カスタムカーは「大人の色気」!?時代に左右されないカスタムに挑むOHNO CAR CRAFT

OHNO CAR CRAFT

東京オートサロン2016に、NBロードスターをベースにした美しい赤いカスタムスポーツカーが出展されていたのを覚えている方もいるでしょう。そのクルマの名は「NAOMI」。制作したのはOHNO CAR CRAFT。「世界でたった1台、自分だけのクルマを」そんなクルマ好きの夢を叶えるショップです。

Chapter
国内外のモーターショーに出展する、元祖「クルマ好きの少年」
得意とするのは、FD3S型RX-7ベースのコンプリートカー
カスタムカー製作教室など、多彩な活動も

国内外のモーターショーに出展する、元祖「クルマ好きの少年」

カスタムカー製作では日本の第一人者、大野 俊彦氏。

彼の主宰するOHNO CAR CRAFTは「世界にたった1台の、自分だけのカスタムカー」という、クルマ好きなら一度は見る夢を実現してくれる工房です。

ジュネーブや東京のモーターショーにも作品を出展し、東京オートサロンでは優秀賞受賞という経歴を持つ大野氏の原点は「クルマ好きの少年」。

「飽きの来ない自然なデザインで、何年たっても古さを感じさせないクルマを創りたい」という想いから、これまで何台ものオリジナル・カスタムカーを世に送り出してきました。

得意とするのは、FD3S型RX-7ベースのコンプリートカー

OHNO CAR CRAFTは、国産・輸入車を問わずカスタムカーを次々と製作しています。

なかでも得意なのはマツダ FD3S型RX-7をベースとしたカスタム・ロータリースポーツ。

これまでも大人のスポーツカー「NAOMI I」、エレガントなライトウェイトスポーツ「NAOMI II」、さらにNAOMI IIをベースに60年代スポーツカー全盛期デザインを現代風にアレンジした「THE NEW NAOMI II」などをFDベースで製作してきました。

FD以外にも、80スープラやメルセデス・ベンツR129など、ベース車は多彩です。

<次のページに続く>
次ページ
カスタムカー製作教室など、多彩な活動も