神奈川県横浜市で輸入車を買うならデポスト!リアエンジンの最高峰ポルシェ 911をご紹介!

PR

クルマ好きの皆さんにとって、いつか手にしてみたい憧れの輸入車というものがあることでしょう。新車ではなかなか手の届かないモデルでも、中古車であればグッと現実味を帯びてくる価格帯になることも……。

しかし輸入中古車を買う上で心配になるのが、購入後のメンテナンスです。ベーシックな国産車とは異なり、専門知識や専用のテスター類が必要になることが多い輸入車はやはりその道のプロに診てもらいたいものです。

その点では、今回ご紹介するデポストは安心して任せることができる店舗と言えるでしょう。なぜならもともと、輸入車専門の修理工場として設立されたのが同社だからです。

文・小鮒 康一/写真・宮越 孝政

Chapter
宝石のような輝きを放つ“ブラックエディション”の911 カレラ4

宝石のような輝きを放つ“ブラックエディション”の911 カレラ4

デポストの数ある在庫車の中から今回ピックアップしたのは、だれしも一度は憧れたことがあるであろう「ポルシェ 911」です。

2015年式となるこのモデルは、911としては7代目となる991型のカレラ4。アルミニウム合金やマグネシウム合金をふんだんに使用し、先代型よりも剛性をアップさせながら60kgもの軽量化を実現したボディと、200ccのダウンサイジングをしながらも、350PSと先代よりも高出力となった3.4L水平対向6気筒エンジンを搭載したモデルです。

組み合わされるミッションは、先代よりもさらに進化を果たした7速PDK。Dレンジでゆったりクルージングをするもよし、MTモードでスポーティな走りを楽しむもよしの万能ミッションと言えるでしょう。

さらにこちらの車両は4WDとなるカレラ4となるため、走行安定性の高さはもちろん、リアフェンダーも素のカレラよりグラマラスになる点も見逃せません。

しかもこの個体はブラックで統一された内外装が特徴の特別仕様車「ブラックエディション」となっており、20インチの911ターボホイールやBoseサウンドシステム、PDLS+(ポルシェ・ダイナミック・ライトシステムプラス)を内蔵したLEDヘッドライト、ヒーター付きスポーツシートなどが標準装備となっています。

また、911の人気オプションである「スポーツクロノパッケージ」も装着されており、前期のカレラ4の中ではかなり理想的な装備を持った個体と言えるのではないでしょうか。

走行距離も3.6万kmと、過保護になり過ぎない程度に乗られてきたことが伺えます。この手の車両は年式に比べて走行距離が極端に少ないものも存在しますが、クルマは機械ですから定期的に乗られていた個体の方が好調を維持しているというのはよくある話です。

もちろんデポストのファクトリーにはポルシェ用の診断機も備わっていますから、購入後のメンテナンスの心配もいりません。憧れのポルシェに乗るためのバックアップ体制は万全だからこそ、オススメしたい1台と言えるでしょう。

小鮒 康一|こぶな こういち

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後になりゆきでフリーランスライターに転向という異色の経歴の持ち主。
国産旧車を中心にマニアックな視点での記事を得意とするが、実は現行車へのチェックも欠かさない。また、中古車販売店に勤務していた経験も活かし、中古車系の媒体でも活動中。現行車を所持しながらも、NAロードスターも手放さないオールマイティな車愛が持ち味。

小鮒 康一|こぶな こういち