掛けながら使用しましょう。揉んで柔らかくした粘土を平らにして、ホースなどでボディを濡らしながらボディに滑らせ、鉄粉などを除去していきましょう。

手順3:コーティング剤をかける

車用粘土クリーナーをかけたあとは、コーティング剤で仕上げましょう。車用クリーナーを使うことでボディをツルツルにすることができるので、最後にコーティング剤をかけます。コーティング剤を掛ければ、綺麗な状態が長持ちすることでしょう。

おすすめの車用粘土クリーナーを参考にしよう

車用粘土クリーナーを使って愛車を綺麗にしましょう。車用粘土クリーナーは、車のボディについた鉄粉しつこい汚れを落とすことができる便利な洗車用品です。車用粘土クリーナーの中には研磨剤が入っているものがある場合や、普通の粘土タイプだけでなく、タオルタイプのものもあります。ぜひこの記事で紹介したおすすめの車用粘土クリーナーを参考に、使いやすい車用粘土クリーナーを見つけてみましょう。

商品詳細