タイミングベルトや燃料フィルター等…10年たったら交換しておきたい車のパーツとは?

タイミングベルト

近年のクルマは非常に性能が上がっています。これは単純に動力性能の事だけではなく、「素材の耐久性」といった所にも及びます。過去の技術の蓄積が反映されている、常に実証実験が進められているのがクルマであるといえます。

しかし、メンテナンスフリーでずっと乗れる、なんてクルマは存在しません。今回は「10年経過」した際に交換の必要性があるパーツを考えてみましょう。

見えないパーツほど注意が必要…

目に見えて(体感で)劣化がわかるパーツもあれば、ウォーターポンプのように劣化しているのかどうか、わかりずらく、また故障した際は走行不能や大きなダメージを受けてしまうパーツが沢山あるといえます。

今回は10年・10万キロ交換というイメージでご紹介しましたが、勿論交換せずに20万キロ走ってしまうクルマもあります。ただいつ起こるかわからないトラブルのリスクを潜在的に抱えているよりは、交換して「リスクヘッジ」をしておく、という考えも必要といえます。

これらの交換はコストがかかるのが難です…。しかしトラブルが起きた場合のコスト・リスクを考慮したら割安、と考えるべきでしょうね。

【動画】タイミングベルトが切れた場合に受けるダメージ

タイミングベルトが切れた際のエンジンへの影響について説明している動画。全編英語ですが、映像でだいたいわかると思います。こうなる前に交換しましょう、といったところですね…。