GTウイングの効果は公道で発揮されるのか?

スカイラインGT-R

モータースポーツの世界では、GTウイングといわれるパーツは定番チューニングの一つにあげられます。
モータースポーツでは多くのユーザーが使っていますが、公道では効果を発揮するのでしょうか?

Chapter
そもそもGTウイングとは?
公道で2つの効果は発揮されるのか?!
公道を走るにあたって注意すべき2つのポイント
GTウイングの取り付け方

そもそもGTウイングとは?

GTウイングとはサーキット走行車両のリア・トランクに取り付けられている、リア・ウイングのことを言います。空力面やデザイン性により多種多様の形のウイングがありますが、GTウイングを取り付けることにより本物のレーシングカーの様な迫力がつきますね。そして、その効果については下記2点が挙げられます。

GTウイングの効果①:コーナリング性の向上
GTウイングの恩恵を一番受けれるのは、コーナリングです。コーナリング時にダウンフォース(クルマを押し付ける力)が発生し、ピタッと地面にタイヤを食いつかせ速くコーナリングすることが出来ます。


GTウイングの効果②:車両安定性
高速走行時やブレーキング時に車両安定性の効果が期待出来ます。モータースポーツなど、ハイスピードからのフルブレーキングをした場合にリア・タイヤの荷重がフロント・タイヤに荷重移動する為、リア・サスペンションがリフトしてしまいます。そのリフトすることを抑えることで安定性をキープする効果を期待できるでしょう。

高速域では、ある一定の速度を超えたあたりからクルマには様々は空気抵抗が発生します。その空気抵抗が発生させない為に整流効果といって空気の流れを良くしてくれます。

公道で2つの効果は発揮されるのか?!

この2つの効果が、公道を走行する中で存分に発揮されるかどうかというと...残念ながら「発揮されることはない」と思われます。

GTウイングの効果というのは80キロから100キロを超えたあたりから効果を体感できるとされていますが、一般の公道を走る中で、その速度域まで出すことは法律で禁止されていますね。そのため、効果を体感することは残念ながら少ないのではないでしょうか。

<次のページに続く>
次ページ
公道を走るにあたって注意すべき2つのポイント