エアロパーツの「ABS」製と「FRP」製の違いは?双方のメリットとは?

車やエアロパーツのカタログを見ているとよく出てくる「ABS樹脂製」や「FRPゲルコート仕上げ」という文字。何が違って、どちらが良いのでしょうか?

Chapter
大量生産向きで優れた精度のABS樹脂
簡単に製作、補修ができて、少量生産・自作向きのFRP
精度の高いABS樹脂か?多様なデザインと補修が容易なFRPか?
実はそんなに軽くも無いFRP
精度でABS樹脂が勝るも、FRPの自由度は捨てがたい

大量生産向きで優れた精度のABS樹脂

ABS樹脂のABSとは「アクリロニトル・ブタジエン・スチレン」の略で、原料である3つの樹脂がそのまま名前になったプラスチック素材です。剛性が高く、硬いゴムのように弾力があり、割れにくいので耐衝撃性に優れています。

また、寸法安定性に優れており、射出加工や押出加工での大量生産に向いている事から、純正オプションの外装部品に使われる事もあります。

一方、長時間の日照で劣化するなど耐候性に劣り、古くなると表面が傷んだり、歪みや反りが出ることも。有機溶剤に溶けやすいですが、DIY補修ではそれを生かし、アセトンでヒビなど破断面を溶かしてくっつけ、修理の下地にする事もあります。

簡単に製作、補修ができて、少量生産・自作向きのFRP

一方のFRPは「ファイバー・レインホース・プラスチック」、すなわちグラスファイバー(ガラス繊維)で補強された、「繊維強化プラスチック」です。弾力が無く割れやすいプラスチックのベースにガラス繊維を使い、薄くとも強度と弾力性を持たせています。

あまり大量生産向きではありませんし精度を出すのが難しいですが、例えば純正ボンネットを型取りして雌型さえ作れば、ホームセンターにあるような材料でも簡単にFRPボンネットを作れてしまう手軽さが魅力です。その特性から、ショップや個人で独自に雌型を作ってFRPで奇抜なエアロを作るなど、ワンオフや少量生産に向いています。

なお、FRPは雌型から剥がすとむき出しのガラス繊維で表面がザラザラ、チクチクしたりします。それを防ぐため雌型に先にゲル状の樹脂をコーティングしてからFRPを貼り、下地作りをしやすくしているのが「ゲルコート」です。

一般的には塗装前のサンディング(塗装の食いつきを良くするために表面を少し粗く削る)での傷を目立ちにくくする場合に、白いゲルを使ったものが「FRP白ゲルコート」と呼ばれます。

精度の高いABS樹脂か?多様なデザインと補修が容易なFRPか?

少しでも寸法が狂っていては見栄えが悪いパーツ…例えばヘッドライトのアイラインのように目につく部分や、曲面に貼り付ける必要のある部分は、精度が高く弾力性のあるABS樹脂の方が合わせやすくなります。

ただし、元の寸法が合っていなければ意味が無いので、他のユーザーのパーツレビューを参考にするのが無難です。

逆に、多少の寸法は気にせず大胆なデザインとなれば、そもそもFRP一択の場合が多くなります。また、FRPには「壊れてもABS樹脂より修理がしやすい」というメリットがあり、裏からグラスファイバー(ガラス繊維)のシートを貼るかパテを塗り、表面をパテ埋めしてならせば外見上は元通りです。

元の強度は出ないので同じところから割れやすいものの、また簡単に直せますし、修復不可能なほど破損しても買い換えはFRPの方が安価です。

実はそんなに軽くも無いFRP

現行車では純正パーツが十分に軽いので、FRPの軽量ボンネットでも、強度確保を考慮して厚みを持たせ、ゲルコートと塗装をしてしまえば、純正比で大して軽くならない事も増えました。

「カーボンボンネット」などより軽いCFRP(カーボンファイバー)も出回っていますが、ガラス繊維を薄くしてカーボンシートを貼り、同じ強度で少し軽くしただけの「ウェットカーボン」です。「表面・カーボン、裏面・グラスファイバー」などと書いてあるのですぐわかりますが、レース用など本当に軽量なドライカーボンとは全く別物ですので、ほぼ見た目だけの製品と思ってください。

「FRPやCFRPが使用禁止の競技では、昔からFRPより軽い金属製ボンネットがあった」と知れば、チューニングパーツよりドレスアップパーツに近い事がわかります。

しっかり設計すれば本当にFRPで軽量パーツができるかもしれませんが、昔ダイハツが日本グランプリ用に「P3」というレーシングカーを作った時も、FRPボディの厚みがありすぎ、同時に作った金属製ボディより重かったという話があるくらいなのです。

手軽に作っても軽くしたいならゲルコートも塗装もしない素のFRPが一番ですが、見た目でそれが嫌となれば、重さよりデザインや機能性(空力や冷却効果)で作られたFRPパーツを選ぶか、純正ボンネットにカーボン調のカッティングシートを貼るだけでもいいと思います。

精度でABS樹脂が勝るも、FRPの自由度は捨てがたい

ここまでABS樹脂とFRPの比較をしましたが、純正品ではポリプロピレン系の素材を使う事が多く、多少弾力があっても結局は割れやすいFRPやABS樹脂を使う事は減りました。しかしアフターパーツではまだまだ数多く作られています。

リアスポイラーなど破損の可能性が低い部品や、クオリティを求めるとABS樹脂は捨てがたいのですが、ここは高価な設備も材料も不要で、安価に作れるFRPに軍配を上げたいと思います。

FRPのバンパーやボンネットを自作している人は数多くいらっしゃいますので、それらの意見を参考に自作してみるのも良いかもしれません。興味を持たれた方は、インテークやエアアウトレットなど後付けパーツも販売されておりますので、作ったFRPパーツを自分で加工し、プラモデル感覚で自分だけのオリジナルパーツを作ってみてはいかがでしょうか。